スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツールドちば2011

夏の風物詩のひとつになったツールドフランスもそろそろ終了・・・。
3週間なんてあっという間だな~なんて寂しい気分になってたら、こんなお手紙が届きました。

ツルちばメール



開催は決まっていたのになかなか詳細が発表にならないと思っていたら、いつの間にかHPでも募集が始まっていました。

チラッと聞いてはいましたが、去年までと大幅にコースが違います。
1日目が比較的初心者向けかな、という点は同じなのですが、大きく違うのはスタート地点とゴール地点が遠く離れているということです。
去年まではぐるっと戻ってくるようなコースだったので便利だったのですが、これだと輪行、もしくは宿泊・・・?
う~ん、困ったな~。今年はどうしようかな~。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


スポンサーサイト

雨、時々どしゃ降りのツールドちば♪その2

この雨の中、いったいお弁当はどこで食べるのだろうと思ったら、狭いながらも一応テント席が用意されていたので、椅子に座ってお弁当が食べられました。

ツルチバ11

『おいらの欲張り弁当』って凄い名前をつけたな~と思っていたら、前の人の話で、銚子の方言で『我が家』の意味の『おらい』だと気が付きました。相当、疲れていたようです。

ツルチバ8

ビニール袋に入れていたカメラですが、レンズが曇って何となくボケてます。
美味しかったけど、イワシだけ苦手です~。

ツルチバ9

お弁当を食べ始めると雨は一段と強くなりましたが、そんな中でも、精鋭グループA、B、C辺りは時間通りにどんどん出発して行きました。

この日の刑部岬からの景色を楽しみにしていたのな~。

ツルチバ12

ツルチバ10

おもてなしと応援の意味で準備してくれたのでしょうね。雨の中、ご苦労様です。

ツルチバ19


雨の中居場所もなくて、屋内展望室などに登ったりしても時間を持てあましてしまい、待っていると却って寒いので少し繰り上げて、Jグループで出発しました。

次のAsは、朝出発した蓮沼海浜公園、距離は約30km。ここからはまた平坦なルートなので気分的には楽でしたが、雨の国道沿いは交通量もあり、緊張しながらの走りでした。
特に横からのトラックのはね上げが嫌で、後方からトラックの音が近づいてきたのでほんの少し左にラインをとった所にいきなり縁石が・・・左ペダルがガツンと当たってもう少しで転倒の危機。今回一番怖い場面で、「もし、あそこで転んでたら~」と思うと、暫く心臓バクバクがおさまりませんでした

それでも順調に蓮沼に着いて、私はまたもトイレに直行。
あまり水分はとっていないのですが、身体が冷えているのですぐにトイレに行きたくなります。
普段は女性トイレに行列が出来る事が多いと思うのですが、今回は男性がトイレに並んでいても、お先に~と、すぐに入れることだけは嬉しかったな。

戻ってみると、トッシーが何やらすらりとした男性と話しています。
だ~れ?え~、もしや探していたpentaさん?

ゴールの白子荘で、もしかしたら会えるかもと期待していたのですが、何故ここに?
「始めまして」の挨拶をしながらも頭の中はでいっぱい。
しかも、雨で完全スッピンの泥まみれのジャリジャリの顔です。いつもは、もうちょっとましな気がするんだけどな~。エッ?いつもと変わらない(byトッシー)って?そうかもね

勿論早いグループに居たpentaさんですが、私たちが蓮沼に車を置いていたら白子まで行かずにここでリタイアする可能性もあるかもと、何時に来るかわからない私たちをひたすらに待っていてくれたようです。
トッシーは、後から思い出しては何度も「なんていい人なんだろ~」と感激しきり。

夫よりもpentaさんに近づいている私。ムフフ。

ツルチバ14


暫く立ち話をしましたが、どんどん身体が冷えてくるので、名残惜しいけれども切り上げて出発。
走りだして暫くすると、後方から「ではまた、どこかでお会いしましょう~」と、あくまでも爽やかにpentaさんは走り去って行ったのでした。ク~、かっこいいぜ、pentaさん

ここからはもう残り20kmだし、楽勝だ~・・・のはずだったのですが、白子が近づくにつれて海風が強まって何だか全然進めません。とうとうこの日初めて、As以外での休憩タイム。

雨の道端で羊羹と大福を貪り食う図・・・。どんどん、野性化していくような・・・。
でも、この補給ですっかり元気が出たので、何とか残り数キロ頑張りました。時々、先にゴールをして帰る人や宿に向かう人たちが「頑張れ~!後少し~と、応援してくれながら反対車線を走り去って行きます。(含、pentaさん)よ~し、頑張るよ~。

そして、いよいよゴール。
大きな「撮影中」の看板が目についてガッツポーズの後、スタッフ達の拍手に迎えられてのゴールでした。大きな右カーブでのゴールだったので、転ばないようにちょっと緊張したけどね。

白子荘の広場では、司会の女性が一人話す横で、自転車を洗う長い行列が出来ていました。

ツルチバ20

計測チップを返却してあっさりと「完走証」をいただき、暖かいものプリーズって感じだったのですが、用意されていた、良く冷えた長生トマトをいただきました。晴れていたらもっと美味しかったのかな。でも、今トマトはお高いからね。感謝、感謝。

