スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャプテンズクックを探せ!ポタ

前日の興奮覚めやらぬ21日(日)は、細々とした用事があったのですが、せっかく晴れているので外出のついでに少しだけでも走ろうと、ダホンブロンプトンを積んで出かけました。

稲毛の浜沿いの道は、日曜日は路駐OKなので車を置いて出発です。

千葉市の地味目なヨットハーバーも、遠くから見るとなかなか素敵に見えます。

キャプテンズクック1

ここの3階のレストランも美味しいのですが、今日は行ってみたいお店があるので花見川のサイクリングロードに向かいました。

キャプテンズクック2

お天気が良いので、沢山の人が自転車やマラソンを楽しんでいます。
オッシャレ~なモールトンに抜かれて、一生懸命追いかけたのですが、なかなか着いて行けませんでした。
恐るべし、シルキーライド。

途中から花サイをそれて、今日の目的地イタリアンレストラン「キャプテンズクック」に向かいました。
住所は分かるし、困った時の強い道案内SONYのnavーuもあるので簡単に着くかと思いきや、なかなか行きつかず陸橋を渡ったり、戻ったりして汗だくになりながらやっと到着~。

お店は2階で、見上げると海賊がお出迎えしてくれて楽しい雰囲気です。
キャプテンズクック11

壁一面に海賊が描かれている店内は、陽気で気さくなイタリア食堂といった感じで、カップルから家族連れまで沢山のお客さんで賑わっていました。

キャプテンズクック4

魚介のカリブサラダ。大きなボトルで運ばれてくるドレッシングが、美味しかったです。

キャプテンズクック5

本日のパスタランチ。アスパラとジャガイモのミートソースと、サラダ、ガーリックトースト、ドリンクで1580円。
キャプテンズクック7

骨付きポークのスモークグリル。1580円。
キャプテンズクック6

どちらも美味しかったのですが、注文してから見渡すとどのテーブルでもみんな同じスープパスタを頼んでいました。どうやら、それがこのお店の看板メニューのようでした。しまった~、また来よう~

幕張を通って海岸まで戻ってきてから、花の美術館に行ってみました。
中には入らなかったのですが、前の広場は、菜の花や一足早い春の花がいっぱいです。

キャプテンズクック9

キャプテンズクック14

キャプテンズクック10

前日の軽い筋肉痛を感じつつ、春の訪れを予感させる潮風の中、のんびりとしたお散歩ポタでした。

キャプテンズクック8

   本日の走行距離 20.37km


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

スポンサーサイト

ハルとナツが冬を走る♪

天候不順で寒い2月でしたが、先週末はお天気に恵まれましたね。

「ブログで知り合った友人と実際に会ってみる!」という第一段階を経て、今回はついに「ブロ友と一緒に走ってみる!」という初体験をしてきました

ナツさんご夫婦は水戸からはるばる来てくれるので、集合場所は、分かりやすさ重視で蓮沼海浜公園にしました。
ツールドちばのゴール地点も、冬場はフェニックスが霜よけのワラをかぶってすっきりとした冬らしい景色です。
蓮沼海浜公園

10時集合予定でしたが、少し遅れたので走り始めたのは11時少し前でしょうか。ナツさんのご主人は、なんとビデオ持参ですよ~。私たち2人にとっては初めてのグループ走、ドキドキワクワクの出発です。

何度か来たことのある見覚えのある道も、おしゃべりできる仲間がいると何だかとっても新鮮です。私たち夫婦、普段無口な関係なもので・・・。片貝海岸に向かって走っていると、ナツさんのご主人が懐かしい発見。子供のころに海水浴で遊びに来て、泊まった旅館が見つかったそうです。凄い記憶力ですね~。

