スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッパと大仏様に会いに行くポタ 後編

シャトーカミヤ1

シャトーカミヤは、葡萄の栽培からビン詰めまで一貫生産した、日本初の本格的なワイン醸造場で、明治36年に完成したレンガ造りの建物は、国の重要文化財に指定されています。

広い敷地の中には、和食、洋食、フレンチ、バーベキューガーデン、カフェ、ワインショップなどが点在しています。

神谷傳兵衛記念館は、地下と1階は貯蔵庫、2階は創業の歴史を今に伝えるべく、様々な資料が展示してありました。

シャトーカミヤ2

1階には身長よりはるかに高い、ホワイトオークの大樽が並んでいました。

シャトーカミヤ9

真っ暗でひんやりとした地下の樽はカビで覆われていて、静かにワインが眠っています。

シャトーカミヤ3

シャトーカミヤ12

シャトーカミヤ11

浅草の神谷バーの電気ブランは、神谷傳兵衛さんが作ったんですね。

シャトーカミヤ10


常陸牛フェア開催中のようで、比較的リーズナブルなビアレストラン、「ラテラス・ドゥオエノン」で食べました。

シャトーカミヤ8

常陸牛100%のハンバーグセット、2000円。

前菜は、ヤリイカのエリンギ詰め
シャトーカミヤ5

ソースは3種類から、和風を選びました。
シャトーカミヤ6

スペシャルランチ、1200円。

カジキマグロの前菜に
シャトーカミヤ4

豚ばら肉の黒酢煮込み
シャトーカミヤ7

美味しくて店内の雰囲気も良いのですが、我が家から遠いのが残念です。

ゆっくり食事を楽しんでから、次の目的地「関東の駅100撰」に向かいました。
  
31箇所目は常磐線の「ひたち野うしく駅」です。
選定理由は、「安全・環境を考慮した21世紀にふさわしいゆとりある駅」とのことです。

ひたちのうしく駅1

確かに体育館のように大きくて広々とした駅で、エスカレーターやエレベーターも完備でした。

ひたちのうしく駅2

近代的な駅の階段下になぜか、のんびりとした銅像「働き者の下根村の八兵衛さん」が・・・。いったいどんな意味があるのでしょうか?

ひたちのうしく駅3

帰り道に、最近話題になった阿見アウトレットがあったので、寄り道してみました。
高速のインターからすぐ来れるとの事で、もちろん駐車場はいっぱいですが、駐輪場はガラガラでした。
自転車だから買い物は出来ないし、人出は物凄いし、チラッと雰囲気を見てすぐに終わる予定が・・・。

あみ1

あろう事かトッシー、半額スーツがお気に召してしまいました。
サイクルジャージの上からスーツの試着って、相当間抜けな感じです。
早くしてよ~と思いながら辛抱強く待っていると、散々迷った末に結局買って、送ってもらう事になりました。
待ちくたびれました・・・。普通、こういう所のお買い物って、女性が夢中で買い捲り、男性は疲れ顔で待ちぼうけ・・・という光景を良く目にしますが、この日の我が家は反対でしたね。

あみ2

すっかり時間がかかってしまい、つるべ落としの秋の夕暮れが気になりますが、ここまで来てあちらに佇む大仏様を素通りするわけにも行かず、ナビに頼って、山道を抜け行ってみました。

近づくにつれてその大きさには驚くばかりです。
なんと奈良の大仏様が手のひらに乗ってしまう、高さ120メートル、ギネス認定、世界一の大きさだそうです。

牛久大仏

牛久大仏2

エレベーターで上まで上れるそうですが、時間が無いので諦めました。

暗くなっても良いようにライトをつけて、帰り道を急ぎます。
あっという間に暗くなってしまい、国道沿いは走りやすいので何とかなりましたが、夜道に慣れていないので緊張して走り続け、手賀沼に戻った時は前日のヘトヘトを越えてクタクタのボロボロでした・・・。
次の日起きてみると、肩に力が入っていたのか、かつて無い筋肉痛でしたとさ・・・

今日の教訓、 気をつけよう、アウトレットと暗い道 

   本日の走行距離、80km


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

スポンサーサイト

カッパと大仏様に会いに行くポタ 前編

三郷でヘトヘトになった翌日、21日(月)敬老の日。

”老”繋がりで千葉の養老渓谷でも走ろうかと一瞬思ったのですが、最近、体調がイマイチなので山坂を走る元気が出ず、道路も渋滞しなさそうで平坦で比較的道も良い、茨城方面に行く事にしました。

