スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車に乗れない週末は・・・

最近雨が多くて平日は自転車に乗るチャンスが少く、週末も予定が多く、せっかく晴れた今日も乗れません。山のような雑事、さて、何から手をつけましょう・・・。

先週末は久しぶりに燻製を作りました。
キャンプがきっかけで始めた燻製作りですが、すっかり我が家の定番メニューになりました。最近はスモーカーも色々なタイプが出ているし、キッチンで手軽に香り付けだけするレシピなども紹介されていますね。

我が家の燻製作りの手順を紹介します。

いつも使うお肉は豚の肩ロースです。牛肉や鳥肉も試しましたが、適度に脂のある豚肉が美味しいような気がします。豚バラだとベーコンになります。

①固まり肉を水につけて血抜きをします。
燻製1

②塩や好みのハーブ類などをすり込んで、冷蔵庫で3~5日ねかせます。
燻製2
 
③燻製当日、流水で塩抜きします。
燻製3

④燻製用のスモークウッドを用意します。我が家はサクラやヒッコリーが好きな香りです。細かくチップ状になった物はおなべなどで少量作るにはいいでしょうが、このスモーカーは大きいのでいつもこの棒状のものを使っています。

燻製5

⑤燻製をセット。この時、中段に網を置いてチーズやちくわや卵などを乗せるのもオーケーです。
燻製4

⑥火をつけたスモークウッドを入れます。
燻製7

⑦待つこと3~4時間。燻製の良い匂いが漂います。
燻製6

⑧完成~
燻製8

⑨出来立ては少し赤いですが、段々色が変わります。少しあぶって食べたり、お料理に使うのでレア気味に仕上げた方が便利です。

燻製9

とっても簡単だけど、とっても美味しいですよ~。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。

スポンサーサイト

マンマ・ミーア!

マンマミーア

世の中は『おくりびと』一色でしみじみとしているのでしょうが、ちょっと遅いけど『マンマ・ミーア!』を見てきました。久しぶりにただ単純に楽しく元気になれる映画でした。
次々と流れるきら星のようなABBAのヒット曲に乗せて進むストーリー。娘役の女の子の伸びやかな声も素敵。流れてくる曲全て聞いた事があると言う事で、改めてABBAの偉大さを感じたり、メロディーは知っていても、画面の訳詞を見て、こんな意味だったんだ~と新鮮な気持ちで聞けました。

メリルストリープは「クレイマー・クレイマー」で知って以来、知的な演技派女優というイメージしかなかったのですが、何だか思いっきりはじけたオバちゃんになってました。それにしてもお元気な事。確か今年還暦とか・・・。

子供達に手がかからなくなってきて「空の巣症候群」だの、「更年期」という言葉も現実味を帯びてくる、ちょっとブルーになりがちな中途半端な年代の私達からすると、何か吹っ切れちゃった感じが羨まし~い。
よ~し!きみまろさんの前で笑っている中高年や、氷川きよしの追っかけもいいけど、私はベッドの上で飛び跳ねたり階段の手すりを滑り降りる、元気でキュートなアラ還を目指すぞ~!

『唇に歌を持て、心に太陽を、いつもほがらかに・・・』
という大好きな言葉が思いだされる映画でした。少し疲れている時におススメの1本です。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。


男脳、女脳

脳1


少し前に『話を聞かない男、地図が読めない女』という本が話題になりました。

脳には右脳、左脳がありますが、男女の脳には違いがあり、それゆえに自然と行動が変わってくるらしいということを知りました。なるほど、思い当たる事が沢山あります。
幾つかの家事を同時にこなす私から見ると、一つの事しかこなそうとしない夫が要領の悪い怠け者に感じられることも度々でしたが、脳のつくりが違うと言われれば諦めるしかありませんね。
 
我が家はデジカメが1台なので、ポタ先で写真を撮る時はどちらかが持っていて、気になった時に止まって撮ったりしますが、その視点が全然違うことに驚きます。

走っていて、どうしてこの景色や建物を素通り出来るのかな~と思うこともあれば、何故この景色を撮るのかな?と思うこともあります。

夫は、全体的な風景を撮るのが得意ですが、私は建物の細かい部分や小物など切り取った小さな風景が気になります。

勿論、同じ物を撮ろうと思うこともありますが、後で見るとアングルが違います。

それぞれ1台ずつ持てれば良いのでしょうが、編集も大変だし、お互いに内心、自分の写真の方がいいな~と思ってるくらいの方が揉め事が無く良いかもしれませんね。

脳2

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。


オスカー受賞!?

速報!
今年のアカデミーベストワイフ賞は・・・
まさかのハルルさんが受賞しました~

オスカー1

授賞式はいつものキッチン。夕食の準備の合間となりました。
いつものエプロン姿のハルルさんうれしそうです。

オスカー3

実は、夫のなんちゃってアメリカ土産。冷蔵庫の上でホコリまみれだったので、マジックリンをつけてふいたら、ゴールドのメッキがはげて、シルバーになっちゃいました~^^;
さすが、BEST WIFE

オスカー2

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。


りんりんロードでお雛様に会いに行くポタ・その3

真壁の町をゆっくり3時間半ほど見学した後、2時頃りんりんロードに戻り終点岩瀬を目指しました。
前回は真壁でUターンしたので、初めて見る景色です。

りんりん17
 
ほぼカーブの無かったりんりんロードが大きく曲がって、信号の無い道で国道を渡らなければならなかったのですが、整備中のようなのでそのうち出来るのかな?

10kmほどで岩瀬に到着~。

りんりん18
 
JRの水戸線の駅が反対側にあるので行って見ました。駅前広場は工事中でした。

岩瀬駅1

見慣れない駅名ばかりですが、見ていると楽しいですね。

岩瀬駅2

さあ、ここから気合を入れて40km戻りましょう。
朝は向かい風の中を頑張ったのだから、帰りの追い風が楽しみ~だったのですが、
あれ?また向かい風!?そんな~
なぜか、風向きが変わってしまったようです・・・

しかたがないので、ひたすら黙々とペダルを回し続けます。大体10kmを30分位で走るペースでしたが、考えてみたらマラソン選手はこれくらいの速さで走っていて、しかも42.195kmを休むことなく走るなんて、改めてその凄さを実感です。

良い感じで休憩所があるので、無理なく少しずつ休みを入れながら走れるのがいいですね。
最後は疲れて、ゴールが待ち遠しい気分でした。
朝の人気の無かった駅とは違う、賑やかな土浦に戻ったのは夕方5時。
本日の走行距離は93km・・・
あと少し走れば100kmですが、残念ながらもうその元気は残っていませんでした。

帰り道、以前手賀沼に行った時寄って美味しかった、『ハンス・ホールベック』でお食事してきました。

ハンスホールベック1

ハンスホールベック

ここは、店内の木の彫刻がとても凝っていて(確かドイツの職人さんが来て作ったとか・・・)、楽しい音楽も流れドイツのテーマパークに来たかのようです。

ハンスホールベック3
コールスローとポテトサラダ
お馴染みのコールスローとは一味違う美味しさです。

ハンスホールベック4
ランチの目玉、ローストポーク。

ハンスホールベック5
パン粉にしっかり味のついてるウィンナーシュニッツェル。

ボリュームたっぷりでお腹いっぱいです。ランチだとメインに前菜やスープがつくのでお得ですね。
今日は、車なのでお土産も買えました。

本日のお土産色々・・・

真壁お土産3

真壁お土産4

真壁お土産1

真壁お土産2

沢山走って、沢山のお雛様に出会えて大満足のりんりんポタでした。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。