ご主人、懐かしの旅館を撮影中。
ハルナツ1

さすが九十九里はイワシの町、時々道にイワシが落ちていて、あちらこちらからイワシを加工する匂いが漂ってきます。そんな中、わき目もふらず一心に走り続けるトッシー。う~ん、明らかにいつもとは違う頑張り屋さんの走りです。私も遅れてなるものかと頑張ってついていきますが、後ろのお二人は多分、余裕なんでしょうね~。

片貝海岸で少し浜辺に寄り道をしてからは、サンライズ九十九里を横目に、九十九里有料道路に沿った自転車道を一宮付近まで一気に走りました。いつもは、ついていくだけなので、前にも後ろにも仲間がいるって不思議な感覚です。

私のクロスバイクがパンクした、思い出の場所の近くで休憩です。

ハルナツ15

ナツさんが私のバイクに試乗したところ、ビンディングが固いというので、ナツさんのビンディングを試させてもらってびっくり。全然、違います。これでも、私のは一番弱く調整してもらったはずなのにな~。あんなに簡単に外れるなら立ちゴケも減るかも~?思い切ってペダル、変えちゃう~?

ハルナツ3

さあ、先週も来た、東浪見が近づきました。今日は何故か、サーファーさんが少なめでした。
以前、来たことのある海辺のレストラン「シ-ソング」で、ランチタイムです。
ここでハルル、痛恨のミス!何とサドルにスカートがひっかかって、ナツさんたちの目の前でコテン・・・。最近、転んでなかったのに、情けない~。

ハルナツ6

以前、来たときの記事を見てびっくり。沢山あるメニューの中から、2人とも前と全く同じ物を頼んでいました。前回は、頼みすぎてお腹いっぱいだった記憶があったので、後でデザートタイムもあるだろうし、控えめにしてみました。
美味しく、楽しくおしゃべりを楽しんでから、ナツさんが行ってみたいと言っていた「naya」に向かいました。

ハルナツ4

ハルナツ5

何度も苦い思いをしているこの看板ですが、今日は驚きません。
事前に調べてみると、この日は残念なことにカフェは貸切だったので、せめてパンだけでも・・・とお取り置きの予約を入れておきました。お茶は出来なかったけど雰囲気だけ見てもらって、パンはトッシーに背負ってもらいました。

ハルナツ7

ここからは、一般道中心に走ったのですが、この日は暖かかったせいか、沢山のローディーさんとすれ違いました。
ナツさんのご主人は、安全な道に来ると、時々先回りしてビデオを撮ってくれます。かっこいい~。私たちは、のんびりと手を振りながらニコニコ楽しく走りました。

ゴール地点で、みんな満面の笑みですお疲れ様~
ハルナツ16

走っていると、汗ばむほどのお天気でしたが、やはり午後は冷えてきました。寄り道なしで駐車場まで戻って自転車を積んでから、九十九里ハーブガーデンにお茶に行きました。
ここの甘さ控えめのケーキが楽しみだったのに、時間が遅かったのかほとんど売り切れで、ガトーショコラとピザをつまんだのですが、写真を撮り忘れてしまいました

ハルナツ17

ナツさんご夫婦は、クラブランで長距離やヒルクライムも走られているので物足りないくらいでしょうが、私たちは2人だとこのくらいの距離でも、つい休憩ばかりになってしまうので「やる気になれば、休まず走れるじゃん!って思えるツーリングになりました。ナツさん達、呆れないでね~^^;色々とアドバイスももらえて、何も分からない私にはとても勉強になりました。

一番心配だったお天気もみんなの行いが良いのか、暖かでほとんど風もなく、見どころの多いコースではなかったけれど私たちにとっては初めて仲間と走る、という貴重な経験をさせてもらえました。ナツさんご夫婦に感謝です。

   本日の走行距離 64.2km

ハルナツ2


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


カメラde佐原散歩

少し前の事ですが、せっかく沢山の写真を撮ったので・・・。

久しぶりに熱を出して寝込んだ前日の7日(日)、冷たい北風が吹いていて、喉の調子が変だったので走らなかったのですが、もしも頑張って乗っていたら、風邪のウイルスは風とともに去ったりは・・・しなかったでしょうね・・・。

