スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイターのリュックがトレックに化けた理由・・・

連休1日目は都内へお墓参りに行きましたが、道は大渋滞でイライラとストレスのたまる時間を過ごし「絶対に自転車の方が早いよね~」と、車内で何度ため息をついたことでしょう。
秋のお彼岸は折りたたみを積んで来て、途中から自転車で行こうと娘たちに持ちかけてみましたが、良く考えてみると我が家に折りたたみ自転車は3台、家族は4人。1台足りないから無理かな~。

七福神巡りの時の混雑もなく、お彼岸の静かなお寺です。

東覚寺1


お墓参りの後は、今は弟家族の住んでいる懐かしい実家で楽しい時間を過ごし、帰宅。

家を揺らす程の強風と豪雨に、眠れぬ一夜を過ごしながら明けた連休2日目は、急速にお天気は回復するも黄砂が吹き荒れ、自転車は無理そうだったので、細々した買い物に出かけることにしました。

たまには、イケアやコストコにも行きたいな~。

まずはドイターのリュックが見てみたいと思い、品揃えの豊富そうな船橋ララポ近辺の自転車ショップ3軒を回ることにしました。

いつも1軒目は、ビビットスクエア内にあるワイズロードなのですが、家具やさんに寄り道をして遅れてワイズに入った私を待ち構えていたのは、やや興奮気味の夫トッシー。何があったのかと思ったら、前日から年に一度のセールが始まっていて、2009年モデルの一部が40%オフになっているのだそうです。

トッシーは、何故か折りたたみの高級車に目をつけていましたが、私としてはいくら40%オフとはいえ、決して安くはないその値段で、また折りたたみ自転車を買う理由が分からないのですぐさま却下・・・ってか、自転車じゃなくてリュックを見に来たのだし・・・。
でも、もしも買うのであれば・・・みんなに抜かれるだの、着いて行けないだのといつもぼやいているんだから、やっぱりビンディングでロードじゃないの~?と言ってみると
「スピードを追求したいわけではないから、ロードはいらない」
とのつれないお返事でした。

隣のララポに移動してみると、ララポ全体は春のセールで賑わっていましたが、セオサイクルは特にセールの様子はなく至って平常営業中。

私が真剣にリュックや小物を見ている間に、トッシーの頭の中ではひたすら『40%オフ』の文字が大きくなっていたようで・・・

ララポからワイズに戻った時には、何故か
「この機会に、是非ともロードを買わなければならない」
という風に変わっていたようです。

ピナレロ、スコットのフルカーボンなどが、セールのおかげで魅力的なお値段で並んでいます。

内心、「え~?いつかはアンカーじゃなかったの~」と思ったり、私があんなに悩んで慎重に決めた輪活(ロード選び)なのに、お値段重視で決めてしまって良いのだろうか・・・とも思いましたが、我が家にはもう自転車につぎ込める予算はありません。
確かに『40%オフ』の力を借りなければロードを手に入れる日は来ないでしょう。

着々とサイズを測ってもらっている彼を止めることは、もう誰にも出来ません。一体、先ほどのセリフは何だったのでしょう。

ワイズ1


結局サイズとお値段で選んだのが、トレック2.1なのでした。

ペダル、シューズやサイコンも選んで当日お持ち帰りにしてもらうために、急いで調整してもらい何故か1日にして我が家に2台目のトレックを迎えることになったのでした。

コストコもイケアもドイターのリュックすらも無しになり、思いも寄らない展開のうちにトレックを積んで帰ることになった、何だかとっても疲れた嵐のような1日なのでした。

さあ、また新しい自転車生活が始まりそうな感じです。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

スポンサーサイト

週末、風になる・・・

店員さんに車まで運んでいただき、利根川を渡って千葉の手賀沼へ向かいました。
先週と同じ場所で写真を撮ろうと思って気が付きましたが、スタンドが無いんですよね。
これからは、撮りたいところで写真を撮るのが難しそうですね。