久しぶりの手賀沼です。道の駅では蕎麦の花が満開でした。

蕎麦の花

気候も良くなり、手賀沼のサイクリングロードは沢山の自転車乗りさんが集まっていました。
トレーニング中なのかスピードを上げて走り抜ける人、のんびりお散歩のママチャリさん、ツーリングに行くグループの人たち・・・。どこ行くのかな~。

手賀沼10

いつの間にかハスも終わってしまい、葉っぱが黄色くなり始め、湖畔はススキがそよぎ始め秋の装いです。
刈り入れの終わった畑を見ながら、手賀川沿いを利根川に向かいます。

手賀沼11

川をそれて、布佐の町に入るとお祭に出会いました。

竹内神社

町を抜けて、再び川沿いの小貝川自転車道に入ります。

小貝川2

何度目かの小貝川ですが、ここはいつ来てものんびりとしていて大好きな道の一つです。

小貝川1

気持ちの良い小貝川沿いをどこまでも走っていきたい気分でしたが、佐貫から牛久沼に向かいました。街道沿いには、沢山の鰻やさんが軒を連ねていて、この辺りがうな丼発祥の地だそうです。

牛久沼1

河童と言えば、岩手県の遠野が浮かびますが、ここ牛久にも沢山の河童の伝説が残っているそうです。
道のあちらこちらで目に付く、河童の矢印に案内されて進んでみました。

牛久沼6

「雲魚亭」とは、日本画家の小川芋銭(うせん)が晩年に建てたアトリエだそうです。
綺麗に手入れをされたお庭の中に、こじんまりとした静かな記念館がありました。

牛久沼5

牛久沼に残る様々な河童の伝説を生き生きと描いた「河童百図」は、多くの人に愛された作品のようです。
芋銭は、画のほかにも書や俳句にも通じていたので、絵をかく芭蕉とも称されたそうです。

竹林の遊歩道の先に、芋銭の書いた河童の石碑がありました。

牛久沼3

体育座りの背中に、哀愁漂う河童さんですね。

牛久沼4

河童に別れを告げて、日本初のワイン醸造所を目指します。

牛久沼2

・・・続く・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

デコリカで笑い、流山で食べて、三郷でヘトヘトポタ 後編

割烹料亭と聞いても敷居が高く縁の無い世界と思っていましたが、観光案内にはランチなら1000円程度のメニューが個室で食べられると書いてありました。

大正13年創業の『柳家』さんです。

柳家1

駐車場は裏にあったのですが、人目のない場所で心配なので、どこか他に置くところがないか聞いてみると・・・

柳家4

なんと、快く玄関の中に置かせていただけました。感謝です。

歴史を感じさせる磨きこまれた廊下や階段を通り、お二階の個室に通されました。
豪華ではありませんが、昔ながらの風情漂うお部屋です。

柳家5

メニューを見ると・・・残念ながら土、日はランチはやってないそうで、うな重(2100円)を頼みました。
ずいぶん待たされましたが、きっと丁寧に作っていてくれるんだな~と期待しつつ、個室でくつろぎながらのんびりと待ちました。

上品な味付けでお漬物も美味しくて、さすが料亭のうなぎは一味違いますね。

柳家3

お庭も趣きがありました。

柳家6

女将さんは気さくでとても良い感じの方で、ご主人も時々、江戸サイを関宿まで走るのだそうです。
そんな話をしていたら、調理場から顔を出された若旦那がご主人でした。
気取りの無い暖かな雰囲気の料亭でした。

ここから、少し前にオープンしてその大きさが話題になった越谷のイオンレイクタウンへ向かいました。

途中から道路は渋滞中で、やっぱりシルバーウィークは大変ね~なんて呑気に走っていたら、渋滞の先に何やら見えてきました。

話題の三郷のイケア、ララポート、コストコですが、3店舗並んでいるとは知りませんでした。千葉にも我が家からもいける範囲に全部ありますが、ばらばらにあるので、並んでいるとなかなか壮観な眺めですね。

イケア

ららぽ

コストコ

ずらっと並ぶ車を眺めながら、日本はやっぱり車社会なんだな~と感心しながら通り抜け、暫く走るとまたもや車列が目に入ってきました。

今度は何だろう?と思ったら、イオンレイクタウンへの渋滞でした。みんな、お買い物好きなんですね。
大きい大きいとは聞いていましたが、確かに巨大です。我が家の近くのイオンとはけた違いです。

駐車場8200台、駐輪場6200台だそうで、駐車場は、土、日、祝日は無料だそうです。凄い太っ腹なイオンですね。その、あまりの巨大さに見ただけでお腹いっぱいの状態になってしまい、ワイズロードだけチラッと眺めておしまいにしました。