ルミックスを持って、久しぶりに佐原を訪ねて来ました。

まずは、佐原のすぐ近くなのに、いつも気になりながら行ったことのない香取神宮へ行ってみました。

江戸時代以前から「神宮」を名乗っていたのは、伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の3か所だけの由緒正しい社だそうです。

こんもりとした森をバックに、大きな鳥居が構えています。

香取神宮1

参道には、沢山の燈篭が並んでいました。

香取神宮4

鮮やかな朱の総門を上がって進むと、

香取神宮6

重要文化財の楼門があります。

香取神宮8

香取神宮3

楼門の向こうには、見事なご神木に囲まれた黒い漆塗りの拝殿が、厳かな雰囲気を醸し出していました。

香取神宮14

香取神宮13

静かで神聖な森の中、檜皮葺きの黒い屋根に残る白い雪が奇麗でした。

香取神宮11

参道に並ぶ名物の草餅を気にしつつも、佐原に行った時にもらったパンフレットで気になっていたレストランに移動。

『オールド・ノリタケの博物館に併設されている田園地帯のイタリアンレストラン』
との事で、と~っても楽しみに向かいました。
確かに何もない冬枯れの田んぼの中にその建物はありましたが、ノリタケの博物館は思ったよりもとっても小さくて、しかもこの日はお休みでした。

気を取り直して、田んぼの中のレストラン「ライステラス」さんに入ってみました。
地元の新鮮野菜と、健康のためにアボカドオイルを使ったイタリアンだそうです。

パスタランチは、前菜、サラダ、パスタ、パン、ドリンクで1500円。

ライステラス1

ライステラス2

ライステラス3

ライステラス4

繊細な前菜と、新鮮な有機野菜のサラダ、パスタも4種類から選べて美味しかったので、ここは田んぼが青々する時期がベストでしょうね。

佐原の町に行く前に、もう1か所、寄り道をしました。
廃校になった中学ですが、時々テレビのロケなどに使われているそうです。

2中2

今はほとんど見かけない木造校舎です。
誰もいない校庭を、ちょっとドキドキしながら歩きました。
時が止まっています。懐かしい雰囲気です。

2中1

2中6


2中7


2中3

体育館の壁に書いてあった、卒業制作の詩。

2中4

2中5
 
ここの卒業生は、みんな素敵に育っているでしょうね~。
いつまでも、ノスタルジーに浸っていたい雰囲気の廃校でした。

・・・続く・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。



久しぶりに海ポタ♪後編

御宿につく直前は、長い下りを気持ちよ~く走ってきました。

戻るってことは、あの長いだらだらとした坂を上がるんだな~とちょっと憂鬱でしたが、走ってみたら覚悟を決めるほどではありませんでした。最近、全然坂を走ってないので、ちょっとの坂道でも走る前からビビってしましまいます。情けない事です。

海の近くは、インパクトのあるお店が沢山ありますね。家の外壁の塗り替えを検討中ですが、このビビッドな色はさすがに真似できません。
海ポタ18

頑張って走り続け、途中「大原駅」の看板を見て寄り道してみると、何やら可愛い黄色い列車が見えます。

大原駅3

やったー、い鉄のムーミン列車だ~。
1日に何本かしか走っていないので、会えてラッキーでした。
ムーミン列車は6種類あるとの事でしたが、ムーミンパパ&ムーミンママ号でした。

大原駅4

大原駅1

車体には、ムーミンファミリー大集合。
孤独を愛する旅人スナフキンとニョロニョロ。
菜の花が咲いたら、絶対乗りに来るからね~。

大原駅2

向かい風が強かったわけでも、坂が多かったわけでもなかったのですが、ゴール近くでは腿がだるくなってきました。東浪見まで戻ってきたところで休憩にしました。
お庭広々の、カフェ&バー「One♪ Heart」さん。