手賀沼6

午後の手賀沼は時間のせいか、先週ほど自転車の姿はなく、広々とした道が練習にはぴったりです。
どきどきしながら、走ってみました。

手賀沼9

想像して下さい。
風の中を滑るように通り過ぎるマドンナちゃん・・・。
髪をなびかせて、スレンダーな女性が軽やかに走り抜ける・・・。
・・・若干だいぶ違いますが、性別だけはあっています・・・^^;

この走り心地・・・。同じ自転車なのに、クロスバイクといったい何が違うのでしょう・・・。
自転車を漕ぐというより、ペダルを回す、という表現がぴったり来る感じです。
追い風のせいもあるでしょうが、あっという間に30キロ位のスピードがスムーズに出てしまいます。
そして、楽しみにしていたドロップハンドル。女性仕様のハンドルなので、小さな手でも怖くありません。ロードに乗ってるんだな~という実感が沸いてきます。



手賀沼を1周してみました。
途中から道の整備状態は変わりますが、白鳥がいたり、公園があったりとのんびりとした中を走っていると、水浴びを楽しむ三人の乙女が見えてきました。

手賀沼8

近づいて目を凝らしてみると、乙女だと思ったのは水辺で戯れる噴水の河童達でした。

手賀沼を離れ、近くにある喫茶店「倉嶋」さんで休憩しました。
夏日だけあって、結構良い汗かいてます。

倉嶋1

涼しい店内で甘いシナモントーストと、アイスコーヒーでしばし休憩。
駐輪中のランちゃん&マドンナは、窓越しに見えるので安心です。

倉嶋2


紫陽花の季節にやってきたマドンナちゃん。これから、末永くよろしくね。

手賀沼7

本日の走行距離 29km

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。


ロードに乗るその前に・・・

土曜日、真夏日になるとの天気予報を聞きながら、ショップの開店時間に合わせて早めに自宅を出発しました。

納車をしたら、すぐに走りに行きたかったので、先にランチを食べることにしました。
我孫子にある「コ・ビアン」さんに行ってみました。

以前、テレビで見てその安さに驚いたのですが、こんなに洒落た外観だったとは・・・。

コビアン1

店内も古材の梁を使ったヨーロッパの田舎屋のようなイメージです。なぜか、壁には鹿さんもいたり、教会のようなコーナーもあったり・・・。

コビアン6

コビアン5

メニューは、安いものは、チキンカツ定食290円からあります!
どれも安すぎてちょっとびっくりなお値段です。

コビアン7

カレーも290円。特製フライドチキンは600円と、ここではちょっとお高めですね。

コビアン4

ここではお高めなBランチ、650円。

コビアン3

どれも、家庭的なお味でした。お財布がピンチの時は、ワンコインでも満足できるお店ですね。ご近所の方が羨ましい~。


お腹を満たして、お待ち兼ねの自転車ショップに向かいました。
ショップの駐車場のテントには、今日も一走り終えたローディーさんが集まっています。

その方達を横目に、私はいそいそと店内へ。

鏡の前にセットされたマドンWSDに乗って、最終ポジションのセッティングとなりました。
ペダルに足を置くと、まずは拇指球の説明から・・・。拇指球を教えてくれたのは、自転車の国のタック王子以来です。私にとってのリアル自転車の国の王子様は、ここの店員さんかもしれませんね。

おもりの付いた紐で膝からの角度とかを見たり、何だか本格的な気がしますがロードを買ったらこういう事は当たり前の調整なのでしょうか。

ポジションは暫く乗ってみると変わっていくそうですが、ハンドルも肩幅に合わせて変えてあるので、今のところ身体に無理は無く、良い感じです。

サイコンの説明、ギアの変え方の練習と、何となくわかっていそうで、わかっていなかったことをきちんと教えていただきました。

そして、タイヤのはずし方・・・。恥ずかしながら、私、タイヤをはずしたことがありませんでした。
一生懸命聞いて、触って、ハードル高そうな後輪はずしも教えていただきました。ギアが絡んでくるので難しそう、と思っていましたが、練習すれば私でも何とかなるかも・・・。