真壁のひなまつり その2

御陣屋前通りは町の中心だけあって、歴史有る老舗が沢山残っていますがTVなどの取材も受けている潮田家は、特に込み合っていました。

潮田家2

潮田家1
 
潮田家は江戸時代には呉服、荒物、雑貨商を営み「関東の三越」と呼ばれるほどの豪商だったそうです。現在は煙草屋さんという事で、お店の中はレトロな雰囲気です。

潮田家4

ここのお雛様は江戸、明治、大正、昭和と綺麗に保存されポスターなどにも使われているようですが、人が多くてなかなかじっくりは見られませんでした。

潮田家3

旧真壁郵便局は元は、国立第五十銀行の真壁支店だったようです。現在は、観光案内所になっていますが、館内は今も郵便局の面影が色濃く残っています。隣の「かわや」の看板もご愛嬌。

真壁郵便局

厠 トイレ(去年の夏の写真です。)

中村家も見世蔵を綺麗に保存してあります。
中村家
 
中に入ると6代分のお雛様がお座敷の奥まで飾られていて見事です。

中村家3
 
中村家2

中村家4

中村家1

住人の方のお話では、お雛様以上に、雛屏風がとても価値のあるものだそうです。これだけのお雛様を保存して出し入れするのは大仕事で、いずれ高齢になったらお手伝いを頼まないと無理だと言っていました。私達観光客は、町の方々の気持ちで見せていただけて有難いことです。

典型的な昭和初期の旅館建築の橋本旅館。

橋本旅館

玄関を入ると、広々とした玄関と正面の階段を使ってお雛様が飾られています。

お雛様12

中心を離れると、人も少なくなってゆっくり見る事が出来ます。無料休憩所がありました。
休憩所

広いお座敷と階段箪笥、天井の梁まで使って沢山のお雛様が待っていてくれました。
お雛様13

お雛様14

町のはずれに真壁でも指折りの旧家、谷口家があります。
谷口家

県内有数の製糸工場だったようですが、今はひっそりと静かです。お雛様の展示もないので訪れる人もいませんが、静かな雰囲気を楽しめました。


増田酒店の段飾りは、緋毛氈ではなくてすっきりとした木の台が新鮮でした。
お雛様15

会社の事務所の棚に飾られていたお雛様。ふっくらしたお顔が可愛い。
お雛様5

和菓子屋さんにあった切り絵のお雛様。
きり絵雛

結局、真壁に4時間近くいたのですが、全てをじっくり見たいと思ったら1日ではとうてい無理だという事がわかりました。
観光客が多くごった返してはいますが、観光地特有の嫌な雰囲気が無いのは、真壁の町の方々のおもてなしの気持ちが随所に現れているからではないでしょうか。
この町の素朴なひな祭りがこれからも続くように、私達観光客もマナーを守って見せていただきたいと思います。
有難う、真壁のおひなさま

さあ、またリンリンロードに戻りましょう。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。

真壁のひなまつり その1

茨城ひな街道

真壁に行ってみて、茨城県がこんなにひな祭りが盛んな所だとは知りませんでした。

真壁は江戸時代から、明治、大正にかけてこの地方の中心地として栄え、現在でも300棟ほどの見世蔵、土蔵、門などがあり、104棟が国の登録有形文化財だそうです。指定文化財よりも規制が緩やかなので、保存と日々の暮らしが上手く調和した街並みだと思います。

真壁のひなまつりは「寒い中、真壁に来てくれた人をもてなそう」という町の人たちの思いで始まったそうです。古い商店は勿論のこと、普通の家も参加していて今年の参加は177軒のようです。

ひな祭りマップ

いくら私がスタンプラリー好きとはいえ、とても全部は回れません^^;
真夏に来た時はほとんど人影の無かった街並みでしたが、この日は予想通り沢山の人でにぎわっています。少し早かったのですが、まずはお昼を食べる事にしました。

真壁は「うまかべすいとん」という楽しいネーミングで、リーズナブルにすいとんを食べさせてくれるようでしたが、せっかくのひな祭りなので、少し豪華なお昼にしました。

伊勢屋1
 
「伊勢屋旅館」は幕末から真壁で最も名の知られた料亭で、伝統的な町屋建築と土蔵造りです。
入り口を入ると広い帳場いっぱいに代々のお雛様が飾られていました。

伊勢屋2

筑波山の見える2階のお座敷で食べられます。

伊勢屋3

ひなまつりの期間限定の「弥生の風」1200円です。少し甘めの手作りのちらし寿司とすいとん、素朴で美味しいランチでした。

伊勢屋4

腹ごしらえも済んだので、いざ真壁の町へ・・・。
とにかくお雛様だらけで目移りしていまい、何処から見たらいいのか戸惑いますが、ゆっくり歩いてみると何処のお店もショーウィンドウの中に商品ではなくお雛様を飾っていてとても面白いです。

電気屋さん・・・。
お雛様6

ケーキ屋さん・・・。
お雛様2

金物屋さんはお鍋の横に・・・。
お雛様3

川島書店は典型的な江戸時代の見世蔵です。本棚の前の36歌仙の屏風も素晴らしかったです。
お雛様9
36歌仙

一目見て思わず吹き出してしまったのは・・・

お雛様11

魚屋さんです。この季節、生のお魚は売らないのかな?イカやホタテを焼く良い匂いでお客さんが沢山集まっていました。

漆喰の美しさが見事な藤屋履物店。修復したばかりのようです。2階の壁の藤の花と草履をあしらった「こて絵」が目を引きます。

下駄や1

下駄や2

お店いっぱいに飾られたお雛様の奥で、下駄の鼻緒をすげるご主人の姿が絵になりますね。

様々なお雛様がありましたが、関西地方の古いお雛様だと思っていた御殿飾りのお雛様を沢山見る事ができました。

御殿飾り1

御殿飾り2
 
御殿飾り3

御殿飾り4

御殿飾り5

和菓子の松野屋さんに面白いお人形が沢山ありました。昔話のお人形です。

花咲かじいさん
桃太郎
浦島太郎

そしてとっても珍しいな~と思ったのは・・・
舌切り雀

昔話と言えば、玄関先を「かぐや姫」で綺麗にディスプレイしているお家もありました。

かぐや姫

石の有名な真壁ならではのお雛様。
お雛様16
でもなぜか、お相撲さんも・・・。

お花屋さんだってお雛様。
お雛様8
 
まだまだあります。次回は老舗のお雛様を中心に紹介します。

つるし雛  押し絵雛


・・・続く・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。

りんりんロードでお雛様に会いに行くポタ・その2

北条1

旧北条駅のすぐ横に、筑波山神社の門前町である北条の古い街並みが残っています。
古い町並みの保存に力を入れている所は沢山ありますね。それ自体はとても良いことですが、あまりにも整備してしまうと人工的になりすぎて、風情が欠けてしまう事があると思うのですが、ここは手を入れすぎていない日常的な鄙びた感じの街並みが残っています。