夜はバーになるようですが、サンルームのソファー席は友人の家にでもお邪魔したような雰囲気で、のんびりとくつろげます。
店員さんもとても良い方たちでした。

海ポタ16

ハワイのコナコーヒー、ボルケーノとチョコレートブランデー、400円。
上品なカップと、甘いチョコレートの香りが疲れを癒してくれます。

海ポタ17

一番人気のキャラメルフレンチトースト。650円。
パンが薄いので、甘くてもくどさがなくてパクパク食べられちゃいます。

海ポタ20

卵のホットサンド。550円。
サラダのドレッシングも美味しかったし、次回はランチに来てみたいな。

海ポタ19

久しぶりに走れて、満足な海ポタでした。

海ポタ22
海ポタ23


   本日の投稿距離 51.4km


この日はバレンタインでした。
娘の手作りケーキ(練習台という噂もチラホラ・・・)や、私の母から等で(身内ばかり^^;)チョコがいっぱい。

チョコ4

妻からは控えめにチョコスプーン。苦い珈琲も、クルクルかき回すうちに甘くなります。
私たち夫婦には、これくらいの甘さがちょうど良い加減かな。

チョコ6




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

久しぶりに海ポタ♪

昨日も今日も冷たい雨ですね。今年の冬は寒いだけではなく、雨や強風の天候不順な日が多いような気がします。天気が良くても夫の仕事や私やワンコの体調不良もあり、2月に入ってから走っていませんでした。

私の風邪は快方に向かってはいるのですが、咳だけが残ってしまい、1度咳き込むとひどい状態になってしまいます。特に夜、布団に入ってからは咳き込みすぎて寝付けないほどです。

そうは言っても身体は元気ですし、ワンコの病気も良くなったようなので、14日(日)は久しぶりに海辺を少し走ってきました。
まだ無理は出来ないので、車は一宮の海の近くに止めてゆるゆると走り始めました。

心配だった海風はあまり強くなく、気持ちよく走れます。

海ポタ1

サーファーで賑わう東浪見(とらみ)で入ってみたいと思っていたランチ店は、団体さんが待っていたのでパスして暫く走ると、小さなカレーやさんが目に止まりました。走り始めたのが遅いので、いきなりのランチです。
岬町にあるカレーハウス「パイナップル」さん。

海ポタ6

サラダ、カレー、ドリンクで950円。
黄色の物体は、沢庵?ジャガイモ?と思ったら、パイナップルでした。
海ポタ3

ポークカレーとハンバーグカレー。嬉しい事に、ライスは玄米と白米が半分ずつになっていて、とても健康に気を使っているオーナーのようでした。地元の常連さんがくつろいでいる気取らないお店で、私たちものんびりとこれからのルートを検討。

海ポタ4  海ポタ5

九十九里一宮大原自転車道は、海沿いにあるのに防風林の陸側を走るので、残念な事に走りながら海は見えません。
でも、この先は暫く海を見ながら走れるはずと気持ちよく走り始めると・・・

海ポタ7

ここは砂漠か~!と突っ込みたくなるような砂でふさがれたサイクリングロード・・・。
少し走っては押して歩く、の繰り返しにうんざりして、海を見ながら走るのは諦めて国道沿いを走りました。

おニューの冬用グローブのおかげで手はポカポカです。
海ポタ15


いくつかトンネルを超えて、気持ちよく坂を下ると、懐かしの風景が見えてきました。

御宿の月の砂漠記念公園です。

海ポタ21

海ポタ9

この日も、サーフィンやビーチバレーで海を楽しむ人たちを沢山見かけました。サーファーに冬は関係ないのでしょうか。凄いな~。
去年はここから鴨川まで走りましたが、今日はここから戻ることにします。帰り道、ちょっと寄り道したら楽しい出会いがありました。