そして、簡単なお掃除の方法。本だけではわかりにくかった部分や、注油のコツなども教えもらえて勉強になりました。

この間のパンクをきっかけに、自分でも自転車のしくみとか、そんな大げさな事ではなくとも最低限、パンクの修理くらいは出来るようになりたいと思っていました。

ロードバイクに乗るのなら尚更、多分必須事項ですよね。

パンク修理も講習会があるそうなので、次回は是非参加してみたいと思います。
オーナーファイルなるものがあって、中には細かなチェックシートなどが入っていました。
何だか、いちいち感動してしまいます。

オーナーファイル

さあ、やっと説明が終わりました。早速、先日の手賀沼湖畔に行って見ましょう。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。

輪活まとめ、愛車マドンに出会うまで

ロードが欲しいと思ってから、色々考えました。

最初は夫のクロモリ、リーベンデール・ランブレットと一緒に走るなら、やっぱりクロモリなのかな~と思いました。
クロモリの、ほっそりとしたちょっとレトロな雰囲気の形も好きですし、のんびり走っていても許されそうです。

でも、のんびり走るなら今のクロスバイクでも良いし、クロモリに乗りたいと思ったら、夫のランブレットを借りて乗る事も出来そうです。
せっかくロードに乗るのなら、我が家にはないカーボンというものに乗ってみたい。アルミやクロモリとの違いはわからないだろうけど、23Cの細いタイヤで走るとどんな感じなのかな。

立ちゴケは怖いけど、いつかビンディングにも挑戦してみたいかも・・・。雰囲気の違う2台の組み合わせも結構面白いかも・・・。

サイズだけではなく、パーツも女性用に変えてあるレディースモデルが無難かな。でも、いかにもレディースっぽいラブリーな感じのデザインは苦手です。

そして、まず候補になったのがアンカーRFX8Womenでした。
フルカーボンでコンポがオール105でこの価格はとってもお得な感じがします。そして、何といってもアンカーならではの真面目で安心できる雰囲気があります。

アンカーウーマン

お店にはブルーの450があって良い感じだったのですが、レディースモデルではない、アンカーRFX8Equipeの420もあって実際に見ると、カタログよりも黒地に赤の組み合わせが良い感じでした。

RFX8 Equipe

フレームとコンポは同じ物なので、サドルとハンドルを取り替えれば良いとの事で何度かまたがらせてもらってから、もう1軒のショップに行くと、トレックのMadone4,5の47がありました。

すっきりとしたブルーですが、カタログで見るとレディースモデルの色が私好みのカラーリングでした。

この2軒のショップはどちらでも自転車を買ったことがあって、雰囲気はわかっているのですが、私が求めているもう一歩踏み込んだアドバイスがもらえず、何となく物足りなく感じていました。
勿論聞けば教えてくれるのでしょうが、私達が訪れる休日、お店は込み合っていて忙しそうで、要点をまとめて聞かないと、長く店員さんを引き止めるのは気が引けたりもします。

私にとってロードは未知のバイクだし、とっても高い買い物だし、もっときちんとしたアドバイスをしてもらったり試乗がしてみたいな~と思っていました。

だからといって、自転車に詳しい常連さんがふらりと立ち寄るような、本格的な自転車屋さんも敷居が高かったりします。

今回行ったショップは、トレックのコンセプトストアという事で勿論トレックしか置いていないのですが、私の初心者丸出しの質問にも丁寧に答えてくれて、この先も色々と相談に乗ってくれそうで、今の私にちょうど良い感じのショップでした。

フレームサイズに悩んで、結果的に50になったという事は、他のメーカーでも選ぶ幅があったのかもしれませんが、良いお店と店員さんに出会えたので満足しています。

さあ、トレックマドンに名前をつけなくちゃね。
マドンだから、マドンナ ・・・じゃあ、そのまんま過ぎ?
守谷市生まれだからモーリーとか?
う~ん、何がいいかな~?