ツルチバ22


pentaさんの助言通り、塩と砂まみれの自転車を今日中に洗うため、急いで家路につきます。
何とか暗くなる寸前に家についたので、雨の降る中、急いで自転車にホースで水をかけて洗いましたが信じられない光景でした。
とりあえず拭いて、乾かして、油をさして・・・。シューズもバッグもヘルメットもドロドロです。
着ていたウェアーも海帰りかと思うほどの砂まみれ。ありえない~。

お風呂に飛び込むと、一日中濡れていた足は真っ白にふやけていてびっくり。身体が冷え切っていてなかなか暖まりませんでした。

ビショビショでジャリジャリの1日でした。
勿論、雨の中のライドは大変だったけど、自分たちだけだったら絶対に出来ない経験ができて、これはこれで面白かったかな。
これも事故や怪我もなく、無事に走れたから言えることですね。

一緒に走ってくれた指導員の方を始め、Asでのスタッフさん、見えない部分で働いてくれた全ての大会関係者の方々にお礼を申し上げます。本当にどうもありがとうございました。m(__)m
でも、出来れば次は晴天のツルちばに出てみたいな・・・。


この日走りながら、何度もデコピンされた可哀想なてる子。
140kmずっと一緒に走ったから、何となく憎めないね・・・。

ツルチバ4



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

雨、時々どしゃ降りのツールドちば♪その1

25年前の10月10日、結婚式をあげました。
朝からバタバタしていましたが、母に促され意を決して座って父に挨拶を言い始めるも、泣き虫の私は言いたいことの半分も言えず涙、涙・・・。
父はおろおろとして座ってはくれず、「服がしわになるから、もういいから、いいから、分かったから」と立ち去り、儀式はあっけなく終了。結婚するのは嬉しいはずなのに、実家を出て行くのがとっても悲しかったな。
でも考えてみたら、いつの間にか実家で育った年よりも結婚してからの年のほうが増えていました。

結婚25年、そりゃあ色々ありました。
そして25年後、まさか2人で土砂降りの中、自転車で140kmも走るとはね~。
これから先の人生も、さらに色々あるよって事なのでしょうね~。

***************

ツルちば当日の9日(土)、4時起きで出発。
まだ暗い夜空から、何故だかぽつぽつと不吉な雨粒・・・。まぁ、そのうち止むでしょう~とこの時はお気楽に考えていました。セブンで100円セールのおむすびを買い込んで、ゴール地点の白子海岸へ。

色々と考えた結果、ヘトヘトでゴールしてからトボトボと蓮沼へ戻るなら、最初に白子近辺に車を置けたら置いて、行きにウォーミングアップも兼ねて20km走って蓮沼へ行こう!ということになりました。

白子荘近辺の駐車場に着くと、同じことを考えている人たちがすでに沢山来ていましたが、誘導員の方も居てくれてすんなりと駐車出来ました。

向こうにゴール地点のテントが見えます。夕方、無事戻ってこられますように。

ツルチバ16


みんなが続々と出発して行くので、手早く準備をして朝の九十九里を蓮沼へ向けてGo!
先ほどまでの小雨も止んで、何となく薄日も射すような気がする~。
思えばこの20kmが、この日一番の快適な走りだったとは思いもせず、元気に海浜公園を目指したのでした。

海浜公園が近づくと段々賑やかになってきてドキドキ。途中、トッシーのトレックのギアの調子が悪くなり、着くなり早速メカニックのサポート隊に見てもらって一安心。

ツルチバ


その後、ゼッケンをつけたり、計測チップを自転車に付けたりと、細かな作業を済ませてから広場の行列に加わりましたが、あまりにも沢山の人たちを前に、何だか緊張してきました。

ツルチバ17


顔見知りは一人もいないので、せめていつもコメントを下さるお友達に会えるかと思って探してみたのですが、みんな同じように見えてしまって、見つかる気配はありません。
特に指定もないのでとりあえず20kmの看板の後ろに並びましたが、何となく25kmの列が一番長かったような気がします。みんなコツを知っていて、お天気も悪そうだし、早い出発のために並んでた人もいたのでしょう。


チームギンコン、本日のお約束ポーズ、
片手でブイサイン、片手でパー 『25』 です。
ボケ防止の一人ジャンケンではありません。

ツルチバ6

出発式って何をするのかと思ったら、並んでいる後ろの舞台で偉い人の挨拶や、簡単な準備体操や手信号の説明など、パンクの修理方法などもやってましたが、今ここでそれを見ながらお勉強する人なんているかな~。

ツルチバ3

今年も居ました、毎年恒例の専門学校生達のママチャリ軍団
本格的な自転車乗りの中で、何だか回りの空気が和みます。

ツルチバ7


司会の女性の『ちばって行きましょ~!オー! という掛け声の後、25kmの先頭集団から出発。
横に5人ずつ並ばされて、50人ずつ指導員さんにはさまれて、Lグループでの出発になりました。
この時点で、雨はまだほとんど降り始めていなかったのですよ・・・。