・・・続く・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。



『7サミット 極限への挑戦』

先日、風邪をひいて家でだらだら休んでいた時、撮りためてあった番組を見ました。

NHK『7サミット 極限への挑戦』

これ、何だったけ?と思いながら見始めたのですが、もともと山好き、山岳小説好きの私はすっかり若き登山家、栗城史多(くりきのぶかず)君(27歳)の虜になってしまったのです。

7サミットとは、7つの大陸の最高峰のことで、彼はそこを無酸素で登頂することに挑戦し続けているのです。
そして彼は、自分の登頂の様子を自ら撮影し、ネットで配信しているそうです。

高校卒業後、東京に憧れて上京するも、都会の水が合わずフリーターとなった後、登山に出会い、若干21歳の時周りからの反対を押し切って、初めての海外登山であるマッキンリー登頂をやり遂げてしまう。あの、植村直己さんが命を落とした北米最高峰の山です。若さ故のチャレンジでしょうか。成功したから良かったと言えるけど、親の立場に立ってしまうと命を大事にしてねと、はらはらしながら見始めました。

デスゾーンと言われる標高7000~8000メートルを無酸素で登る。地上の三分の一の空気の中、寒さと意識障害と闘いながら、雪山を這い上る。苦しくてうめきながら、前に進む。なぜ、そこまでして、と思うけれど彼の挑戦から目が離せない。

彼は、自分のもがき苦しむ姿や、泣きじゃくる姿を隠すことなくビデオに収めています。頂上に着くたびにベースキャンプに、泣きながら感謝の言葉を絞り出すように伝えます。

彼はいくつもの山に挑戦していくうちに、生きていくには人との繋がりこそが大事なのだと気づいたと、爽やかな顔で話していました。
一時は生きる意味が分からず、虚しい毎日を過ごしていたというけれど、この世の中、生きる意味が分かって暮している人がどれだけいるのでしょうか。きっと、いくつになろうと永遠に解けないテーマのような気がします。でも、あえてそのことに悩んでみる、そのことには大きな意味があると思います。

途中、彼の生きかたに勇気をもらい、うつ病から立ち直ったという男性のインタビューが出てきました。彼の部屋に2台の自転車があったところを見ると、彼も自転車生活を楽しんでいる良い人に違いありません。

ベースキャンプからは、たった一人で無酸素で登っていくのですが、それはベースキャンプでの沢山の人たちの支えがあってこそ。ベースキャンプの人たちの冷静な判断や暖かなサポートは、心打たれるものがあります。
ベースキャンプのアドバイスに耳を傾ける素直さが、彼の命を支えているのでしょう。

順調に6か所の登頂をやり遂げた彼は、いよいよ最後の挑戦、エベレストに向かいます。雪崩の危険をはらんだクレバスだらけのデスゾーンの中、体力の消耗は激しく、次のキャンプ地に着けそうもなくなり、苦渋の決断の結果、諦めて戻ることになります。

日が落ちてしまい危険な帰路、意識朦朧の彼のもとへ、ベースキャンプのリーダーは暖かな声で、彼のブログに寄せられる沢山の応援コメントを読み続けました。

時代はどんどん進化して、ネットがいつでも世界中をつないでいて、この便利さが時々怖くなることがありますが、様々なハイテク機器を使いこなす時代になっても、山に登るという行為は、ただ自分の足を使って進んでいくというシンプルなもの。
そしてその最後の力になるのが、沢山の人の心のこもった応援メッセージなのだという点が、とてもうれしくなりました。

登山を終え、石積みのケルンに向かって、何度も額を地面につけて祈りを捧げる真摯な姿を、山の神様も見ていてくれるでしょう。ここまでの経験と達成感を味わってしまった彼が、この先どこへ向かっていくのか少し怖くなるけれど、これからもこの若き登山家、栗城君を応援したいと思います。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。




アバターは、やっぱり凄かった!