所で、我が家の定額給付金はどうなったんだろう?とか、エコポイントが導入されても何で我が家はいつまでもアナログテレビなんだろうと思っている娘達へ。
これを読んではいないでしょうが、この場を借りてお詫び申し上げます。(*>д<)ノゴメン
いつかはテレビも薄くなることでしょう・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。


輪活(リンカツ)終了、愛車に出会うポタ(後編)

トレック3

このショップに寄ったのは、去年の夏、ハンスホールベックに来たついででした。
どんな自転車ショップかもわからずダホンで寄ったのですが、お洒落ですっきりとした店内には沢山のクロスバイクとロードバイクが並んでいて、私達には敷居が高い感じで、少し気後れしてしまいました。当時はダホンだけしか持ってなくて、クロスバイクすら買うつもりがなかったのに・・・。自転車ってなんで増えるんでしょうね・・・
でも、店員さんの雰囲気がとても良かった事と、試乗車がずらっと並んでいた事が印象に残っていました。

輪活も佳境に入り、色々と考えた結果、フルカーボンにしようということになって、アンカーのRFX8Womenとトレックのマドン4.5WSDが候補に残りました。

アンカーは、前の週に近くのお店で見ることが出来たのですが、近くにはマドン4,5のレディースモデルをおいている所がありませんでした。カタログで見る限りは好きな色ですが、実際に見ないとわからないし、サイズもわからないし・・・。 
こちらに電話で問い合わせると、実車が見られるとの事。身長からサイズは47だと思うと告げると、それはお店で決めましょうとの言葉に頼もしさを感じての来店でした。

店員さんにロードの購入を考えていると伝えると・・・事も無げに
じゃあ、測ってみましょうとのお言葉・・・。

これです。この言葉を待っていたのです。
チェックシート片手に、身長、股下、座高、腕の長さなど次々計った後、適正サイズを計算してもらうと、47、もしくは50との事でした。

絶対47だと思っていたので意外でしたが、両方のサイズに跨って見てもらうと50の方が良さそうとの事です。2台を調整してもらい、外に出て周りの道を少し走らせてもらいました。

どちらも違和感なくすんなりと乗れましたが、どちらかと言うと50の方がよりスムーズに進むような感覚がありました。

迷っていると、私は腕が長めだそうで(そう言われても、足じゃないので別にうれしくないですが・・・)50の方が良さそうだし、47でも良いけど乗りなれてくると物足りなくなるかもしれない等のアドバイスを受けました。

そして、マドンを実際に見た印象ですが、上品なブルーであまりイケイケで強そうな感じがせず、とっても気に入っちゃいました。しかも、うれしいことにフロントギアがトリプルなんです。さすが、レディースモデルですね~。

ショップにあるのはサイズ47なので、50だと注文になります。
どうすべきか、しばし悩む、悩む、悩む・・・。
コーヒーまで出していただいちゃって、二人でひそひそと家族会議・・・。

一番の問題点は、我が家から遠く離れた、この茨城県の自転車屋さんで買ってしまって良いものなのか・・・という事でした。

メカに関しては全くの素人夫婦なので、困ったときはすぐに駆け込める近くのお店で買いたいと思っていました。
でも、素人だからこそ、この先もしっかりとしたアドバイスをしてもらえるショップを選ぼうという事になりました。このショップはメンテの講習会や、イベント等を通じて広くスポーツバイクの楽しみ方を広めているようです。訪れた日も、女性だけのツーリングイベントがあったそうで皆さん楽しそうにおしゃべりをしていました。近くだったら絶対参加するのにな~。

ちょっと遠いけど、近くには美味しいお店や走りやすい道もあるので楽しみながら来れそうです。
色々と考えて決めちゃいました。


トレック マドン 4,5 WSD に決定で~す。

トレック1

納車予定は今週末です。楽しみだな~。

これからは時々来ることになるであろう、利根川にかかる大きな新大利根橋を渡って手賀沼に戻りました。

   本日の走行距離  55km

大利根橋


去年の秋、サイクルモードのトレックブース前で思いっきりのスマイル・・・。
今思えば、これは予告だったのでしょうか・・・。
今年のツールドフランスは、応援に熱が入りそうです

ランスと一緒

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。