スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス人的暮らし方

フランス

タイトルに惹かれて読んでみました。
20年に渡りパリに住み、子育てを経験した著者の目線で、日本人とフランス人の価値観の違いなどを読みやすいエッセイで紹介しています。
大体想像したような内容でしたが、読み終わって思った事は「フランスに住みた~い」って事です。

毎年バカンスのために一生懸命働いて、無駄を嫌い、今あるものを大切にして、周りの目など気にしない。時に個人主義ともとられるようですが、個人が自立しているゆえの見え方ではないでしょうか。
日本人として、見習うべき点が沢山ありました。

折りしも初の政権交代で興奮冷めやらぬ日本ですが、期待と共に、この先どうなるのだろう・・・という漠然とした不安は、まだぬぐえないのではないでしょうか。

問題山積の今の日本を導いていくのは、どんなリーダーの下でもなかなか一筋縄ではいかないでしょう。

先日新聞で確か「父親がインフルエンザで休んだので、熱が下がってから出社できるまでの数日間、一緒に夕飯を食べたり子供とお風呂に入ったり出来て良かった・・・」と言うような投稿がありました。

いったい日本は、こんな当たり前とも思える事が出来なくなって、いったいどれくらい立つのでしょう。
右肩上がりの経済成長の時代は過ぎました。いつまで、上を目指し続けなくてはいけないのでしょうか。今あるもので満足して、慎ましやかに暮らせないものでしょうか。

家庭に父親が不在のまま、目を吊り上げて夢中で子育てをして、子育てが一段落してきたと思えば、週末も接待ゴルフに休日出勤・・・仕方ないと思いつつも、「覚えておきなさいよ~、老後は熟年離婚か、友達との旅行のお留守番係りにしてやるからね~」と妻達が着々と反乱計画を立てても不思議ではありません。

子育て支援金を配るのも良いでしょうが、まず、お父さん、旦那さんを、とにかく夕食の食卓に帰してみましょう。
そして、休日は家族でゆっくり過ごしましょう。お金を使う所に行かなくても、近くの公園や、自然の中でのんびりリフレッシュしましょう。
勿論、サイクリングを楽しむのも良いですよね~。

深夜や休日まで働き続けても、かえってマイナスにしかならない事に早く気づいて欲しいものです。休日に充分リフレッシュできれば、仕事の能率も上がるはずです。

そして、高速道路を無料化するのではなくて、その代わり全ての道路に充分な広さのサイクリングレーンを設けて自転車をみんなの足にしましょう。

自転車通勤が増えると、町の空気が綺麗になって、メタボを気にしていたお父さん達のお腹がすっきりしてきた頃には、気がつけばふくらみ続けていた医療費も減ってきました。

旦那さんが早く家に帰るようになったおかげで、不満や疲れの溜まっていた奥さんの顔に笑顔が戻り、世の中のみんなに少しづつ余裕が出来てきたせいで、自然と笑顔や優しい気持ちがあふれ、電車でお年寄りに席を譲る事も苦ではなくなってきました。

そして1年間、一生懸命働いたのだから、沢山休暇をとって、のんびり楽しみましょうよ~。
誰か、こんな政党、立ち上げてくれないかな~。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

スポンサーサイト

コルナゴウィンディー、1歳です♪

今日は、台風の近づく何ともはっきりしないお天気の選挙日和ですね!?
先週、今週と夫の仕事や細々した用事があって、2週続けて自転車に乗れない週末です。
私は、平日に時々ビアンキ空ちゃん とぷらぷらしてますが、夫は平日全く乗れないので、ストレスが溜まっているようです。昨夜は遅くまでブエルタ・ア・エスパーニャを見て憂さを晴らしていたようです。

昨日は家族で出かけたついでに、ララポの自転車屋さんに寄ってきました。
お目当ては、予備のタイヤチューブとマルチクリートです。

ビンディングにしてからという物、お約束の立ちゴケ続きですが、ブログにコメントをくださるぐりさんから教えていただいて、ぜひともクリートの交換をしたいと思っていました。

もうじきお誕生日ですが、今一番欲しいものがマルチクリート
って、いったい私とした事がどうなってしまったのでしょう・・・。正しい自転車乗りとしてすくすく成長したと言う事でしょうか(笑)

お誕生日と言えば、去年はお誕生日マジックでコルナゴウィンディー風ちゃん(ふぅちゃん)がやってきました。あれから1年の間に、まさかロードにまで乗るようになるとは思いもしませんでした。

コルナゴ風ちゃんは、初めての100kmポタや、長距離を走る時に活躍してくれました。
初めてのパンク
の試練も一緒に乗り切った頑張り屋さんです。正確にはもう少し乗っているはずなのですが、サイコンの記録上は1204kmとなっています。

ロードのマドンナが来たので、これからは出番が減るかもしれませんが、ほっそりとしたクラシカルな姿が気に入っているので、これからも色々と楽しく走りに行きたいと思っています。

コルナゴ風ちゃん、1歳のお誕生日、オメデトウ


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←風ちゃん1歳オメデトウ~って方、ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

ブログ1周年記念日です♪

先日、車の中から見かけて思わず撮った1枚。
自転車ブログを始めなければ絶対に撮らないであろう1枚です。
自転車に乗るようになって、ブログを始めて、世の中の見方や毎日の暮らしが大きく変わりました。

車


自転車に乗り始めて、自転車ブログの存在を知ってから、私もブログを始めてみたい・・・と思いながらも何だか難しそう・・・と敬遠していました。

その日は普段、部活でほとんど家にいない娘が、夏休みの宿題の追い込みで家にいたので相談すると、ブログ開設の設定を手伝ってくれました。

読書感想文の途中で忙しいという娘に急かされながら、嫌なら後で変えられるからと、とりあえずタイトル、ハンドルネームなどを次々と設定して、結局そのままで今に至ります。
当時NHKで放映していた『自転車の国の王子様』の何ともいえない面白さにはまっていたので、あまり良く考えずに 『自転車の国』 というフレーズをタイトルに頂きました。