レイクタウン

ここから、江戸サイ横の水元公園目指して戻ったのですが、今までの道と違って、とにかく狭くて走りにくい・・・。
交通量も多く、道路の端の舗装状態もきわめて悪く、溝に引っかからないように緊張して走っているうちに気持ちが悪くなって来ました。
もう2度とこの辺りには来ないよ~と涙目で誓いつつ走ったのですが、途中すれ違いの出来ない道で、ママチャリさんに道を譲っていただき、とってもうれしかったです。
あの時のおじいさん、有難うございます。(ペコリ)

そんな状態だったので、水元公園に着いたときはもうヘトヘトでした。

水元公園13

夕方で風も出てきて、ポプラ並木がザワザワと音を立てています。
いつになく人の多い水元公園でしたが、皆さん、帰り支度を始めていました。
本当は、公園でゆっくりしたかったのですが、時間も遅く寒くなってきたので少しだけ休憩して江戸サイに戻りました。

水元公園14

朝、デコリカに出会った、お気に入りポイント柴又公園でまたもや一休み。
久しぶりのロードで、一般道を走ったので距離の割にはヘトヘトポタでした。
後で気がついたら、レイクタウンにあったもう1店舗の自転車ショップ、サイクリーに寄るのを忘れていました。また、行かなくちゃね。


   本日の走行距離 54km


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

デコリカで笑い、流山で食べて、三郷でヘトヘトポタ 前編

シルバーウイークは、概ねお天気にも恵まれポタ日和でしたが、渋滞が予測されたので遠出は避けて、しかも最近疲れ気味なので、山坂の無いところ・・・という事で久しぶりに江戸サイをのんびり走ってみようという事になりました。

20日(日)、いつものように小岩の菖蒲園横の駐車場に着くと、既に車も人も多く活気があります。

そういえば、ロードは久しぶり。クリートをマルチに交換してから実際に走るのは初めてです。
乗り方忘れたな~なんて思いながら、江戸サイを走り出してクリートをカチャカチャ試していると、
あれ?サイコンが動いてない?
停まってみてみると、丸い磁石のクリップが付いていません。そういえば走り初めに変な音がしていたな・・・と戻って探してみると・・・落ちてました。良かった~。

仕切りなおしで、再度広々とした江戸サイを走りはじめます。
沢山のランナー、ウォーキング、犬の散歩、サイクリング・・・と今日も江戸サイはみんなの人気者。

江戸サイ3

程なくいつもの休憩ポイント、寅さん公園に近づくと、何やら視界に飛び込んできたオレンジの物体・・・。

わ~、楽しそう。
思わず、「写真を撮らせてください」と声をかけると、楽しい名刺を下さいました。

デコリカ1

デコリカ3

裏にもこんな楽しそうな2ショット。 

デコリカ4

私は初めて知ったのですが、どうやらmomoさんは有名人のようです。
2人乗りのリカンベントについて、少しお話を聞かせていただきました。
最近は、目の不自由な人を乗せて喜ばれたそうです。
何か、自転車界のパッチアダムスのような方ですね。
間違いなく、出会う人みんなに笑顔を届けている方です。私も元気を戴きました。
また、どこかでお会いできますように。

デコリカ2

ここから、江戸サイで流山を目指しました。

江戸サイ4

サイクリングロードを外れて橋を渡ろうとすると、ほんの少しの距離、砂利道がありました。
充分、減速して注意深く走ったのに、アッと思ったとたん、気がついたら思いっきり転んでいました・・・。夫は普通に走れてたから、タイヤの細さのせいなのかな?
マルチクリートが簡単に外れる事は証明されたけど、砂利道怖い~。

元気を出して目的地の駅に向かいましょう。

関東の駅100選、31箇所目。

総武流山電鉄「流山駅」
選定理由は、「都市近郊にありながらローカル色のある駅」との事ですが・・・

納得の雰囲気です。 

流山駅1

スイカの使えない素朴な無人改札口。
  
流山駅2

何も無い駅前広場で、こんな看板を見つけました。

流山駅3

へ~、知らなかったな。面白そうだから、回ってみましょうか。
その前に珈琲屋OBで、ちょっと休憩。

OB4

ちょっとと言っても、この大きさです。
金魚鉢のようなアイスティーは、ボトルに入れてもまだ半分以上、残っていました。

OB2

先ほどの看板を頼りに町を走ってみました。

常与寺。千葉師範学校(千葉大学の前身)発祥の地との事で石碑がありました。

流山2

老舗の呉服店「新川屋」さん。
明治23年建築の土蔵造りは、国の登録有形文化財なので保存工事をしたそうです。

流山1

流山新撰組本陣跡。
近藤勇はここで土方歳三と別れて出頭したので、ここが2人の永遠の別れの地となったようです。

流山3

ここは新撰組関係のお土産なども売っていて、誠の染め抜きのハッピを着た人に観光案内をもらいました。
それを見ていたら、美味しそうなお店を発見。早速、食べに行ってみる事にしました。