少し前の事ですが、話題の3D映画、「アバター」を見てきました。
休日の朝、一番近くの3D上映館に行ってみると、驚くほどの行列が・・・。しかも朝の時点で取れるチケットは夕方との事で、驚いて退散したのですが、あきらめきれずに少し遠くの映画館まで足を延ばして見てきました。

あっという間に興行収入がタイタニックを超えただの、失神者が出ただのと賑やかな前評判でしたが、はっきり言って最近のハリウッド映画には少々うんざりしていたので、それほど期待していたわけではありませんでした。
でも、友人が3Dではない画面で見てもとても面白く、もう1度見ても良いと言っていたので、それを聞いて是非見に行きたいと思ったのです。

プラス300円でサングラスを渡されて、自分のメガネの上に重ねてみました。
私のメガネは大丈夫そうでしたが、見にくい人のためには、別売り(300円)で自分のメガネにクリップで装着するタイプのサングラスもありました。

満員の映画館なんて久しぶりです。渡されたメガネに普段とは違うワクワク感や、これから始まる映画への期待感なのか館内は何となくざわめいていました。

上映が始まると3D映像に小さな歓声が上がり、始めのころはメガネをずらして映像を確認したりしていましたが、そのうちにすっかり映画の中に入り込んでしまいました。

SF娯楽大作と思いきや、意外にも紛争、環境など様々なメッセージ性のこめられた映画なのですね。
宮崎アニメの影響もちらちらと見てとれる中、この先の未来も人間の欲は果てしなく、武器に頼り、目的のためには手段を選ばない・・・。

過去の歴史においても、各地で先住民族が追われてきたように、今も貴重な自然が失われて行くように。
科学だけでは説明しきれない、自然への畏敬の念を私たち人間は忘れてはいけないのに。
互いを認めて理解しあい、共に生きるという事の難しさ、そして大切さ。

かつて人間がパンドラの箱を開けなければ、今、地球上は楽園だったのでしょうか・・・。そんなことを考えてしまう、あまりにも美しい惑星パンドラ。3D映像のおかげで、ものすごい臨場感です。

最近はシネコンなどが増えて手軽に映画館を利用できるようになったので、中にはわざわざ映画館で見なくても良かったかな、という映画もありますが、アバターは久しぶりに
「映画館で見る!」ということの醍醐味を味わえる映画でした。間違いなく映画は、新しい時代の扉を開けたんだな、という軽い興奮を覚えました。

ジェームズ・キャメロン監督は、IMAXを想定してつくったとの事なので是非見てみたいと思うのですが、あいにく千葉の近くにはないようです。でも、もう1度パンドラに行って、バンシーに乗って空を飛びたいな~。

それにしても、テレビがやっと薄くなったと思ったら、次は3Dがやってきて、
「あら、お宅のテレビ、まだ3Dじゃございませんの?」なーんて時代が、すぐそこまで来ているようです。


ワーナーマイカルのメガネは、軽くて見やすいとの事です。
ペコちゃん7


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

念願の冬用グローブ

先週末は、風と風邪のため自転車はお休みでした。

土曜日は、出かけたついでにやっと念願の冬用グローブを手に入れました。
相変わらず自転車専用品ってなんて高いんでしょう・・・とため息が出ましたが、いつもそれで二の足を踏んでいたので、今日こそ買うぞ!と意を決して買ってまいりました。

船橋まで行ったので、自転車屋さん3軒をはしごして悩んだ挙句決めたのはこちら。

グローブ2

OGKのニットのグローブです。
「ニットなのに風を通さない」と書いてあって、ホントかな~と思いましたが、高い買い物だし、本格的グローブよりこれならどの自転車にも合いそうだし、普段も使えそうということで決めました。
どちらにしても、今の夏用UVグローブに比べれば確実に暖かいはずですしね。