北条9

「アルゼンチンババア」が住んでいそうな雰囲気の民家がありました。

北条2

登録有形文化財指定の宮本家住宅。

北条3

可愛らしいカフェ発見。赤い自転車とポストが絵になっていますね。

北条5

県文化財の八坂神社。

北条4

北条8

北条7

ここから筑波山神社まで、日本の道100選にも選ばれている「つくば道」が3kmほど続いています。今日のお目当ては真壁ですので、またの機会にしましょう。

横断歩道の可愛い女の子。久しぶりに黄色い旗を見ました。

北条6

再びリンリンロードに戻って走っていると・・・

りんりん12

「桜並木発祥の地」という記念碑がありました。桜の名所である筑波山にならい、リンリンロード全体を桜並木にするために地元の有志の方々が移植を続けているとのことでした。
走っていると既に並木の続く場所もあり、桜の季節が楽しみです。

遠くに見えていた筑波山が大きくなってきました。

りんりん11

休憩所ごとにトイレと丁寧な表示があるので、目安になって走りやすいです。

りんりん14

りんりん13

ただ、問題は車道との交差のたびにある「止まれ」の表示が結構ストレスになります。せっかくの自転車道なんだから、県道のような大きな道路は別として、小さな道は自転車優先にしてくれたらもっと走りやすいのにな~と思います。

りんりん16

もうすぐ真壁。この辺りで少し国道沿いを走るのですが、コンビニがあったので一休み。
前回はこの辺りで迷って違う道を走ってしまったり、食事をするお店も決まらず、暑さも極限で汗と疲れでぐちゃぐちゃになりながら走ったので、思い出すのもうんざりします・・・。

りんりん15

それにしてもリンリンロードには、自販機こそあれ、食事やお茶の出来るお店があまりありません。

「駅の休憩所に、自転車乗りのためのカフェでも開いちゃおうかな~。元自転車乗りの美人マダム (注:妄想なのでサラッと読んでください)の入れるコーヒーが、美味しいとかって口コミで流行ったりしてね~。」なんて走りながら考えてると、夫いわく、「自転車乗りは基本的にゆっくりお茶なんてしないんだから、採算がとれないよ。」との現実的なご意見で、私の空想の邪魔をします。
じゃあ、肝っ玉母さん系のお店で早い、安い、上手いの立ち飲みコーヒーとおにぎりのお店かな~と相変わらず私の妄想は続くのでした。

そんなことを考えながらのんびり走っていると、飽きさせない工夫なのか、突然現れる謎のアップダウン

りんりn1ん
 
途中2箇所ほどあります。ずっと、フラットな道なので気分が変わって面白いですよ。

寄り道を含めここまで約40km、大体予定通りで10時半ごろ真壁の休憩所に着きました。

りんりん
 
次回は真壁の町とお雛様を紹介しま~す。

お雛様1


・・・続く・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。

りんりんロードでお雛様に会いに行くポタ・その1

去年の夏、暑さでフラフラになりながら訪れた真壁の街並みと、その時観光協会で見たひな祭りの様子がずっと忘れられず、寒くても絶対行くぞ~ と密かに心に誓っておりました。
本来なら一番寒い時期ですが、15日の日曜日は前日ほどではないにしろ、2月としてはとても暖かな一日で、着る物に悩むくらいでした。
真壁でせかされること無くゆっくりお雛様が見たかったので、思いっきりの早起きで5時半出発で土浦を目指しました。高速はがらがらで、2時間で土浦に到着しました。やっぱり早起きは三文の得!ですね。

天気予報ではポカポカ陽気との事でしたが、さすがに朝は冷えます。とりあえずモンベルのインナーダウンや、ウィンドブレーカーを重ねて走り始める事にしました。

土浦駅の近くのコインパーキングは最高1200円もありましたが、事前にお安い所はチェック済み

土浦コインパーキング

まずは土浦駅でりんりんロードのスタート地点を探しました。

土浦駅1

日曜日の朝と言う事で、サタディーナイトをフィーバーしたらしいナウなヤング達(笑)が、朝の別れを名残惜しんでいる横を元気に通りすぎ、りんりんロードを探します。

土浦駅2

看板とか特にそういうものは見当たらず、子供達の絵が飾られているJRの線路沿いの道が始まりのようです。

リンリンロード7

川沿いを少し走ると、広々とした空き地に沿ってリンリンロードだな~と思わせる可愛らしいフェンスがお出迎えしてくれます。

りんりんロード3

先ほどの駅前の案内板で気になったので、リンリンロードを少し外れて県立土浦一高を見に来ました。

土浦高校1

明治時代にゴシック様式で作られたという重要文化財の、旧制土浦中学校が見たかったのですが、朝が早いせいか校門が閉まっていて残念ながら外から覗くだけでした。白梅の巨木が満開で、歴史と伝統の感じられる学校でした。

土浦高校2

リンリンロードに戻るとすぐに何気な~くホームがありました。「新土浦駅」のようです。

リンリンロード8

駅から遠くなるにつれて住宅もまばらになり、茨城の名産、レンコンの水田が見えてきます。

リンリンロード9

向かい風でスピードが出ませんが、暫く走るとあっという間に最初のポイント「虫掛休憩所」です。

りんりんロード5

次の「藤沢休憩所」は、前回車を置いた懐かしの出発地点です。あの夏の緑は見当たらず、冬の空に向かって木立が枝を伸ばしています。

リンリンロード6

だいぶ筑波山が近くなって来ましたが、またちょっと道をそれて寄り道する事にしました。

リンリンロード10

・・・続く・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。

りんりんロードでお雛様に会いに行くポタ【予告編】

2/15(日)暖かなお天気の中、大好きなお雛様に会うためにりんりんロードを走って真壁の町を歩いてきました。真夏のつらかったりんりんロードとは違う、ルンルンロードポタでした

りんりんロード1

りんりんロード

真壁1

Coming soon・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ 人気ブログランキングへ←クリックしていただけるとうれしいです。

バレンタインポタ♪後編

お昼を食べた後、どうするか悩みました。実はこの土、日は木更津⇔千葉みなと間をSLが走るというニュースを目にしていました。ただ、急いでも時間的に厳しそうだったので、残念ですがSL見学は諦めて花サイに繰り出しました。

花サイ案内図2
 
花サイはずっと走っていけば印旛沼まで行けますが、今日は遠出をするつもりはないので、のんびりと花島公園を目指す事にしました。
わずかに春の野草が顔を出し始めていますが、景色はまだまだ冬枯れのままです。

花サイ

5月頃のお天気との事で、上着を脱いでも暑いくらいの気温で、半そでの人も沢山見かけました。
のんびり走ってもあっという間に花島公園に着きました。

花島公園3

花島公園1

花島公園2

この暖かさで、冬眠から覚めたかのように沢山の人出で、久しぶりに賑やかな公園です。水遊びをしている子供達もいました。

花島公園4

千葉市のマスコット「ちはなちゃん」です。千葉の花オオガハスをイメージしたキャラクターのようです。個人的にはゆめ国体のマスコット、チーバくんが好きなのですが、2010年の国体が終わったらチーバくんはどうなっちゃうのかな~?