流山4

   ・・・続く・・・ 

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

SEPTEMBER

シルバーウィークも今日で終わりですね。
5連休のうち、自転車に乗れたのは2日だけでした。
今日は父のお墓参りで、これから都内まで行きます。


9月うまれのせいか、セプテンバーの文字が気になります。
セプテンバーを使った歌は沢山ありますが、一番好きなのは竹内まりやさんの『SEPTEMBER』です。
少し鼻にかかった甘い伸びやかな声で、素敵な歌を沢山歌っていますね。
美しく年を重ねていて、お手本にしたい先輩マダムの一人です。


めっきり涼しくなって、朝、散歩に出ると薄着を後悔したりするほどひんやりしています。

遊歩道の桜並木も落ち葉が目立つようになりました。
遊歩道に舞い散る葉っぱを見ていると、何となく感傷的な気分になります。


のんびり歩いていると、若いお父さんが幼稚園位の女の子を肩車しながらランニングしていました。
女の子は大はしゃぎで、我が家のワンコ達に手を振っています。

子供の頃、仰向けに寝転んだ父の両手両足に乗せられて飛行機遊びをしてもらった記憶がよみがえりました。うれしくて、楽しくて、何度もせがんだものです。ほんのささやかな事ですが、父との楽しい思い出の一つです。
我が家の娘たちと言えば、ずいぶんいろんな所に連れて行ったのに、何も覚えていないとそっけなく言われます。いつか、ささやかな父との思い出を思い返してくれる時が来るのでしょうか。
幸せな家族の時間は短く、その時はそのありがたさに気付かなかったりするものです。

桜の葉っぱに手を伸ばし笑うその姿はどこまでも無邪気で、せいたかのっぽの若いお父さんの後姿を見送りながら、あの女の子がこの日の事をずっと覚えていてくれると良いな~と思いました。

こんなおセンチな気分になるのもセプテンバーのおかげかな。
車から江戸サイを眺めつつ、お墓参りに行ってきま~す。

去年のお墓の横の彼岸花。

東覚寺


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

港のダホン久里浜、横須賀~♪ポタ その4

横須賀と言えば、ヨコスカネイビーバーガーか海軍カレーのようです。

ドブ板1

ドブ板6

どちらにしようか悩みましたが、何となくカレーの気分だったので、「よこすか海軍カレー館」に行ってみました。ドアを開けると・・・船内の雰囲気満点です。

海軍カレー1

海軍カレー2

イギリス海軍をお手本としてカレーを取り入れ、日本人好みに作り変え、今や国民食とも言えるカレーですが、海上自衛隊では長い航海中、曜日の感覚が麻痺しないように、毎週金曜日のお昼に一斉にカレーを食べる事は有名ですね。

海軍さんの鉄板カレー、1260円。1日限定10食・・・運よく10人目に滑り込めました。
海自の実際のメニューそっくりだそうです。お味は、甘めでカレーシチューのような感じです。

海軍カレー4

ニューよこすか海軍カレー、850円
素朴で、甘めで誰もが食べられるお味です。

海軍カレー3

ご馳走様の後は、ドブ板通りをぶらぶらしてみました。
戦後、ドブ川に鉄板で蓋をして米兵のためのお土産や飲食店が軒を連ねた名残で、今は綺麗な石畳ですが、独特な雰囲気の通りになっています。

ドブ板4

派手な模様や刺繍で有名になったスカジャン(ヨコスカジャンパー)

ドブ板3

ミリタリーっぽい、古着屋さん。

ドブ板7

肖像画を描いてくれるお店が何軒かありました。

dobuita.jpg

ハンバーガーは、お店によって味が違うそうです。

ドブ板8

ドブ板2

外人向けのバーやレストランも多く、当たり前な感じに外人さんが歩いているのが見慣れないので、ドキドキしてしまいます。

道を歩いていると、塀に囲まれた立ち入り禁止地区がありますが、あちら側はアメリカなのですね。

米軍基地1

米軍基地2

軍艦めぐりのクルージング船に乗ると、米軍施設と海自の施設が見られるとの事で乗りたかったのですが、残念ながら運行時刻が終わっていました。

潜水艦発見!