ちょうど仕事をやめていた時期で時間に余裕もあったので、3月のダホン購入から記録が追いつくように、最初は毎日更新で頑張りました。気がつくとちらほらとコメントを下さる方も出てきて、すっかりブログ更新が毎日の習慣になっていきました。

ところで今さらですが、ブログって何なのでしょう・・・。
最初は日記を見知らぬ人に公開するなんてよくわからない世界だな~と、思っていました。

我が家の自転車の記録を残しておきたいと、ノートを買ってはみたものの、なかなか記録できず、試しにブログに書いてみたら、これが意外に楽しくて今に至っています。

最初はデジカメの写真をパソコンに取り込むことも出来なかったんです。未だに画像の編集方法が良くわからなかったりするのですが・・・。

思い起こせば子供の時、夏休みの自由研究で、絵と文章に写真や記念スタンプ、入場券、旅館の箸袋など色々なものをペタペタ貼って仕上げる旅行記を作るのが大好きでした。ブログのポタ日記は気分的にはあの作業に一番近いかもしれません。

コメントを下さる方達との会話は、昔流行った文通のペンフレンドに近い感覚でしょうか。
ブログを始めなかったら絶対に知りえなかったであろう、各地の様子を教えていただいたり、自転車関連のアドバイスを頂いたり、情報を交換出来たり・・・。素人夫婦なので、色々な事を教えてもらえて本当に有難い事です。
お会いした事は無いのに、段々とその方の人となりもわかってきて親近感を覚えたり、いつの日か何か機会があったらお会いしてみたいな~と想像したり・・・。

ブログをやっていたからこそ、楽しく自転車生活が続いていると言っても過言ではないでしょう。


実は少し前、バテ気味で気分が鬱々としてきて、ブログの更新も思うように出来ない時期があったのですが、それでも変わらずコメントを下さる方や、コメントはなくてもいつも読んでいて下さる方達がいて、その事にとっても救われて少しずつ元気が取り戻せました。

ブログって何だろ~
そんな定義何でも良いんです。
今や私の毎日に欠かせない存在で、素敵な出会いや元気の源になってる事は確かな事実です。

いつも、時々でも読んでくださる方たち、コメントを下さる方たち、ポチッと応援してくださる方たち、本当に有難うございます。

元気にこの日が迎えられた事に感謝します。
いつまで続くのかわかりませんが、これからも気ままにのんびり綴っていこうと思います。
これからも、どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ブログ1周年オメデトウ~って方、ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

夢の島から、青空にそびえ立つ物たちに会いに行くポタ その3

さまざまなイベントでいつも賑わっている東京ビッグサイトですが、この日も何かのイベントがあるようで付近は大勢の人で溢れていました。
コミケ(コミックマーケット)と言うイベントが若者に人気だと言う事は知っていましたが、凄い賑わいです。コスプレの撮影会のような物も面白そうです。

コスプレ

ビッグサイトの近く、りんかい線の「国際展示場駅」も関東の駅100選に選ばれています。26/100箇所目です。幌馬車のような楽しい概観です。

国際展示場駅1

国際展示場駅4

国際展示場駅3

国際展示場駅2

お台場周辺を後にして、新木場から若洲に向かいました。
海沿いには沢山の木場や製材所が並び、辺りは木材の香りが漂っています。
この辺りの広々とした道は、交通量も少なく走りやすく快適です。

若洲橋を渡り、眩しい空に向かって走り続けると、あっという間に今回のもう一つの目的地、若洲海浜公園に着きました。

若洲2

ずっと来てみたかった、若洲の風車です。
気持ちの良い緑の公園の中、ヒューン、ヒューンと風を切る音と共に、青空にそびえ立っています。高さ60メートル、翼の長さは40メートルだそうで合わせると100メートルにもなり、ものすごい迫力です。

若洲1

なぜか手塚治虫さんのキャラクターが大集合していました。

若洲3

ガンダムよりは手塚治虫さんのアニメ世代です。御馴染みのキャラクター達の中に、大好きだった「海のトリトン」もいました。

若洲4

ここからぐるっと海沿いに気持ちの良いサイクリングロードが延びています。

若洲5

空の青さと海の青さが、夏の楽しさを教えてくれます。

若洲6

展望台からの眺めや東京へリポートのヘリコプターの発着など、見所いっぱいのコースです。
夕日も綺麗でしょうね。

遠くにTDLや葛西臨海公園の観覧車等を見ながら、走り終えるのがもったいない気分で夢の島に戻りました。ビンディングの練習にもうってつけのコースで、だいぶ左足着地にも慣れてきて、今日は立ちゴケゼロでした。また、気持ちよく走りに行きたいコースです。

若洲7

   本日の走行距離 40km



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

夢の島から、青空にそびえ立つ物たちに会いに行くポタ その2

ガンダム世代ではありませんが、8月いっぱいの限定イベントですし、1度は見てみたいと思っていました。
そして、ここには、例のあれもありますし・・・。

潮風公園の中の、木で出来た素敵な潮風橋を渡って進むと、何やら行列とメガホンを使っての放送が聞こえてきました。

潮風橋

もしかして彼に会うにはこの行列に並ぶのかしら~と思ったら、お台場限定のガンプラ(ガンダムのプラモデル)を買う人の行列でした。良かった~。

そして彼は青空の下、すっくと立っていました。
大勢の人に取り囲まれて、噂通りの堂々たる勇姿です。

ガンダム3

広場の周りには各地の美味しいものが並んでいるようですが、白い煙を目指して迷うことなく一目散に進むと・・・

ハム焼き2

ありました~1週間ぶりの再会、大好物のハム焼きです。
今回は、新発売でしょうか、常陸牛の串焼きもあったので、そちらも食べてみました。柔らかくって美味しいけれど、私は味付けと食べ応えという点ではやっぱりハム焼きの方が好みですね。

ハム焼き1

ガンダム君、「みんないいな~、僕も食べてみたいな~」って思ってるかな?