花サイから海辺に戻って暫く海沿いをのんびり走ると、こんな彫刻がありました。

稲毛の彫刻

巻貝の上に、潮干狩りを楽しむ親子連れの躍動感溢れる彫刻です。

今まで気にはなっていたのですが、行ったことのない花サイの起点でもあるサイクルセンターに行ってみました。

花サイサイクルセンター

検見川浜の駐車場から国道を挟んだすぐ横に、こんな楽しそうなスポットがあったとは知りませんでした。沢山の親子連れでにぎわっていましたが、面白そうな変り種自転車がいっぱいです。

おもしろ自転車2
上下に弾んだり、後ろ向きに進める自転車もありました。

おもしろ自転車3 
お母さんが漕ぐと、子供達の乗っている所がくるくると回ります。

おもしろ自転車1 
シーソーのように動きながら進みます。

30分300円だそうです。楽しそうです~。近所の小さい子を借りて行ってみたいな。

レンタサイクル倉庫には、ボードやセールもしまってる所がさすが海沿いですね。

ボード保管庫

初夏先取りのバレンタインポタは 25,4kmでした。

花サイ ランもも


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ 人気ブログランキングへ←クリックしていただけるとうれしいです。

バレンタインポタ♪前編

昨夜吹き荒れた春一番が南風を連れてきたのか、今日は暖かいを通り越して暑いくらいの一日でしたね。
今日は、バレンタインデーポタに行ってきました。

かもめ

検見川浜に車を置いて、花見川の美浜大橋を渡ると幕張ベイタウンの街並みが見えてきます。
今日は久しぶりにブロンプトンのエリザベス桃子とお出かけです。

幕張ベイタウンは電線が地中化されていて、石畳の続く統一された街並みは、街として初めてグッドデザイン賞を受賞したのもうなずけます。ヨーロッパのような雰囲気で窓辺をお洒落に飾ったり、素敵なお店が軒を連ね、犬のお散歩も自転車も絵になる街です。

バレンタイン通り

ベイタウン

今日のお目当てはここです。

バレンタイン通り2

2005年に千葉ロッテが日本一になった時、優勝パレードをして記念にバレンタイン監督の名前をつけたようです。

ベルギーのチョコレートショップ「レオニダス」もあります。

レオニダス1

逆チョコが欲しかったのですが、この暑さではポタの途中で溶けちゃうから・・・というもっともらしい理由で今回は諦めました

レオニダス2

バレエ教室の前で、小さなバレリーナーと桃ちゃん。

バレリーナ1

そして今日のランチはこちら・・・。

チャリンコ1

その名も、パスタレストラン「チャリンコ」です。

チャリンコ2

生パスタのお店でいつ見ても混んでいます。今日も、オープンと同時に次々とお客さんが入って、あっという間に順番待ちの人が・・・。

チャリンコ3

ガラス張りで明るい店内からは、大事な自転車も良く見えます。お洒落な壁画が描かれていました。

チャリンコ4

バジルとなすとトマトのパスタ。

チャリンコ5

チョリソのトマトペンネ。

生パスタでも柔らか過ぎず、もっちりとした食感がとってもおいしゅうございました。

お天気がいいので花サイを走りますよ~。

・・・続く・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ 人気ブログランキングへ←クリックしていただけるとうれしいです。


映画とチョコレート

チョコ1
≪注!≫キャンドルですので食べられません

チョコが好きなので、チョコレートの映画も好きです。

チョコレートいっぱいの画面から、チョコがあふれ出してきそうな「チャーリーとチョコレート工場」
ファンタジーたっぷりのインパクトある映像と、今や押しも押されぬ大スターとなったジョニーデイップの奇妙な風貌の演技が記憶に残っています。

ジョニーディップと言えば、やはりチョコレートの映画「ショコラ」がありました。パイレーツオブカリビアンの海賊より、こっちの海賊役の方が断然カッコイイと思うのですが・・・。これを見ると、出てくるホットチョコレートが必ず飲みたくなります。小粋な音楽と大人のメルヘンといった感じで、今の季節におススメの1本です。

これは、ラッセ・ハルストレム監督の作品でしたが、2人が組んだもっと古い作品「ギルバートグレイプ」が良かったな~。まだ、ジョニーディップがそんなに有名ではない頃で、今のようなカリスマ性は無いけれど素朴で今より普通っぽくって好感が持てます。
知的障害の有る弟役には、まだ幼さの残るレオナルドディカプリオが出ていました。
「タイタニック」で一躍有名になったディカプリオですが、この時の瑞々しく素晴らしい演技が彼の作品の中では一番印象に残っています。多分、地味な作品だと思いますが、また見直してみたい映画です。

ラッセ監督の作品では「サイダーハウスルール」も印象深い作品です。スパイダーマンで有名になったトビーマグワイアが爽やかに演じていました。ストーリーは道徳上よろしくない事を扱っていましたが、こちらも色々と考えさせられるゆっくりともう1度見直してみたい作品です。

話がすっかりチョコレートからそれてしまいましたが、無理やりチョコレートがらみの映画に戻すなら・・・
トムハンクス「フォレストガンプ/一期一会」も大好きな作品です。
優しいメロディーと共に1枚の白い羽が舞い飛ぶオープニングで、彼の語るママのセリフ。
「人生はチョコレートの箱のようなもの 開けてみなければわからない・・・」 

チョコ3

余談ですが、トムハンクスはあのリンカーン大統領の子孫だそうです

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ 人気ブログランキングへ←クリックしていただけるとうれしいです。



ハーシーキスチョコの思い出

もうすぐバレンタインですね。私はチョコレートが大好きです。特に冬はチョコレートが美味しいですよね。

キスチョコ3


先日コンビニで、小さなパッケージに入ったハーシーのキスチョコを見つけました。
今でこそ何処でも手軽に手に入るハーシーのキスチョコですが、私が子供の頃はなかなかお目にかかれない代物でした。クリスマスの頃、神戸の親戚の伯母が毎年チョコレートを送ってくれたのですが、毎日少しずつ食べるのが楽しみでした。そんな子供時代でした。

キスチョコ4

親戚の伯母(母の姉)が青山に住んでいるのですが、小さな頃から現在に至るまでとても可愛がってもらっています。今で言うキャリアウーマンの走りだったので、今は高齢になりましたが、いつまでもお洒落で若々しい自慢の伯母です。独身で子供のいない伯母は姪である私を、色々な所に連れて行ってくれて、伯母の家に遊びに行くのはとても楽しみでした。
同じ都内でも、伯母の家の周りには私の実家の近くの普通のスーパーなどなく、輸入品を扱うような高級スーパーしかありませんでした。野菜もお肉もびっくりするほど高くて、とても一般人の住む所とは思えませんが、伯母は独身貴族だったので何とかなっていたのでしょう。