米軍基地3

「横須賀駅」も関東の駅100選に選ばれています。

横須賀駅1

戦前に物資の積み下ろしが楽なようにと考慮して造られた、全国的にも珍しい階段のない造りになっていて、人に優しい駅として選ばれたそうです。

横須賀駅3

海軍カレーマスコット、「スカレーちゃん」もお出迎え。

横須賀駅2

4時55分発のフェリーで帰宅。帰りのフェリーの方がちょっと豪華でした。

フェリー13

横切る船を眺めているとあっという間に千葉に到着~。

コンテナ船

LNG船

ノコギリ山さん、ただいま。ちょうど綺麗な夕日が見られました。

夕日

   本日の走行距離 40km

本日のお土産色々。

横須賀お土産1

横須賀お土産2

横須賀お土産3

横須賀お土産4


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

港のダホン久里浜、横須賀~♪ポタ その3

観音崎灯台3

観音崎灯台は、明治2年完成の日本で最初の洋式灯台だそうです。
灯台って大体高いところにあるよな~と思いながら海沿いの道を走ると、歩道に並ぶ可愛い灯台達。

途中から、自然公園の中の静かな道に入ると、ひっそりと砲台跡がありました。

観音崎灯台1

滑りやすい坂道なので自転車を押しながら上っていくと、細い切通しの向こうに、灯台が現れました。

観音崎灯台2

S字にカーブしている上に交通量が多い海上交通の難所、浦賀水道は沢山の船が行きかっています。

観音崎灯台4

灯台を後にして走り始めると、気持ちの良さそうな横須賀美術館と素敵なレストランが見えました。
気になるけど残念ながらまだお腹が空いてないので、通り過ぎます。いつか来たいな~。

横須賀美術館

ここまでも若干の山坂はありましたが、ここから横須賀に向かう走水の辺りの坂はシンドイ~。

水道局があって、古いレンガ積みの水道設備が目を楽しませてくれるので気を紛らわしながら走っていると、いきなり海沿いの綺麗な道に出ました。

気持ちよく海沿いを走れるかと思いきや、自転車は走行禁止でした・・・。残念。
高潮対策のための海域環境に優しい護岸工事との事です。

うみかぜの路1

歩道も整備されていて走りやすいので快適に走りぬけ、この日1番の目的と言っても良い「三笠公園」に向かいました。

うみかぜの路2

世界三大記念艦の一つ『三笠』と東郷平八郎の像。
夫はとても楽しみにして来たようで、普段は入場料を払うのを嫌がる方なのですが、一人500円を払い意気揚々とこの動かない船に乗り込みました。

三笠1

【記念艦三笠の由来】
「三笠」は日露戦争中、東郷平八郎大将が指揮した連合艦隊の旗艦であり、明治38年5月27日の日本海海戦において、ロシアのバルチック艦隊38隻を撃滅する功績をたてて日本の独立と安全を確保し、その後日本が繁栄する基礎を作った記念すべき戦艦です。
【観覧権の裏書より引用】

三笠2

艦内には様々な展示物や、乗組員の部屋などが残されてなかなか楽しく見学できます。
上官の命令で大砲に弾を入れるリアルなお人形たち。当時はこの部屋でハンモックで寝起きしていたそうです。

三笠3

夫は仕事柄、鉄板の厚さや溶接方法や、一般の人が気にもしないような部分にいちいち感動していましたが、私が気に入ったのは、クラッシックホテルのような素敵なバスルーム。

三笠4

三笠6

三笠5

ビデオを見たり音声ガイダンスを聞いたり、いつに無くゆっくり見学しました。気が着いたら、とってもお腹が空きました。何食べる~?

・・・続く・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。



港のダホン久里浜、横須賀~♪ポタ その2

「太平(泰平)の眠りを覚ます蒸気船(上喜撰)、たった四はいで夜も眠れず」

江戸時代、浦賀沖に忽然と現れたペリー率いる黒船四隻に、当時の人たちは大騒ぎだったでしょうね。あの、坂本竜馬や幕末の武士達も江戸から見に来たそうです。

ペリー3

久里浜港からすぐ近くに、意外にこじんまりとしたペリー公園がありました。
記念館は無料なので入ってみると、ペリー来航時の資料や模型などが展示してありました。

ペリー2

ペリーご一行様、上陸の図。

ペリー6

記念碑の文字は伊藤博文の直筆だそうです。

ペリー5

公園でコンビニ朝ごはん。
江戸時代の忍びが、こんな美味しいものを食べていたとは思えませんが(笑)