ガンダム2

レインボーブリッジの向こうには、遠くにそびえ立つ東京タワーが見えています。

レインボーブリッジ

そして、記念撮影スポットとしてすっかり定着した、お台場の自由の女神も相変わらず立っていますね。

自由の女神

自転車を見える所に駐輪したかったので、デッキの上のお店でランチにしました。
隣にはブラピのようにカッコイイ外人さんが座っていて、気分だけはパリかイタリアのオープンカフェ?

デックス5

雰囲気は良いのですが、ちょっとパスタのお味は今ひとつだったかな・・・。

デックス2

デックス3

お台場海浜公園では海釣りを楽しむ人達や、人口ビーチでは日光浴を楽しむ人たちがのんびりと寝そべっています。

お台場

そこを横目で見ながら、海を挟んで向かい側にある台場公園まで行ってみました。

お台場の名で知られる台場とは、江戸時代にペリーで有名な黒船来襲に備えて築いた砲台跡地の事なのですね。
全部で6基作られたうち残っている第3台場が、台場公園として開放されているそうです。
海面から5~7メートルの高さの石垣積みの土手を黒松が囲んでいます。
奥まで行けば砲台のレプリカもあったようですが、自転車を置いておくのが不安で見に行きませんでした。

お台場1

ゆりかもめの駅「お台場海浜公園」は関東の駅100選に選ばれています。

お台場駅1

駅を降りると、そのままデックス東京ビーチや東京ジョイポリス等につながっています。

お台場駅2

空中の駅と周りにそびえるビルがカッコイイな~と見ていたら、ちょうどゆりかもめが来ました。

お台場駅4

お台場駅3

ガンダムにも会えたし、ハム焼きも食べたし、もう1箇所、青空にそびえ立つものを見に行きますよ~。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

夢の島から、青空にそびえ立つ物たちに会いに行くポタ

早いもので、今日は暦の上では「処暑」だそうです。
すっきりと晴れて適度に風もあるので、行く夏を惜しむポタには最適なお天気でしょうね。
そんな良いお天気ですが、夫はこの週末も仕事になってしまい、かなり憂鬱そうに出かけていきました。

世の中がお盆休みだった先週も、我が家はいつもと同じ生活でした。
15日の土曜日は炎天下の中、庭のフェンスのペンキ塗りをしてヘトヘトになり、その疲れも抜けない16日(日)はお天気も良いし、どこかに走りに行こうと思ったのですが、相変わらず朝から行き先がなかなか決まりませんでした。

朝、相談しているという時点で遠出は無理だし、日陰のない炎天下は避けたいし、でも、夏ならではの場所に行きたいし・・・と、準備をしながらうだうだ考えた結果、思いついた場所が・・・

道はガラガラで、あっという間に夢の島公園の駐車場に到着しました。
青空の下にそびえ立つ清掃工場の煙突・・・
これに会いたかったんや~って違いますから・・・。

夢の島1

夢の島と言えば東京のゴミの埋立地のイメージしかなかったのですが、緑いっぱいの気持ちの良い公園なのですね。木陰もいっぱいでのんびりと寛げそうな公園です。

夢の島3

大きなガラス張りのドームが印象的な熱帯植物園。

夢の島2

夢の島に、こんな素敵なマリーナがあったなんて全然知りませんでした。

夢の島4

マリーナを見ながらの、気持ち良さそうなバーベキュー広場もありました。

夢の島5

この辺りの道は、休日のせいか交通量も少なくて気持ちよく走れます。

いつの間にか、空が秋の雲に入れ替わっています。え~、もうそんな時期ですか?
自転車にとって暑さは大敵だけど、そうは言ってもまだ夏が終わるには早すぎるような気がします。

湾岸6

水辺にそびえ立つ高層マンション郡。眺めが良いのでしょうね~。

湾岸1

お台場周辺は、首都高やりんかい線の間に高層ビルが立ち並び、未来的な景色が広がっています。

湾岸2

湾岸3

と思うと、こんな江戸風の温泉テーマパークもあって楽しいですね。

湾岸4

海沿いからは、そびえ立つ沢山のクレーンや船が見えます。

船3

湾岸5

船4

クイーンエリザベス2号の形をした『船の科学館』は、子供と来た事がありますが、意外に大人も楽しめる所だと思います。

船1

初代、南極観測船「宗谷」の内部が公開されていて興味深く見学できます。

船5

旧青函連絡船の「羊蹄丸」中には、確か昔の青森の様子が再現されていました。

船2

そろそろ、あのそびえ立つ この夏の人気者に会いに行きましょう。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

お疲れsummerポタ 後編

・・・そうです。やはり、パンクでした。しかも、後輪~!難しそう・・・。

パンク4

以前もnayaを目指して走っていた時、私のクロスバイクで始めてのパンクを経験しました。
その時は溝の段差でのリム打ちパンクだったようですが、今回はタイヤに針金のようなものが刺さっていました。この辺りは我が家にとって鬼門なのかな?

初めての後輪はずしに挑戦!
チェーンがあるので心配でしたが、先日のメンテナンス講習会で後輪はずしも見せてもらっていたので、すんなりと出来たようです。勿論夫が・・・。私は相変わらず応援団に徹しましたが、前回よりは理解しながら応援したつもりです。

無事、パンク修理も終わり、再びnayaを目指しました。

オーシャンビューで人気の、国民宿舎サンライズ九十九里。

サンライズ

やっぱり、夏の海は気持ちが良いですね~。

九十九里4

九十九里自転車道はいつ来ても、ほとんど誰も走っていません。

九十九里3

蒸し暑い中、頑張って走って、やっとnayaに到着~。
やった~。3度目の正直、今日こそ入れそうです。

オープン

久しぶりのnayaは、この日も静かな空気が流れていました。
今日はお茶だけが目的なので良いのですが、勿論パンは売り切れでした。
前回は知らなかったのでちょっと撮影してしまったのですが、店内は撮影禁止のようです。前と同じ庭に面した場所で、ミントティーとアイスコーヒーでボーっと休憩。

naya1.jpg

さあ、お天気がくずれる前に急いで帰りましょう。

道路や信号前は緊張してるので大丈夫なのですが、気が緩むのかコンビニ前で2回、立ちゴケしちゃいました・・・。一度はトッシーも押し倒しちゃった・・・ゴメンね~
たいしたアザにはならなかったけど、気をつけなくちゃね~。