子供の頃、伯母の家に行った時のお楽しみは沢山ありましたが、その中の一つにハーシーのキスチョコがありました。いつ行っても、戸棚の中のワイングラスに、その銀の包みに包まれた小さなコロンとしたチョコレートが山盛りに入っているのです。

キスチョコ1
 
夢中で一つ、また一つと食べ続けテーブルの上を銀紙でいっぱいにしても怒られません。夢のような時間でした。私も大人になったら、誰にも怒られず、ハーシーのキスチョコを食べたいな~と憧れを抱いたチョコレートです。

最近の高級チョコレートブームで、世界中の色々なチョコレートが食べられるようになりましたが、私にとってハーシーのキスチョコは、今でも特別な存在です。

キスチョコ2

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ 人気ブログランキングへ←クリックしていただけるとうれしいです。


潮風と花の香り♪ぐるっと房総輪行ポタ その3

それにしても、この日は暖かなお天気に誘われてか、オートバイのツーリンググループがとっても多かったです。沢山会えるだろうと期待していた自転車乗りさん達は、意外に少なかったですね。まだ少し早いのでしょうね。

野島崎灯台を後にして暫く走ると、自転車道は完全に車道と分離して海沿いを走れます。

白浜自転車道3

白浜自転車道2

車だと海沿いを走っても、防風林の松林などにさえぎられて海が見えないことがありますが、自転車なら浜辺のすぐ横を走れます。
ただ、所々水たまりならぬ、砂だまりが出来ていて降りて歩かなければならない所があるのですが・・・。

途中のおやつタイムで休憩していた場所で、こんな可愛い車を見つけました。

ケイリンカー

道の横には何キロにも渡って菜の花が咲いていてこれぞ房総フラワーライン!といった感じです。

フラワーライン

南房パラダイス、館山ファミリーパークなど昔からのお馴染みの場所の横を自転車で軽快に走りぬけていると・・・車3台の事故現場に遭遇しました。幸いひどい怪我をしているような方は見当たりませんでしたが、楽しいはずの行楽の1日が大変な事になってしまい気の毒でした。そして、車道を走っていれば私達自転車もいつ巻き込まれるかわからないと思うと、身が引き締まる思いでした。

南国ムードたっぷりのお城のような館山カントリークラブ。

館山CC

お洒落なアクシオン館山でお茶でもしたかったですが、時間的に難しそうなので諦めて一生懸命走ります。

アクシオン
 
微妙な坂道が長々と続くのですが、無理をせずマイペースで進む事にします。坂を見ても、心が折れなくなった所に自分の成長を感じます。

洲崎灯台が見えてきました。

洲崎灯台

高台にそびえる灯台は魅力的ですが、横道にそれる元気が無く走りながら眺めるだけにしました。
ここも可愛らしく絵になる灯台です。

洲崎を過ぎると館山湾の内房エリアに入るので風がおさまるのかと思ったら、海からの横風が強く下りが続くと思いきや、相変わらずのアップダウンが続きそろそろゴールが待ち遠しい気分です。

「館山まで10km」の標識に元気を出して走っていると、小高い場所に館山城が見えました。

館山城

「南総里見八犬伝」の資料など見てみたいのですが、またの機会に・・・。ゴールはもう少し・・・。

到着~! 「関東の駅100選」13/100番目「館山駅」です。

館山駅3


館山駅1

館山駅2

南仏風の赤い屋根瓦と大きなフェニックスで、南国ムードいっぱいのお洒落な駅です。

この時、時間は5時少し前。急げば17:02発の内房線に乗れたのでしょうが、慌ただしいので1本ずらす事にしました。

ぽっかり空いた1時間・・・。少し早いのですが駅前にあった、本物趣向の地魚回転寿司「丸藤」さんに入ってみました。
時間が早いせいか、お寿司は回ってなく、目の前で熟練の板前さんが握ってくれました。なので写真はなし。大変おいしゅうございました。

18:15発の内房線で蘇我到着が20:00丁度。車内は相変わらずがらがらで、暖かい車内でうとうとしながらの帰路ですが、問題は到着後でした。

我が家の最寄駅に帰るには、ここでまた外房線に乗り換えなくてはならないのですが、それは面倒臭いのでここから走って帰ることになりました。距離は5km位でたいしたことは無いのですが、早朝からの外出となまじ暖かい車内でのんびりした後なので、また駅前で自転車を組み立ててるのがさすがにおっくうでした。折りたたみではなく、分解組み立ての方は凄いなぁ~と思いました。しかも暗くなってからの道は路面の段差が見にくいので気を使いますね。
へとへとになりながら頑張っての帰宅となりました。



本日の走行距離 81,5km ダホンでの最高記録になりました。

房総のお土産
 
本日のお土産

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ 人気ブログランキングへ←クリックしていただけるとうれしいです。

潮風と花の香り♪ぐるっと房総輪行ポタ その2

朝早くの出発だったので既にお腹はペコペコですがチョコレートを食べながら千倉に向かいました。
途中、「道の駅ローズマリー公園」に寄り道。その名の通りローズマリーに囲まれた左右対称のノット式庭園の隣には、中世ヨーロッパの建物が並ぶシェイクスピアカントリーパークがあります。

シェイクスピア公園1
 
シェイクスピア公園2
シェイククスピア公園3

シェイクスピアの生家を再現してあり、以前館内に入った時は作品の展示などもあったような・・・。今回はお庭を眺めるだけで先を急ぎます。

千倉には美味しそうなお店の候補が沢山あったのですが、お天気がいいのでテラス好きの我が家は海の見える「カフェフロッタン」を選びました。

カフェフロッタン4

たまたま貸切のお食事会のあった日だったのですが、何とか滑り込めました。
地元で取れる無農薬野菜や海の幸が人気との事で混んでいます。

カフェフロッタン1

完熟トマトが甘~い。水代わりのレモンバームのハーブティーも美味しい。

カフェフロッタン2

海老と野菜のパスタ、サラダ、コーヒーで1000円です。

カフェフロッタン3

ポークソテーセットは1500円なり。
代官山のフレンチレストランの姉妹店との事で、お味はとても良いのですが、お腹の減った食べ盛りの中年おじさんには量的に物足りなかったようです。

ぽかぽかの陽射しの中、海を眺めながらのランチは大変おいしゅうございました。次回は大盛り+美味しそうなデザートも頂きたいと思います。

「道の駅、潮風王国」が近づくと道路は渋滞中。こんな時、自転車はいいですね。
 
潮風王国

房総の道の駅はどこもロケーションが良く、素晴らしい施設や公園を兼ね備えているので、立ち寄るのが楽しくなります。

海沿いの橋の上でなぜか人魚姫とご対面。

人魚

白間津地区は花摘み園が軒を連ねていますもで、どこからともなく花の香りが漂ってきます。走りながらのフラワーセラピーですね。

白間津お花畑

花摘みが出来ないので、胸いっぱい花の香りを吸い込んで野島崎灯台へ向かいました。

野島崎灯台1

海沿いの公園でこんな街灯を見つけました。

やしの木街灯

道路の街灯も灯台です。

灯台街灯

花の香りもするのですが、時々干物センターを通ると海の香りが漂ってきます。

干物

佐渡おけさのようですが白浜音頭というもののあるようです。

白浜音頭

房総半島最南端の野島崎灯台です。灯台の周りのお土産やさんの雰囲気は犬吠崎にそっくりでした。
フランス人の設計で日本の洋式灯台では2番目に古いそうです。「日本の灯台50選」にも選ばれています。