おにぎり1

おにぎり2

つい入ってみたくなるネーミングの食堂。

ペリー4

浦賀に向かい坂道を上がっていくと、素敵なマリーナの奥に、忘れ去られたようにひっそりとレトロなレンガ積みのドックがありました。

浦賀マリーナ

れんがドック

海沿いに進むと、太平洋戦争の引き上げに使われた陸軍桟橋の向こうに「浦賀の渡し」がありました。全国でも珍しい水上の市道だそうです。

浦賀の渡し4

面白いシステムですね。

浦賀の渡し2

注意書きがあって、桟橋の定員は3人だそうです。
立派な御座舟には自転車も乗っていて、市民の足となっているのが伺えます。

浦賀の渡し5

何となく賑やかだと思ったら、この日は近くの西叶神社のお祭でした。
あちらこちらから太鼓の音や掛け声と共にお神輿や山車を引く姿が見られ、出店がぎっしりと並び、朝から町中が華やいでいます。
歴史の浅い新興住宅地に住んでいるので、こんなお祭の様子を見る度いつもその町の人たちが羨ましくなります。

西叶神社4

西叶神社3

西叶神社2

立派な彫刻が目立ちますが、ゆっくり見られる雰囲気ではありませんでした。
源氏の再興を祈願して建てられ、平家が滅亡して願いが叶った事から叶神社という名前をもらったそうです。

西叶神社1
 
海を挟んで向かい側の、東叶神社にもお参りをすると願いが叶うそうなので、色々と一生懸命お願いしてきました。勝海舟ゆかりの場所のようですが、西叶神社に比べると静かな雰囲気でした。

東叶神社1

東叶神社3

東叶神社2

お祭でにぎわう道沿いに、どこまでも長い塀が続いています。
平成15年に閉鎖されてしまった浦賀ドック跡地です。
軍艦から青函連絡船、日本丸、大型タンカーなど1000隻もの艦船を造り続けてきたドックですが、今は高いレンガ塀越に、明治時代に造られたドライドックが見えるだけです。

かつては造船の町として賑わっていたのでしょうに、残念な眺めです。

浦賀ドック
 
周りをぐるぐる走ってみましたが、中は見られないようなのであきらめて灯台に向かう事にしました。

   ・・・続く・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。



珈琲の美味しい季節です

爽やかなお天気に誘われて、久しぶりにクロスバイクのコルナゴ風ちゃんとお出かけしてきました。

久しぶりだけど、とっても快適。

コルナゴ1

一つ用事を済ませてから、美味しいコーヒー豆を買いに、普段は車で通る山の中の新しく出来た道を初めて自転車で走りました。
交通量も少なく気持ちよく走れると思ったのですが、その道は不法投棄の連続でした。

コルナゴ2

秋の初めの澄んだ空気は気持ちが良いのに、悲しい気持ちになりました・・・。



地元で人気のさかもとこーひーさん。お店に入ると、すぐに試飲の珈琲を入れてくれます。
今回はお勧めの2種類を買ってみました。
暖かな珈琲の美味しい季節ですね。

さかもとこーひー

走りやすい季節になりました。
マドンナが来て、コルナゴふうちゃんの出番が減りそうなので、ご近所一人ポタのお供に、どんどん出かけたいと思います。

本日の走行距離 8km


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

港のダホン久里浜、横須賀~♪ポタ

「あんた、あの子のなんなのさ・・・」私の横須賀のイメージです。

ご存知ない方もいるかもしれませんが、宇崎竜童さんの歌の名台詞です。
何か、うぶなネンネはお断り的な、大人の雰囲気漂う異国ちっくなイメージの町でした。

先週の神奈川上陸にすっかり気をよくした夫は、2週続けての神奈川ポタを提案してきました。

土日は娘を早朝に陸上競技場に送り届ける・・・という使命があったので、そのまま出かければ我が家的には早い出発が可能でした。

9月13日(日)、天気予報は晴れとの事だったので、以前から夫が行きたがっていた横須賀に行く事になりました。
今回はアクアラインではなく、金谷から東京湾フェリーで神奈川上陸を試みる事になりました。

フェリー9

金谷⇔久里浜間は約40分のミニ船旅で、運賃は往復割引で1280円。自転車は往復600円でした。
神奈川から千葉を走りに来ている、ばっちり決めたローディーさんとご挨拶。
こちらは普段着+ダホンでのんびりモードですが、お互い1日楽しみましょうね~。

フェリー1

8時35分発、しらはま丸。
車と同じ乗船口から誘導されて乗り込みます。車5,6台、自転車4台でお客さんも少なめで、アクアラインも安くなったし、今後の営業が心配になってしまう感じです・・・。

係員の人が、ちゃんと一人前に駐輪してくれました。

フェリー2

雲は多めですが、遠く富士山のシルエットも見えます。
結構波が荒く、時々足がふらつくほど揺れる事もありましたが、海の上からの眺めは何とも開放感があって気分が晴れますね。