コンビニ

海を背に外房有料を目指して走り始めると、何となく怪しい雲が見えてきました。
家までは、まだまだ距離がありそうです。絶対、濡れたくない、という一心で夢中でペダルを回します。
遠くに雷の音も聞こえて、何かに追いかけられているような気分で必死で走り続けました。
外房有料は、自転車は30円。

30円

微妙に続く坂道を、かつてこんなに一生懸命こぎ続けた事があるだろうか・・・というくらい頑張って走り続け、自宅に近づくと、明らかに自宅の上空だけ真っ暗な雲に覆われています。

朝の雨を思い浮かべながら、祈るような気持ちで最後の坂を上り帰ってみると、雨雲は少しずれているのか、何とか降られずにすみました。ホッ

雨雲

夕方のニュースで、集中豪雨で千葉市内でタクシーが水没している映像を見て、びっくり。
こんなに空模様を気にしながら走った事はありませんでしたが、雨雲と雷のおかげで、思わぬ特訓ポタとなりました。お疲れさま~

   本日の走行距離 82km


いわし


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。





お疲れsummerポタ

今年の夏は、梅雨明け宣言こそ早かったけれど、結果的にはいつまでもはっきりしないお天気が続き、何となく夏を満喫しそこなったような気がします。

9日(日)の天気予報も相変わらずあいまいで、「どんな目にあっても責任は自己判断ですよ」的ないったいどうしたら良いの~という感じの予報でした。

降水確率は確か30%くらいだったと思いますが、洗濯物を干しながら見渡す空模様はいかにも怪しく、私は全く気が乗らなかったのですが、この所走れてもちょこっとポタばかりで欲求不満気味だったトッシーは走る気満々でした。

気乗りのしない私のために、お気に入りの海辺のカフェnayaにも行ってみようと奥の手を出すので、渋々支度をして出ようとすると・・・いきなりのザーザー降りです。

通り雨だったので暫くすると止みましたが、もうテンション駄々下がり・・・。
どうしようか悩みましたが、すっかり支度もしちゃったし、ビンディングの練習もしたかったので、怪しいお天気に一抹の不安を残しながらも出発する事にしました。

中野2

家を出て暫くは一般道なので、ビンディングはつけずフラットペダルで走り、交通量の少なくなった田舎道に入ったところで、久しぶりのビンディング走行にしてみました。

中野1

交通量も少なく信号もほとんどないので、軽快に走っていると足が固定されている事を忘れてしまいそうになるので、時々頭の中で、「ビンディング装着中」と唱えながら走りました。

今日の道案内は任せたよ~。まずは、誉田から中野を通って東金へ出ました。

ナビ8

時々、天然酵母のパンを買いに来る「粉桜」さん。

粉桜

ステーキの美味しい「竹田屋」さん。

竹田屋

心配してたお天気も青空が見えてきて、早くも頭をたれ始めた稲の間を走り抜ける頃には、だいぶ心も晴れて来ました。

稲

以前寄った九十九里ハーブガーデンのキャンプ場は、夏休みのせいか一段と賑わっていました。

ハーブガーデン1

ハーブガーデン4

ハーブガーデン5

今日はランチを食べてみましたが、ハーブや新鮮野菜を使ったボリュームたっぷりのメニューでお腹がいっぱいになり、残念ながら美味しいケーキは食べられませんでした。

ハーブガーデン2

ハーブガーデン3

ゆっくり休憩してから、九十九里海岸に向かいました。

ムクムクの入道雲を見ながら走る夏の浜辺には、いわし料理や焼き蛤のお店が並んでいます。

九十九里1

nayaを目指して海沿いの道を気持ちよく走っていると、トッシーのランブレットから何か異音がします。
何だろう?と思いながらも走り続けていると・・・
あれ?もしかして・・・また・・・?

九十九里2

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

五浦ハム焼きと笠間焼き

ずいぶん前の事ですが、去年のGW、幕張メッセのフリマを覗きに行った時、沢山の出店の中、香ばしい匂いにつられて食べたハムの串焼きが忘れらず、ずっと気になっていました。
確か「五」という名前がついて、お店の人が福島県の近くの町だと言ってたな~とあやふやな記憶を元にネットで探してみると・・・見つけました。
茨城県、高萩市にある「五浦ハム」
これだ~!と喜んでいると、何といつもコメントを下さるチャリじいさんがガンダムの横で食べているではありませんか!?
え~?すごい偶然!しかも「ごうら」ではなく「いづら」と読むという事や、時々常磐道の友部のSAでも食べられるとの情報を頂きました。

8日(土)はお天気も怪しかったのでドライブがてら、とりあえずダホンも積んで、この日は友部のSAには出店していないようだったので、直接お店まで行って食べたり買ったりしちゃお~っと張り切って高萩市に向かって出発しました。

すっかりお馴染みになった茨城ですが、高萩市はかなり北の方なのでもっと遠いイメージでしたが渋滞も無くすんなりと到着。高萩ICを降りるとすぐに、お目当ての五浦ハムのお店がありました。

とんがり屋根の可愛らしいお店に入ってみると・・・ガランとした店内は人気がありません。
しかも、ここはハムの販売だけでハム焼きは食べられず、ハム焼き用のハムは販売していないとの事・・・。
がっかりしていると、予定にはなかったけれどこの日は友部のSAに販売に行ってると言われ、食いしん坊の私達は予定を変更して、ハム焼き求めて今来た道を一目散に友部SAまで戻る事にしました。急いでいたのでお店の写真を撮り忘れました。