野島崎灯台3
 
野島崎灯台4

灯台の隣には厳島神社があり、味のある七福神が全員揃っていました。

厳島神社1
厳島神社2

南国ムード漂うフェニックスと菜の花の続く道を、洲崎灯台へ向かいました。

・・・続く・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ←クリックしていただけるとうれしいです。




潮風と花の香り♪ぐるっと房総輪行ポタ 

昨日もあちらこちらで風の強い1日だったようですね。
せっかく千葉に住んでいるのだから、いつかは房総を自転車で回ってみたいと思っていました。
どうせ行くなら菜の花の季節がいいな、と思っていたのですが、やっと昨日念願の房総へ行ってきました。

先月、御宿から安房鴨川まで走ってプチ輪行をしたのですが、今回は初めて家から走り始める正統派(?)輪行の旅です。

朝6時過ぎに家を出て、日の出前の白み始めた東の空を見ながら駅に向かいます。
思っていたよりは寒くなくて一安心。駅に着くとやっと明るくなってきました。

駅

朝ごはんは、新発売カリカリ梅のハートおにぎりです。

おにぎり

車内は日曜日のせいか学生の姿はほとんど無くがらがらで、乗客といえばサーフボードを持った若者やゴルフバッグを持った人、そして謎の黒い物体を持った中年夫婦とか・・・私達の事です^^;

御宿を過ぎ、先日のポタ時の懐かしい道が見え始め、勝浦を過ぎるとあの青い海が見えてきました。トンネルを幾つも越えながら、車窓から見える海は今日も真っ青です。

最寄り駅から安房鴨川駅までは約2時間で、8時半ごろ到着しました。早起きは三文の徳ですね。

安房鴨川2

前回は夕闇せまる中、畳んで電車に乗った場所で、またもタクシー運転手さんの熱い視線をあびながら、手早く組み立てて出発しました。

朝の清清しい潮風を胸いっぱい吸いながら、海辺を爽快に走り、まずは太海の仁右衛門島へ。

仁右衛門島

ここは、代々仁右衛門さんが住んでいる個人の島で、手漕ぎの船で渡るのですが、島はすぐ目の前で泳いでも渡れそうだな~と思っていると、看板に「渡し舟以外の方法で渡っても料金は割引しません」・・・との事でした。

仁右衛門島2

時間もないし渡れませんでしたが、こちらからでも充分いい眺めです。

仁右衛門島 海

暫く走ると、最初の休憩ポイント「道の駅 鴨川オーシャンパーク」に着きました。
 
オーシャンパーク

とっても広い道の駅で、無料の足湯もあったのですが、今の所まだ全然疲れてないのでパスです。

足湯

気になるお土産も沢山ありましたが、道中まだ長いのでトイレ休憩だけにして走ります。
江見のお花畑が見えて来ました。早くも観光客が花摘みをしています。自転車だとさすがに花摘みは出来ず、残念ですね。小さいけれど寒桜を見て感激・・・。

江見花畑

国道に沿っての松林の中にひっそりと「浜千鳥」の句碑がありました。御宿の「月の砂漠」といい、このあたりの浜辺はなぜか寂しげな童謡が多く作られているのですね。

浜地鳥

松林

松林の中の気持ちの良い小道を進むと、楽しみにしてきた和田町です。和田町は房総で始めて花作りを始めた発祥の地です。
花嫁街道の文字にひかれ立ち止まって地図を見ていると・・・

花嫁街道

またも親切な町のおじさんが声をかけてきてくれました。私達夫婦は、いつもよほど頼りなげに見えるのか、ただ単に親切な町人が多いのか・・・は謎ですが、これまでも度々地元の方の情報に助けられている我が家。今回も有力情報をゲットです。

それによると、この先で昨日桜祭りをした所で今が満開との事。早速行ってみました。

寒桜

お馴染みのソメイヨシノに比べると少し濃い目のピンク色の桜が満開で、菜の花、水仙とのコントラストが素晴らしい風景になっています。

和田花畑

寒桜の並木道は始めて見るので感激です

のんびりと景色を楽しんでから次の目的地 『関東の駅100選』 12/100番目『和田浦駅』へ向かいました。

和田浦駅1
 
物凄く立派なフェニックスです。

和田浦駅2

ツチクジラ

鯨の町、和田浦なので中には捕鯨の説明などがあり、小さな資料館のようになっていました。

和田浦駅3

捕鯨船でもあるかと思い和田漁港に行ってみたのですが、残念ながらそれらしき物は見つけられませんでした。

でも、ここから海沿いの道が素晴らしく気持ちの良い道です。

和歌浦海岸

ご機嫌で走っていると沢山のサーファーさんも気持ち良さそう。

和田浦サーファー

和田浦くじら

あまりの気持ちのよさに時間を忘れてしまいそうですが、腹時計は正直です。お目当てのお店に向かいましょう。

  ・・・続く・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ←クリックしていただけるとうれしいです。




帰宅途中

20090208185454
あ~疲れた~。家まで後少し…。家に帰るまでが遠足ですよね。ハイ、最後まで気をつけて帰ります!

花盛り♪

20090208125154
水仙、菜の花、寒桜 、 春爛漫。

お早うございま~す

20090208094445
一足早い春を求めて行ってきまーす!

ど~こかで春が~♪

今日は風もなく冬のポタ日和でしたね。
我が家は用事があってポタれませんでしたが、最近ずーーーっと気になっていた荒れた庭に、勇気を出して足を踏み入れました。

週末ポタを始めてから庭はほぼ放置状態・・・。ナチュラルガーデンの好きな私ですが、さすがにこの時期、バラの選定もどきやら、寒肥をあげたり、するべき事が沢山あります。
が・・・あまりにほったらかしだったので、落ち葉やら枯れた植物のお手入れだけで精一杯・・・。半日かけても、思うようには進みませんでした。

落ち葉の間から春を告げる可愛いスノードロップが顔を出していました。

スノードロップ

スノードロップの花言葉は「希望」「慰め」「まさかの時の友」です・・・って『風のガーデン』風に言ってみました。

そして、まだ少しですが大好きなオオイヌノフグリも咲き始めました。

オオイヌノフグリ

日当たりの良い場所に、そこだけ春を集めたようにびっしり咲く瑠璃色が大好きなのですが、この可愛そうな名前を何とかしてください・・・。「フグリ」って・・・。
実際は「イヌノフグリ」の花後の種の形からついた名前のようですが、昔の人~、あんまりじゃないですか~?
植物の名前には時々、びっくりするような名前がついていますが、 「ヘクソカズラ」も可愛そうだな~と思います。確かにくさいけど、「屁」に「糞」までくっつけなくてもいいと思うのですが・・・。可愛い花が咲くのにな。