フェリー10

フェリー11

沢山のカモメ達がカッパえびせんを食べに飛んできては、器用に食べてましたが、間近で見られるカモメの様子は迫力満点でした。

フェリー3

下に漁場があるのか沢山の小船が浮かんでいます。

フェリー6

反対向きのフェリーとすれ違いましたが、あちらの方が人が多いような感じです。

フェリー4

景色を楽しんでいるうちにあっと今に時間が過ぎ、朝ごはんを食べ損ねてしまいました。

フェリー12

フェリー5

9時15分頃、久里浜に到着です。

フェリー7

フェリー8

さあ、まずは、太平の眠りを覚ましたあの方を訪ねましょう。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

モモとのんびり横浜ポタ・その3

赤レンガパークから大桟橋埠頭に向かう間も、ひっきりなしにヘリコプターの飛び交う姿が目に付きます。いったい何だろうと思いながら近づいてみると、大桟橋付近は何となく物々しい警備に囲まれていました。自転車を駐輪して、デッキを歩いていくと鈴なりの人たちの向こうに大きな船が見えてきました。

大桟橋5

ヘリコプター搭載護衛艦の「ひゅうが」です。

大桟橋2

首都圏直下型地震を想定して、防災訓練が行われていたようです。
ひっきりなしに飛び立つヘリコプターの姿は、普段はあまり見られない光景なのか沢山の人たちが立派な望遠を構えて撮影していました。

大桟橋3

間近で護衛艦を見られて満足したので、海を眺めながらのレストランの食事を楽しみに行ってみたのですが、貸切だったのか残念ながら入れませんでした。

大桟橋7

お昼を過ぎお腹はぺこぺこで、期待していたレストランにも入れずご機嫌斜めのまま、とりあえず山下公園方面に向かいました。

中華街は込んでいるし、目的地の近くで目に付いたレストランに入ってみました。

ホフブロウ1

半分がパブになっているドイツ風の洋食屋さんのようです。

ホフブロウ4

窓越しに自転車が見えて安心です。

ホフブロウ5

夫は大好きなカツカレー。

ホフブロウ2

私は横浜開化ステーキ丼にしてみました。柔らかくって美味しかったです。

ホフブロウ3

このレストランの並びに、今回のお目当ての「グリーンスタイル」がありました。

グリーンサイクル

すっきりとしたショールームの中には、カラフルなミニベロや丸くて可愛いシクロバッグや、お洒落なバッグが沢山並んでいます。明るく女性も気軽に入れる感じの店構えです。

気に入ったバッグやお洒落なサスペンダーがあったのですが、ちょっとお値段的に購入できませんでした。

ブロンプトンが無いので聞いてみると、少し離れた所にもう1軒「グリーンサイクル」がありましたが、こちらはどちらかと言えば男性的なお店でした。2階にあるのでちょっと入りにくい感じです。