友部のSAにつくとお目当ての「五浦ハム」の旗が見えましたが、ちょうど炭をおこし始めたところだったので暫くぶらぶらした後、、やっと念願のハム焼きとご対面~。

友部2

あまりの感動に涙でぼやけてます・・・では無くて、ピンボケです。

友部1

ハム焼きと言っても、桜のチップでいぶしてある生のハムを炭火で焼いているので、ジューシな香ばしさとカシラのような食感が癖になる美味しさです。ビールがないのが残念~。

念願のハム焼きを美味しく食べたので、友部から程近い笠間に行ってみる事にしました。
笠間芸術の森公園に行ってみると、空はどんよりとしていますが近場なら自転車で回れそうなので、早速ダホンを組み立てて笠間の町をぶらぶらしてみました。

笠間の町はいたる所に陶芸のギャラリーがあって、芸術の香りのする品の良い田舎という雰囲気です。
東京生まれの私に田舎は無いけれど、虫とり網を持って帰ると井戸でスイカやトマトが冷えていて、とうもろこしが茹でてあるような、古きよき日本の夏休みという懐かしさを感じる町です。

笠間1

北大路魯山人の萱葺き住居が北鎌倉から移築されていましたが、中には入らず外からチラッと覗かせてもらいました。

笠間2

町には古くて味のある建物が沢山目につきます。

笠間3

笠間稲荷神社は日本三大稲荷の一つだそうです。

笠間4

可愛いおみくじがあったので、引いてみました。
猫かカエルが欲しいけど、ひょっとこ以外なら何でもいいや~と引いてみたら・・・

笠間11

しっかり、ひょっとこをゲットです。「芸能上達」って言われてもね~。

笠間12

神社の周りには歴史を感じさせるお店が軒を連ねています。

造り酒屋の笹目宗兵衛商店

笠間5

ホテル井筒屋

笠間13

素敵なレストランがあったので、寄ってみました。

笠間6

静かなヨーロッパ風店内で、美味しいケーキで一休み。

笠間7 笠間8

今回は車で来ているので、気に入った焼き物を買って帰る事にしました。

笠間焼きは形式にとらわれることが無い自由な焼き物なので、若い陶芸家の作品も多いようです。
回廊ギャラリー門という、細長い中庭に面してぐるりとさまざまな作品を置いているとても素敵なギャラリーで、気に入った器と出会いました。

笠間10

雨を心配しながらも、乗りなれたダホンで左足着地の練習をしながら走りました。
最初は利き足を直すのは大変そうと思いましたが、この日1日の練習でだいぶ直せたような気がします。

またゆっくり訪れたい、陶芸の里山ポタでした。

   本日の走行距離 8km


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

夏の旅行、東照宮編

日光3

日光には何度か行った事がありますが、いまや世界遺産にも指定されている東照宮には小学校の修学旅行以来、ゆっくり行った事がありませんでした。
千葉県育ちの娘達は、修学旅行で日光に行っていないので、東照宮に行ってみたいとの事で、目的のアルパカに会えたので那須の観光は終わりにして、2日目は日光に行く事になりました。

東照宮に行く前に、すぐ近くにある国の登録有形文化財の金谷ホテルに寄ってみました。

日光2

ホテルの素敵なレストランの様子はテレビなどで見た事があって、ペット連れは無理だろうけど、もしかしたら入れる場所もあるかもしれないと思い聞いてみたのですが、残念ながらホテルどころか近くにはペットと一緒に食事のできる場所はほとんど無いとの事でした。うすうす予測はしていましたが、せっかく湯葉料理を楽しみに来たのにな~。

坂の下には、元、金谷ホテルのお土産屋さんだった「日光食堂本店」がありました。
こちらも趣のある建物です。

日光11

杉木立に囲まれた日光の杜の表玄関では、赤い神橋が迎えてくれます。

日光1

天に向かって伸びる静かな杉木立の中を歩いていくと、受付に着きました。
二社一寺共通拝観券は、大人1300円。建物内はペットは入れないので、交代で外で待つようにと流暢な日本語を操る外国人の巫女さんに説明していただきました。

輪王寺、三仏堂。東日本では最大の木造のお寺だそうです。

日光4

中には高さ8,5メートルもの、見上げるような高さの金色の仏像が三体安置されていましたが、来年から大改修に入るようで10年くらい入れなくなるようです。
外で交代で待っている間、修学旅行やツアーの添乗員さんたちの説明を横で聞いていたので色々と勉強になりました。

日光5

参道を歩き、東照宮を目の前に、横道に茶店のようなものがあったので、こちらでお昼休憩をしました。

湯葉入り蕎麦1000円。観光地価格ですが、とりあえず湯葉が食べられたので良しとしましょう。

日光9

朱塗りの仁王門を入ると、何となく見覚えのある広場に出ました。

境内唯一の素木造りの重要文化財の神厩(しんきゅう)。東照宮の神馬を入れる馬屋の事です。
猿が馬の健康安全を守ってくれるとの信仰によって、この建物の欄間に8枚の猿の彫刻があるようですが、その中の1枚があの有名な『見ざる、言わざる、聞かざる』なのですね。

日光8

8枚の猿の一生を表す彫刻に、人の一生を重ね合わせる奥の深い意味があったとは、小学校の修学旅行ではわかりませんでした。私達が7枚目の荒波の中の夫婦猿なら、幼少期を過ぎた娘達は、今何枚目にいるのでしょう。挫折や悩みを抱えながらも素敵な恋愛をして、幸せな人生を歩んで欲しいと願いは彫刻の猿たちと同じです。

日光7

『眠り猫』とともに東照宮の3彫刻の一つにもなっている『想像の象』
江戸時代には、まだ日本に象が居なかったので、狩野探幽が書物などを読んで想像で描いた物だそうで、耳が裏返しだったり、尻尾が三本に分かれていたりしますが、躍動感溢れる彫刻を見ているとかなり想像力豊かな方だったのでしょうね。