ほったらかしの我が家の庭ですが、あちらこちらから球根の芽が出始めて、確実に春の足音が近づいてきています。

にほんブログ村 自転車ブログへ←クリックしていただけるとうれしいです。

自転車の組み合わせ

我が自転車王国には現在9台の自転車がありますが、子供達の通学チャリと、私のママチャリビアンキ空ちゃんを抜かすと、実際ポタに使うのは6台です。

折りたたみ自転車のダホン2台とブロンプトン1台。クロスバイクが2台とランドナーが1台。
でも、夫は最近、クロスバイクのアンカー君には全く乗りません。可愛そうなアンカー君・・・。
なので、夫はその日のコースによって、ダホンランブレットのランちゃんかを選べばいいのですが、問題はそれに組み合わせる私です。

ブロンプトンの桃子が来るまでは、ダホン2台か、夫がランちゃんなら私はコルナゴウィンディー風ちゃん・・・の組み合わせでした。
先日のポタ時、夫は調整の終わったランちゃんに乗りたい・・・。私は久しぶりに桃子に乗りたい・・・。

ランドナーブロンプトンの組み合わせ・・・?夫は「ついてこれるの~?」なんて言ってるし・・・。
結局風も強そうだからと、クロスバイクにして正解だったのですが、これだとなかなかブロの桃子の出番がないじゃな~い・・・。
夫のランドナーブロンプトンでついていくのは難しいのかな?。う~ん、可愛い桃ちゃんのために何と考えてあげないとね・・・。

にほんブログ村 自転車ブログへ←クリックしていただけるとうれしいです。

映画の中の愛すべき自転車達 その2

『シャカリキ!』のDVDが出たようなので、久しぶりにTSUTAYAさんに行って来ました。

文句なしの青春ど真ん中ロードムービーですね。勿論、突っ込み所満載ですが、とにかくメインの俳優さん達が見事にロードを乗りこなしている姿に驚きました。これから、坂道を登るときのお約束のセリフは「シャカリキにならんかーい!」で決まりですね。

ついでに自転車の出てる思い出の映画を2本借りてきました。

1本目は、ジブリの『耳をすませば』です。
昔、サラッと見たきりであまり覚えていなかったのですが、多摩方面の町並や風景が緻密に描かれている様は地元民じゃなくても驚きます。
耳に心地良い「カントリーロード」 のメロディーと共に描かれる、中学生の淡い恋心と坂道を走る自転車。さすが、ジブリ。安心して見られる真面目なアニメでした。

2本目は、イラン映画の『運動靴と赤い金魚』です。
あまり知られていないマイナーな映画かもしれませんが、お気に入りの1本です。
貧しい生活の中、1足の靴を巡っての兄弟愛のお話です。普段目にする事のない、イランの暮らしや貧富の差には驚かされます。小さくても当たり前に家の仕事を手伝い、貧しい暮らしぶりでも悲壮感のない映画に仕上がっているのは、中庭の水場の赤い金魚の映像が一役買っているような気がします。

お父さんの古い自転車のサドルの前に、ちょこんと座って2人乗りで走る姿が印象的です。
仕事道具を沢山くくりつけた自転車は、働くランドナーといった感じです。

主役のアリ少年の切ない泣き顔と、それにほだされちゃう周りの人達の優しさ。将来、美人になりそうな面差しの妹ザーラ。華やかではではないけれど心に残るお勧めの1本です

にほんブログ村 自転車ブログへ←クリックしていただけるとうれしいです。

泣いた赤鬼

早いもので今日は立春、そろそろお雛様を飾らなければ・・・。
昨日は、節分でしたね。コンビニやスーパーのおかげで、すっかり市民権を得た感のある恵方巻ですが、最近はお菓子やスイーツ、パンなど便乗商品が沢山出ていて面白いですね。

子供達も大きくなって、鬼のお面を見て泣いたりしてた事も今は笑い話となりました。

毎年この頃になると、必ずこの本を思い出します。

節分3

誰もが知っているであろう、ひろすけ童話の代表作の一つです。
子供の頃この本を読んで、鬼には優しい鬼もいるんだな~という事を知って、最後の青鬼さんの手紙に何度涙した事でしょう。
青鬼さんのその後が気になって、自分で物語の続きをあれこれ作ったりしたものです。

節分の夜、「鬼は外~!」と追い出されてしまった鬼達は寒い冬の夜、何処へ行くのでしょう・・・。
悪い事をしないおとなしい鬼なら、ひっそりと隅っこに住んでもいいよ・・・
なんていい年して、相変わらず空想癖が抜けていないハルルなのでした・・・^^;

節分1

節分2


にほんブログ村 自転車ブログへ←クリックしていただけるとうれしいです。

ただ盆栽とホワイト餃子のためでなく 後編

BONSAI美術館を後にして、小岩のホワイト餃子を目指しひた走ります。街の中はまだ良いのですが、横風を受けると身体が倒れそうになるので、時々止まりながら気をつけて走りました。

お腹ペコペコで、念願のホワイト餃子に到着です。

ホワイト餃子4

ここは、焼き餃子だけではなく蒸し餃子やスープの定食もありましたが、夫はご飯は食べずに餃子だけ食べる野田本店流が好みです。

ホワイト餃子5

すっかり見慣れたホワイト餃子ですが、初めて見た時はおいなりさんのような見た目に驚きました。
中の具に、何十種類かの材料が入っている所が美味しさの秘密だそうです。揚げ焼きのような焼き方でとっても熱いので、口の中のヤケドにご注意下さい。

ホワイト餃子2

食べた事がないので蒸し餃子を頼んでみましたが、皮がもっちりしていて、焼きよりさっぱりしていてこちらも美味しかったです。

ホワイト餃子3

2人で、焼き30個、蒸し10個ぺろりと平らげちゃいました。お値段はとっても、リーズナブルで庶民の味方ですね。
 
やっと2日がかりの念願のホワイト餃子を食べて満足したので、柴又に向かったのですが、途中こんな素敵なケーキ屋さんを見つけました。
柴又と言うと勝手に和菓子屋さんばかりのイメージですが、こんな可愛らしいケーキ屋さんがあるなんて・・・。『ビスキュイ』さんです。

ビスキュイ1

お腹がいっぱいなので、偵察を兼ねて焼き菓子を買いに入ってみましたが、店内はとても込み合っていて、美味しそうなケーキがずらりと並んでいました。次回は絶対隣のカフェでお茶したい~。

ビスキュイ2

柴又駅で写真を撮ってから、いつものように江戸サイの寅さん公園で一休み。

風の寅さん2
 
風の寅さん1
 
この風なので、いつもに比べるとがらがらのサイクリングロードです。
今日はすれ違う自転車乗りさん達と挨拶を交わすたび、思わず握手を求めたくなるような、同志のような感じが漂っていた気がします。

そういえば途中、スパイダーマン(?)のような着ぐるみで風に向かって漕いでいた人がいたのですが、いったいあの方は何者だったのでしょう・・・?前もどこかで見たような・・・?