お約束の山下公園を走って、

氷川丸

いつも大賑わいの中華街を横目で見つつ、

中華街

元町や横浜スタジアムの辺りをふらふら。この日は横浜レゲエ祭をやっていたようです。
通り沿いのカフェで一休み。

コーヒー

伊勢崎町を通り、ワイズロードもちょっと覗いてみました。
3階建てで、まぁまぁの品揃えでした。

ワイズ

何となく駆け足で行きそびれた所も沢山あるのですが、横浜の雰囲気は楽しめたので、またゆっくり出直したいと思います。

   本日の走行距離 20km

横浜


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

モモとのんびり横浜ポタ・その2

ポタの途中でその存在を知ってから、少しずつ寄り道をするようになった『関東の駅100選』ですが、神奈川には25箇所もあります。

記念すべき神奈川県1箇所目の駅は・・・

神奈川駅1

京急「神奈川駅」です。
東海道五十三次の日本橋から3番目が神奈川宿で、現在の県名の由来になった場所だそうです。

神奈川駅3

「神奈川宿歴史の道」街づくりの一環として、昔の宿場を模した洒落た形に作られています。

神奈川駅2

国道1号線を走るとすぐお隣の「横浜駅」は、28/100駅です。

横浜駅1

6路線が乗り入れる横浜の玄関口となる駅です。
広すぎて人も多いので、どこを見て良いのか戸惑いました。横浜の雰囲気を伝える大きな壁画がありました。

横浜駅2

横浜駅3

横浜駅を背に海の方に向かうと、建設中のビルやタワーが立ち並びまた新しい町が造られています。みなとみらいはまだまだ大きくなるのですね。

みなとみらい1

臨海パークから海沿いを、インターコンチネンタルホテル方面に向かいました。

みなとみらい2

みなとみらい3

シーバスが行きかう中、ヨットの競技なども行われていて横浜の海は本当に船が似合います。

みなとみらい4

みなとみらい5

横浜の新しい名所としてすっかりお馴染みになった赤レンガ地区も、開港150記念のイベントや新しい建物が色々と増えていました。

みなとみらい6

赤レンガ2

赤レンガ1

ロマネスク様式を取り入れた優美な姿の横浜税関。

税関1


海上保安庁の資料館に寄ってみました。
中には、北朝鮮の工作船や回収物などが展示してあります。
 
海上保安庁最大の大きさを誇る巡視船「しきしま」

しきしま1

巡視船の並ぶ中、後方に見えるのは消防船の「ひりゅう」でしょうか。
カッコイイ海猿たちの姿が見えないのが残念です。

巡視船

そろそろお腹がぺこぺこなのですが、先ほどからひっきりなしに響き渡るヘリコプターの発着の音と、大桟橋の向こうに見える大きな船影がとっても気になるので、見に行ってみる事にしました。

大桟橋

・・・続く・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

モモとのんびり横浜ポタ

9/5(土)は、秋晴れのポタ日和でした。
前日の帰宅も遅く1週間の疲れでゆっくり起きてきた夫と、どこに行こうか考えた所、既に10時だというのに、なぜか『気分は横浜』という事になりました。

初の神奈川ポタですが、時間的にも気分的にものんびりしたかったし、横浜に行くのなら行ってみたいお店もあったので、モモダホンでゆっくり走ろうということになりました。

元気もりもりモリケン知事のおかげで、800円に値下げされたアクアラインでいざ横浜へ出発~!

館山自動車道でアクアラインに向かったのですが、行きなれないルートだったので、行き過ぎてしまい降りて乗りなおすというミニアクシデント付きとなりました。

行きの車中で横浜の予習をしようと思っていたのですが、アクアラインからの眺めを楽しんでいるうちにあっという間に海ほたるです。

道はガラガラで快適ドライブです。

アクアライン1

青い空の元、かもめのような外灯が気持ちよく並んでいます。

アクアライン2

海の上に白い要塞のような海ほたるが見えてきました。
先を急いでいしたが、せっかくなので、ちょっと寄り道してみました。

アクアライン3

海ほたるは5階建て構造になっています。
美味しそうなレストランやお土産屋さんの他にもさまざまな施設がありますが、展望デッキに向かいました。

アクアライン4

景色を楽しむ沢山の観光客でにぎわっています。

アクアライン5

アクアライン7

あちらこちらに沢山のオブジェがありましたが、海をバックに立っている船の帆のような大きなモニュメントは、実際に海底トンネルの掘削に使用した14.14メートルの実物大のカッターだそうです。

アクアライン6

東京湾を挟んで向こう側で横浜が待っています。急いで向かいましょう。

アクアライン8


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


7、8月のポタ記録

7,8月のポタ記録です。

7/11(土)  マドンナ初の長距離荒サイポタ (マドン+ランブレット)  122,8km
7/12(日)  九十九里潮風ポタ (ブロンプトン+ダホン)  18km
7/19(日)  桐生、足利町並みポタ (コルナゴ+アンカー)  83,8km
7/20(月)  電車レストランポタ (マドン+ランブレット)  37,8km
7/26(日)  古河町並みポタ (マドン+ランブレット)  37km

***合計
    299,4km+ビアンキ少々

7月の美味しい1軒は、乗馬倶楽部の中の電車レストラン『k’zDainer』さんです。
緑に囲まれて、癒されました。いつかは、乗馬体験もしてみたい~。


7月のお土産No.1は、九十九里ハーブガーデンのケーキです。
甘さ控えめ、フルーツたっぷりで美味しかったです。


8/6(木)  那須別荘地朝錬ポタ (ブロンプトン+ダホン)  8km
8/8(土)  ハム焼き笠間焼きポタ (ダホンペア)  8km
8/9 (日)  九十九里お疲れサマーポタ (マドン+ランブレット)  82km
8/16(日)  お台場、若洲ポタ (マドン+ランブレット)  40km

***合計
    138km+ビアンキ少々

8月の美味しい1軒は、何といっても五浦ハムのハム焼きですね~。
2週に渡り食べましたが、燻製の加減で味に違いが出るようです。また、食べたいな。


8月のお土産は、那須のラスク『こげパンだ』です。
ころころとした食べやすい大きさ、カリカリとした食感、癖になりそうです。

今年の夏は去年に比べると、猛暑日こそなかったけれど、天候不順に悩まされました。
お天気と用事のある日の兼ね合いで、特に8月は思うように走れませんでした。
これから過ごしやすい季節なので、また色々と食べたい・・・走りたいです。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。