日光6

国宝の陽明門。その息を呑むほどの圧倒的な彫刻に、時間を忘れて見入ってしまう事から別名「日暮門」と呼ばれるというのも納得の門です。

日光13

撮影は出来ませんでしたが、有名な天井絵の『鳴き竜』の鈴のような声?もしっかり聞くことが出来ました。
参拝客をある程度集めて説明をした後、拍子木を高らかに打ち鳴らして聞かせてくれるのですが、そのよどみない説明はどこぞのテーマパークのお兄さんのようです。そして、ここでもまたお守りの宣伝も入るあたり、世界遺産といえども商売は大事なのでしょうね。

東照宮からニ荒山神社に向かうと観光客の姿も減り、杉の巨木に囲まれた静かな苔むした景色を楽しむ事が出来ますが、とにかく急な階段の連続でそろそろ元気なワンコ達も私達も足元がふらついてきました。ここは、脚力に自信があるうちに訪れる場所ですね。

日光14

日光15

日光16

この日は、うす曇りでしたが、雨が降るわけでもなく日傘が入るわけでもないお天気で、ゆっくり見て回る事が出来てちょうど良いお天気でした。

そして、日光を訪れる外国の方の多いことには本当に驚きました。皆さん、熱心にガイドブックを見ていたので、思いつきで勉強不足のまま見に行った私達よりも多くの事を知っている事でしょう。

今回はワンコ連れと言う事で、見学や食事にも制約がありましたが、犬好きな方との触れ合いも多く、(特に外人さんには何度も声をかけられてその度にドキドキでしたが)思い出に残る楽しい旅になりました。

日光17

また一緒にお出かけしたいワン
日光18

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

夏の旅行、別荘地ポタ編

那須は別荘地なので、貸し別荘は沢山あったのですが、どうせなら普通のタイプの家より気分的に盛り上がりそうなので、ログハウスでペットもOKの所を選びました。
こだわったのは部屋の清潔さと、木々に囲まれたロケーションです。

ネットの写真には、多分1番良い物件が出ているのでしょうから、どんな家にあたるのか実際に行くまでは内心ドキドキでした。
受付で鍵をもらい場所の説明を受けると、4人で申し込んだのですが、ラッキーな事に6人用のログハウスにしてくれたとの事でした。

そこから車で10分ほど走ると、緑の林の中にこの日お世話になるログハウスがありました。

貸し別荘1

思ったよりも広くて、快適です。1階にLDK、ベッドルーム、お風呂、トイレ、2階に2つの寝室があってとてもゆったりしています。冬は暖炉も使えるようです。

貸し別荘3

周りは木々に囲まれた気持ちの良いロケーションです。
荷物を運び入れて暫くすると雨が降り出しましたが、デッキは屋根つきなので予定通り夕食はデッキでバーベキューが出来ました。
早起きとアルコールのせいであっという間に眠くなり、残念ながら美味しそうなバーベキューの写真を撮り忘れました~。


翌朝は雨もあがったので、朝食前にダホンブロのモモで別荘地ポタに出かけました。
前日、車で来たときは何も感じなかったのですが、実はここはなだらかな坂の途中に建っていました。

貸し別荘2

濃い紫色の野生のギボウシや沢山の野草に癒されるのですが、朝から延々と続く坂道に息が切れます。
朝の優雅なポタリング・・・のつもりが・・・これは部活の朝錬ですか?というほどのアップダウンで、朝から汗だくになってしまいました。

別荘地4

色んなタイプの別荘が並んでいます。

別荘地1

普通の住宅地にあったらういてしまいそうな赤いお家も、緑の中だと絵になりますね。

別荘地2

木立の中の家に住んでみたいな~。

別荘地3

広い敷地の中には川も流れていて、こんな素敵な場所に別荘を持っている人たちが羨ましい~。

貸し別荘4

別荘地朝錬ポタで良い汗をかいた後、お腹ぺこぺこでデッキでの朝食を楽しみました。
林の中のデッキなのでのんびりと寛げます。

貸し別荘5

別荘地5

もう少しのんびりしていたい気分でしたが、1泊だけでもちょっぴり別荘オーナー気分を味わせて頂きました。

那須は美味しそうなお土産が沢山ありましたが、定番の有名な「チーズガーデン五峰館」のチーズケーキを買いに行ってみました。

那須4

広い敷地の中の素敵な建物は朝早くから込み合っていました。目移りするほど沢山のお菓子があって、店内ではガラス越しにケーキを作る様子を見る事が出来ます。

御用邸

口コミで人気のラスクを買いに行ってみました。パンもケーキも美味しそうなお店でしたが、お土産にお目当ての「こげパンだ」を買い込みました。

那須5

ラスクのために焼き上げた天然酵母のフランスパンで作っているそうで、カリカリの食感が美味しくてあっという間になくなってしまいました。

ラスク

お土産も買ったし、那須を後にして、大人の修学旅行に行く事にしました。

  本日の走行距離 8km


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

夏の旅行、アルパカ牧場編

気がつけば、ブログを1週間も放置してしまいました。ちょっと、南の島でバカンスを楽しんで・・・いたのなら良いのですが、1泊の旅行の後、数々の雑事に忙殺されていて、パソコンの前に座れない日々が続いておりました。

夏休みといえどもなかなか家族の予定が合わず、何とか2日間みんなのお休みを合わせて、どこに行こうか相談すると、 「那須にアルパカを見に行ってみたい」という長女の一言で行き先は那須に決定。しかも、ワンコ2頭も連れてキャンプに行きたいと言うのですが、さすがにその元気は出ず、貸し別荘とバーベキューでキャンプ気分を味わうことにしました。

天気予報では5、6日は、どちらも曇りであまり良いお天気ではないようでしたが、テントじゃないし、車だし、まぁ、何とかなるでしょう、と出発しました。

着替えやクーラーボックス、ワンコの小屋など、1泊といえども色々な荷物がありますが、トランクにはしっかりダホンの姿も・・・。

平日のせいか、渋滞もなくすんなりと那須の町に着き、ペット可のイタリアンレストランでお昼にしようと行ってみたのですがペット連れのテラス席は1時間半待ち!