前日の調整のおかげで、夫のランちゃんの調子はすこぶる良いらしく、今回新しくつけてみた秘密兵器がとても役に立ったようです。こんな所につけて見えるの~?と思ったのですが・・・

バックミラー1

こんな感じで見えるようです。これで後ろを振り返る危険が減ったようだし、私の後ろの悩みも減るかな~。

バックミラー2

帰り道にあるブリジストンの「自転車館」、店内は勿論ブリジストンの自転車でいっぱいです。

自転車館

お買い物はアンカーのクロモリか、ブリジストンモールトン・・・ではなく、夫が絶賛しているプッシュワイヤーロックです。

鍵7

我が家は2台繋げて鍵をかける事が多いので、ワイヤーが長い所と、数字合わせではないので、暗くても手探りで開けられる所が便利だそうです。

とら巻

あまり距離は走っていないのですが、風のせいで足がだるく、久しぶりの筋肉痛になりました。

お土産のとら巻でも食べて、疲れを癒しましょう

   本日の走行距離  35.5km

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ←クリックしていただけるとうれしいです。

ただ盆栽とホワイト餃子のためでなく・・・ 前編

昨日は、ずいぶん広い範囲で強風が吹き荒れたようですね。夕方早めに帰るために9時前に家を出て、いつもの小岩菖蒲園に向かいました。道路には色んな物が飛んでいて嫌な予感です・・・。

あの強風のためか、駐車場はがらがら・・・。準備をする間も自転車は倒れるは、グローブは飛んで行くはの大騒ぎ・・・。こんなんで乗れるの~と心配になってきます。

風向きを考えて江戸サイを海に向かって下り始めたのですが、工事で道が途絶えています。仕方がないので土手沿いの道路を走りながら進みました。この工事はいつ頃まで続くのでしょう?終わればサイクリングロードも整備されるようですが・・・。

工事看板

追い風に背中を押されてあっという間にポニーランドまで来たのですが、残念ながら工事のため暫くポニーランドはお休み中でした。

ポニー広場2

ポニー広場

写真を撮ろうとすると、強風で自転車が何度も倒れます・・・。今日はブロンプトンの桃子にしようかと思ってたのですが、この風では無理でしたね。それにしても追い風のおかげで、いつも通り漕いでいるだけなのに簡単にスピードが出てしまいます。下りでもないのに、全然漕がなくても進むのでびっくりです。今は良いけど帰りが不安・・・。

江戸川閘門

途中、閘門が開いて水の流れている様子を眺めながら走っていると、以前とは違う道に出てしまいました。どうやら閘門のあたりで、江戸川が二つに分かれていた所を間違えてしまったようですが、この風の中を戻る気もせずそのまま、回り道ですが京葉線の下を走りながら戻る事にしました。

江戸川区から川を渡ってしまったので、千葉の市川を走っていると「野鳥の楽園」という所があるようなので行ってみました。

立派な門があると思ったら、「宮内庁新浜鴨場」だそうです。

鳥の楽園1
 
行徳鳥獣保護区は83haの広さがあり、日本産鳥類の約半分(270種)が記録されたそうです。

鳥の楽園2

鴨や、カワウなどが沢山集まっていました。

鳥の楽園3

野鳥病院の患者さんの紹介文が書かれていて、大切に保護されている様子がわかります。

鳥の楽園4

川を渡ってまた江戸川区へ戻る橋の上から、綺麗な富士山発見。強風のおかげですね。

江戸川富士山

江戸川区は下町特有の綺麗に手入れの行き届いた細い道に沿って、幾つもの親水公園が続いています。所々にシャワーもあり、夏場は子供達の恰好の遊び場になるのでしょう。道は狭くても、交通量が少ないので比較的走りやすいのですが、時々思いもかけないような突風が吹きつけ、よろけてしまうのでいつも以上に気を使って走りました。

東京自転車グリーンマップを見ながら走っていると、気になるポイントを見つけました。
『春花園BONSAI美術館』です。

春花園1
 
実は盆栽が趣味・・・とかではなくて「オーBONSA~I、ニッポンノココロデスネ~」という外人のような素人さですが、なかなか見る機会もないので面白そうだなと思って寄ってみました。

春花園6


敷居の高そうな入り口をくぐると、想定外の入場料「800円」の文字に恐れをなして退散しようとすると、お手入れ中のお兄さんから、「せっかくだから庭だけなら見てもいいですよ~」と誘われ、温かいお言葉に甘えて見学させていただきました。

春花園3

何もわからない素人目にも立派な盆栽が並んでいます。

春花園5

手入れの行き届いた静かなお庭がとても落ち着きます。

春花園4
 
奥に有る美術館の造りも素晴らしく、天井には秋田杉の一枚板や天然記念物の屋久杉などが使われているそうです。

入場料を払うと建物の説明とお茶が出るそうなので、ゆっくり楽しみたい方や外人さんを案内したら喜ばれそうですね。

ゆっくり眺めていると先ほどのお兄さんが、「今日は盆栽教室があって、たまたま親方が来ているので500円のパンフレットに、サインを貰えますがどうですか?」と聞いてきました。入場料も払っていないわけですし、パンフレットを買うのは良いのですが、全然知らない人のサインをいただくのもどうかな~と躊躇しているとお兄さんいわく、「親方は兎に角盆栽界では凄い人で、どれくらい凄いかと言えば・・・自転車界で言えばランス・アームストロングくらい凄い人なんですよ!」との熱いお言葉。お兄さんがランスを知っていた事にも感動して、「それは凄い!」という事で、有難くいただいてみました。将来、お宝探偵団に出られるかも・・・!?

小林國男1
盆栽界のアームストロングは、とても気さくな方でした。

小林國男2

日本の和の心に満足したので、お腹を満足させるためにまた強風の中走り始めました。

   ・・・続く・・・
春花園7

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ←クリックしていただけるとうれしいです。

記念すべき1/100駅は・・・

今日の強風、物凄かったですね。こんな日にポタったなんて自分で自分を褒めてあげたい・・・。

パソコンの苦手な私は検索も苦手なのですが、昨日試しに「ホワイト餃子」で検索したみたら、なんとホームページがあって、それによるとホワイト餃子は結構全国展開しているようです。どこか行ける所はないかと見ていると・・・柴又店があるではありませんか!
夫トッシーのために、苦労して探し当ててあげた良妻ハルルが早速報告すると・・・昨夜のうちに今日のポタ地が決まってしまったのでした。

へとへとなのでポタ記録はまた後日という事で・・・。

関東の駅100選を知った時は既に訪れていたのですが、写真がなかったので撮ってきました。
記念すべき1/100番目の駅は、6月に初めての江戸サイで訪れた「柴又駅」でした。

柴又駅2

柴又駅1

お正月の混雑も一段落、ゆっくり寅さんと記念撮影が出来ました。

柴又駅3

そして駅前のお土産やさんを覗いて、また出会ってしまいました。

柴又キューピー

お正月に新発売の草団子つき寅さんキューピーです。お団子をひっくり返すと三つのお団子が全部キューピーさんになっている念の入れようです。
駅100選のキューピーなのでつい買っちゃいました。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ←クリックしていただけるとうれしいです。

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。