『15秒前…5.4.3.2.1 スタート!』の掛け声と声援に見送られ、ドキドキのスタートをして間もなく、ポツポツ・・・。
ンッ?ポツポツポツポツ、ザーザー!?
エ~、何これ~、聞いてないよ~。

雨はあっという間に本降りになり、後ろにいた指導員さんも苦笑い・・・。
カッパを着る人たちが次々と列を離れる中、私たちはウィンドブレーカーを着ていたのでそのまま走りましたが、気がつけばあっという間に靴の中がぐちょぐちょです。
これは・・・子供の頃、水たまりで遊んで靴の中がグチョングチョンになったあの時以来の感触です。

しかも、前の自転車のはねあげがものすごくて、顔に水しぶきを浴びながらの走行なんてホント初体験・・・ウフッ、て違う違う・・・。
初めての雨の中の走りに、この時頭の中は軽いパニック状態だったと思うのですが、走りだしたものはもう止まらない。今更騒いだところでどうにもならないし、とにかく23km先の、最初のエイドステーションへ向かうため、ひたすらペダルを回します。

初めてのグループ走。最初は流れでグループの一番後ろに居たのですが、何となく速度が合わず少しずつ前に出ながらちょうど良い早さの仲間を見つけて走りました。とは言っても、いつものように常に夫の後ろです。
信号待ちが多く、すぐに列が途絶えたり間があいてしまうので、そのたび指導員さんの誘導に助けられながら進みました。

そんな雨の中でも、時々傘をさして応援に立ってくれている地元の人の声援に元気をもらい、眠っていた女優魂に火がついて(←何のこっちゃ^^;)手を振り返しながら、まだまだ元気に進みます。

試走でも来た、矢指小学校。古い木造で趣のある校舎でした。あの日は長閑に吹奏楽部の練習が聞こえてたのにな~。

身体が冷えていたので、すぐにトイレを借りたあと、バナナをいただきました。美味しかった。ペットボトルも沢山用意されていましたが、自分のボトルもあるし、寒くて飲み物には手が出ませんでした。

ツルチバ13

15分位で、またLグループで出発。ここから、銚子に向けてアップダウンが始まるので覚悟を決めての走りです。標高差、たったの50メートルなのですが、私達には十分きついんです。

キャベツ畑もくるくる回る風車も前と同じですが、違うのはとにかく降り続ける雨です。
ただでさえ緊張する下りなのに、雨で特に神経を使っていつも以上に疲れました。
銚子の漁港を過ぎ、晴れていれば気持ちのいい海の景色を楽しめるはずなのに、雨と風でどんよりです。
海沿いの横風にあおられながら、 約29km走って泥だらけの顔で2箇所目のAS、君ヶ浜しおさい公園に到着。

ここは、砂浜に自転車を寝かさなくてはならず、雨の中に沢山の高級バイク達がまさかの甲羅干し状態。あり得ない光景でした。

ツルチバ5

ここでも身体が冷えてトイレ休憩。体中から水が絞れる、まさに水着で走っている状態です。
飴とチョコをいただきましたが、そろそろお腹が減ってきたので、お弁当前ですが、おにぎりを一つ補給。
ここで砂まみれの自転車の様子を見ていたら出遅れてしまい、一つ後ろのMグループでの出発。
しかも、道路に出る狭い坂道渋滞でコテン!と久々の立ちゴケ、やっちまいました。ちょっと恥ずかしかったけど、怪我は全く無かったので良かった。

砂をたっぷり巻き込んだ私の大事なマドンナちゃんからは、
ジャリジャリ、ザーザー、シューシュー と、かつて一度も聞いたことのない不吉な異音が響きわたっていて、泣きたい気分になりました。このままで無事に走れるのかかなり不安になったけれど、いざとなったらメカニックさんが居るのだからと自分を励ましながら、雨の犬吠埼灯台を横目にお昼休憩の刑部岬を目指します。

何気に続くアップダウンに、坂に弱い私たちはどんどん抜かされながらも、マイペースでこの日一番の難所、刑部岬下の10%の坂道を迎えました。無理せず降りて押している人達も居ましたが、前回だって上れたんだし、絶対これだけは上ったる~と最後の力を振り絞って頑張りました。坂が得意な人たちにとっては低レベルな話でしょうが、私にとっては満足な結果です。
さぁ、お弁当タイムだ~。



・・・続く・・・



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

速報!チーム・ギンコン

とりあえず完走してきました。

ツルチバ1

てる子とてる男に裏切られ、ツールドちば参加者の中にも沢山いたと思われる晴れ男、晴れ女の健闘虚しく、ほぼ1日中降り続けた過酷なお天気の中、何とか楽しく?無事完走してきました。ある意味、とっても楽しい1日でした。

詳細は、また後日。

Dst. 137.4km
Av.  19.3km
TME  7:05:41



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

てる子とてる男

あ~した、天気にしておくれ~

てる子

てる男

結婚25周年企画 『チーム・ギンコン』 
ケンカとケガのないように、楽しんできま~す。



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。