那須1

楽しみにしていたので残念ですが、そんなには待てないので隣にあった、パン屋さんのテラスでランチにしました。

那須2

久しぶりの家族旅行は、楽しいワン
那須3

いよいよ今回の目的地、アルパカ牧場に向かいます。
カーナビもあるし看板もあるだろうし、行けばわかるだろうと行ってみたのですが、途中、看板は全く見つからず、見かけたのは紛らわしい『アカルパ』というキャンプ場?の看板ばかり・・・。

少し迷いましたが無事到着。あまり観光地っぽくなく、何となく素朴な雰囲気です。
チケット売り場に行列用のロープが張ってある所を見ると、お休みなどは込み合うのでしょうね。

アルパカ3

ペットは入場可なのですが、臆病なアルパカを警戒させないように、園内では必ず抱っこしているように説明をうけ、いざ園内へ。

アルパカ1

アルパカの生態や、園内の案内などを読みながらワンコ達にとってはちょうど気持ちの良い散歩道を歩いて園内に向かいました。

この橋の先からは抱っこで進まなくてはいけません。
アルパカ4

ダチョウやポニーがお迎えしてくれる中を歩いていくと、柵の向こうに沢山のアルパカたちが見えてきました。

アルパカ10

さすが世界一人なつっこいと、ペルーのアルパカ協会からお墨付きをもらっているアルパカ達だけあって、私達を見つけると柵のほうに寄ってきてくれます。

アルパカ11

と、思ったのですが、どうやら餌が欲しいようです。途中の看板によると、警戒すると耳を寝かせてもしかしたらつばを吐くかもしれないと書いてあったので、ワンコを連れている事だし、アルパカを脅かさないように気をつけながら回りました。

でも、何の加減か時々急に耳を寝かすのでドキドキしました。

アルパカ9

途中の看板に説明があったのですが、夏場のアルパカは暑さ対策もかねて毛刈りをして、クールビズになったアルパカを略して『ビズ・パカ』と呼ぶのだそうですが、何か御馴染みのふわふわのアルパカとちょっとイメージが違います。

アルパカ5

園内には、ペルーの天空の城、マチュピチュをもじった『ナチュ(那須)ピチュ』という石の山があるのですが、このオヤジギャク的なネーミングは、ちゃんとペルーの関係者からつけていただいた由緒ある名前のようです。

アルパカ6

それにしても、この夏の蒸し暑い中、ずっと毛皮を着た生き物を抱っこし続けるのは大変でした。
ちょっと下へ降ろしたくなりますが、アルパカ達が警戒音を出しては困るので汗だくになりながら抱き続け、結構な苦行となりました。

奥へ進むと、ミラバケッソのテントの下にクールビスカットをしていない特別なアルパカが1頭。
これが、あのクラレのCMで一躍有名になった、はなこちゃんのようです。

アルパカ8

のようですが、あの真っ白ふわふわのはなこちゃんは、いつの間にツートンカラーになったのでしょう。
スターなら、もっと綺麗にしてあげればいいのにね~と思ったら、「毎日綺麗にしているのですが、土の上が大好きですぐに汚れてしまいます」というような、説明が書いてありました。

私のイメージはこんなんだったのですが・・・。

アルパカ12

イメージと言えばこんな寝姿もイメージとだいぶ違います。

アルパカ7

暑くなければもう少しゆっくりしたかったのですが、ツアーの団体客と一緒になってしまってふれあい広場の順番も取れそうになかったのと、ワンコの抱っこに疲れてきたので、この日のお宿の貸し別荘に向かいました。

帰りに、可愛らしいアルパカうちわのお土産を頂きました。

アルパカ2


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

今中大介氏お勧め、6WHEELツーリング

ファンライド1

最近、時々雑誌「funride」を買うようになりました。
8月号の表紙は、今までの綺麗なお姉さんからガラッと変わったようですね。

なかなかじっくり読む時間が取れず、パラパラとしか見ていないのですが、目を引いた記事がこちら。

『イマナカ式6WHEELツーリングの遊び方』
ファンライド2

今中氏によると、週末など限られた時間だけ自転車を楽しむ場合、目的地まで車で移動してツーリングを楽しめば行動範囲も広がるし、現地のお土産なども買って帰れる、などと車移動のメリットをあげています。

これってまさに我が家の行動パターンじゃないですか~

我が家の場合、帰りに夕飯の買い物をすることも多いので、車移動はとっても便利なんです。
それに、帰りの車の中で私は少し休めるので、(トッシー、ごめん)この休憩時間のワンクッションのおかげで、何とか帰ってすぐに家事をする気力が出るのです。

記事では、温泉セットや着替えも入れておけばさっぱりと家に帰れるとなっていましたが、これも良いですね~。

自転車を車に載せるお勧めの方法ですが、これまた我が家と同じ。
その方法とは、ずばり・・・そのまま、寝かせて入れる・・・
我が家の車はステーションワゴン型なので、後ろのシートを倒すと、前輪をはずさなくてもそのまま入ります。

1台寝かせた上に、使わなくなったキィルティングのホットカーペットカバーを間に挟んで、もう1台を重ねたら、盗難防止のためもう1枚上にかける・・・という何とも庶民的な方法で移動していたのですが、内心、これはかっこ悪いのかな~、やっぱり専用のラックとかに乗せた方がいいのかな~と思っていました。
が、今中氏によると自転車の移動は、出来れば何もはずさない状態が一番トラブルが少なくてお勧めとの事。良かった~。何か、とっても市民権を得た感じがします。

記事で6WHEELツーリングのお勧めコースは、前から走りに行ってみたいと思っている富士五湖エリアでした。何度も行った事のある場所だけど、いつの日か自転車で走ってみたいな~

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


LIVESTRONG 強く生きろ

先日メンテナンス講習会と点検のために行ったショップで、ビンディングシューズ以外に買ったのは、2個目のドリンクホルダーと、今さらですが、前から欲しかったリストバンドです。

LIVESTRONG
イエローバンド

ランス・アームストロングが自らの癌(生存率50%以下)を克服して、ツールドフランスで前人未到の個人総合優勝7連覇を達成した事は、あまりにも有名な話ですが、彼は、癌患者への資金提供と、癌の研究費用を目的とした『ランス・アームストロング財団』を立ち上げました。研究はアメリカでのことですが、広い意味で私達にも還元されると思います。

彼の自伝によると、若い頃の彼の性格は攻撃的で周りの人たちとの衝突も多かったようです。
癌を克服することで、もともとの強靭な肉体にさらに強い精神力が加わり、それが7連覇という驚異的な結果を残すことに力を貸したのでしょう。

この黄色のリストバンドの売り上げは、全て財団に寄付されるそうです。
マイヨジョーヌにちなんだこの黄色のリストバンドが、最近のさまざまなリストバンドチャリティーのさきがけだったそうです。


今も病と向き合う友人達がいます。
既に何人の知り合いを癌で見送ったことでしょう・・・。
生きていると、理不尽なつらい事、悲しいことが沢山あり、どうしようも出来ず、ただただ落ち込んでしまうこともあります。

大切な家族、友人、大切な自分のために、

検診を受けましょう。癌の早期発見に努めましょう。
そして、悲しみにとらわれる事なく、強く生きていきましょう。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


マドンナ第5ステージ、初ゴケと古河ポタ

ビンディングを試すにはやはり安全なサイクリングロードが良いだろうと思い、時間は既に3時近くになってしまったので、関宿近くに車を置いて、利根渡良瀬自転車道で古河の町に向かうことにしました。

利根渡良瀬1

一般道はフラットペダルで、川沿いの人気のないサイクリングロードに入ったところでビンディングを試してみます。
やっぱり、走りながらだと最初はなかなか思うようにはいきませんね。
走りながら、何度も脱着の練習をした後、そろそろ止まる練習をしようと、左足をはずして左足をつこうと思ったのに、無意識に癖で右足をつこうとしてしまい・・・初ゴケです・・・。
そりゃあ、右足をはずしてないのに足がつけるわけありませんよね~。まぁ、誰も居ない道なのでよかったし、お尻を打ちましたが、アームカバーと長タイツのおかげで擦り傷とかはありませんでした。
でも、サドルの右端が少しすれちゃった・・・。ごめんね、マドンナ。
最初からこれじゃ先が思いやられるな~と走り出し、先を行く夫が止まったので止まろうとした時、またしても同じ状況でバターン。ひぇ~、初日に2回も立ちゴケするって、どんだけ鈍いの~
まぁ、スキーと同じで最初に転んどいた方が上達する・・・って事じゃないですよね^^;

とにかく、止まる時はすばやく両足をはずす練習、そして、慣れてきたら左足停車の特訓をしなくてはいけませんね。

でも、走りながらの装着はだいぶ慣れたし、ペダルをくるくる回す感覚が快適で楽しいです。

そんな練習をしながらあっという間に古河の町に到着したのですが、この日はとにかく気温が高く、サイコンの温度計は41℃とか指しています。身体は大丈夫かな~。

どこかで休憩しようと思っていると、古河歴史博物館の横が水の流れる涼しい公園になっていました。この辺りは大きな木が多く、木陰でしばし休憩。

古河1

古河14

萱葺き屋根の美しい鷹見泉石記念館。

古河13

石畳の歩道を進むと可愛らしい洋館の古河文学館がありました。レストランもあるようなので涼みがてら入ってみました。

古河ゆかりの作家の資料が展示してありましたが、不勉強で知らない方ばかりなので簡単に見学させてもらいましたが、手前にあるお部屋には暖炉や、イギリス製の蓄音機が置いてあってそちら方が興味深かったです。

古河2

すべて手作りの幻の名器と言われる「EMGマークxb」という蓄音機だそうで、スピーカーのホーンは直径73センチもあり、音色のためにレコード針は竹製なのだそうです。どんな音色なのか聞いてみたいものです。

古河3

レストランは閉まっていて入れなかったので、町をぶらぶらと走ってみました。
町のあちらこちらに昔の城下町の名残が残り、静かですっきりとした町並みです。

立派な武家屋敷の土塀ですが、中は現在も住んでいるそうで綺麗な保存に感心します。

古河8

この辺りは古い建物が保存されていて、しっとりとした風情が漂っています。
なまこ壁の旅館「富久屋」さん。

古河15

古河4

古河5

通りの街灯や、あちらこちらに雪の結晶が目に付きました。

古河6

かつての藩主、土井利位が雪の研究家だったそうです。

古河7

レンガの建物や塀も多く残っています。
新しいレンガ造りの古河街角美術館と、昔ながらの古いレンガの塀が趣のある小路。

古河9

近くには珍しい3階建ての石蔵を使った篆刻(てんこく)美術館がありました。
国の有形登録文化財に指定されていて、古河のランドマーク的な建物のようです。

古河10

小学校の門柱も歴史が感じられて素敵ですね。

古河11

結局、休憩できそうなお店が見つからず、途中、見つけたココスで休憩。
滅多に食べないこんな物食べちゃいました~。

古河12

ドリンクバーで寛いで、元気を取り戻して出てみると、先ほどまでの暑さがうそのように涼しい風が吹き始めました。サイクリングロードに戻ってみると、夕闇の中、右手に富士山のシルエット、左手に筑波山のシルエットという贅沢な眺めの中、ビンディングで軽快に戻りました。

利根渡良瀬2

家に帰ってみると、手の平、お尻の右側、右膝の内側(これはペダルがあたったのでしょう)に、見事な大アザが出来ていました。1週間たった現在も、まだくっきりと残っています。気をつけなくちゃね~。


   本日の走行距離 37km


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。




プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。