もうひとつ、この冬デビューの小物はネックウォーマー。

ネックウォーマー3

フリース素材のものに比べると暖かさは劣るのですが、口元がメッシュになっているのでサングラスが曇らないという優れモノです。これから花粉の季節なので、マスクの代わりに使えそうです。

ネックウォーマー2

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

ワンコ、病に伏す

熱を出して寝込んだのは久しぶりでしたが、昨日1日だらだらと寝ていたおかげかだいぶ良くなったな~と思った今朝、次はワンコの様子がおかしい・・・。
いつもなら、私が2階で起きたと気づくや否やワン、ワーン(ご飯、ご飯)」と賑やかに吠えるワンコたちにフードを上げるのが、私の朝一番の仕事です
今朝はいつもの声がしないのでおかしいな、と思いながら降りて行くと、いつもは元気の固まりのようなチコリがブルブルと身体を震わせて、歩くのもやっとの様子。
そして、毎日あっという間に飲み込むように食べてしまうフードにも口をつけず、水も飲みません
物言わぬこの子たちの健康のバロメーターは、ほとんどが食欲と排泄物のみです。

嫌な予感を感じつつも何とか娘たちのお弁当を作り様子を見ていたのですが、やはり震えは止まらず水も飲まないので朝から動物病院へ駆け込みました
9時過ぎにつくと、すでに何頭かのペット様たちが待っていて、なかなか順番が来ません。
「ちょっと、うちの子が1番具合悪そうなんだから先にしてよ~」というわがままなセリフが何度も頭の中でぐるぐるしましたが、何とか平静を装って辛抱強く待ち続けました。

レントゲンや血液検査の結果、胃の中に何か異物があってお腹が痛い状態のようです。小腸も腫れているようで、今日のところは注射をして様子を見ることになりました。明日、血液検査の結果を待って今後の処置を考えるそうです。

以前、具合が悪くなったのを機に、先生が3人いて年中無休の病院に移ったのでその点は安心なのですが、保険のきかない動物病院の検査はなかったことにしたくなるほどの高額です。まぁ、大事な家族の一員ですし、そんなことを言ってはいけないんでしょうが・・・。


もう、私の風邪なんてどこかにすっ飛んでしまいました。今日の予定もキャンセルで、看護のために付き添ってます。どうか、大ごとになりませんように・・・。


「ご飯もいらない、お水もいらない・・・」
チコリ



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

風邪ひきました

日曜日から喉が痛いな、と思っていたら、昨日久しぶりの発熱。買い物の途中で、寒気と頭痛に襲われて逃げるように自宅に戻って、とにかく眠る、眠る、眠る。喉、頭、身体の節々が痛くて辛い1日でしたが、今日はだいぶ良くなりました。季節外れのこの暖かさを利用して庭仕事がしたいけど、さすがにそんな元気は出ません。

色々とアップしたい記事もあるのですが、パソコンの調子が悪くて写真が取り込めません。風邪で痛い頭がもっと痛くなるので、諦めました。

風邪をひいても主婦業にお休みはありません。ゆっくり、ゆっくりゴミ出しと洗濯だけ済ませて、今日の予定はキャンセルして、静養することにします。
明日はまた寒くなるようです。皆様も、お体ご自愛くださいませ

ペコちゃん6


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

手前味噌ですが・・・

娘が幼稚園の時、母親が野菜やお肉を持ち寄って豚汁を作る行事がありました

豚汁といえども、各家庭によって入れる野菜も微妙に違っていて具を決めるまでは結構、あれこれと盛り上がりました。大鍋で沢山作って外でみんなで食べると、それだけで十分おいしいものですが、その豚汁の美味しさに一役買っていたのが、ユウタロウ君のお母さんが持ってきてくれたお味噌だったと思うのです。

どこの銘柄のお味噌なのか何気なく聞いてみると、あろうことか手作り味噌だというではありませんか
私はそれまで、お味噌が家で作れるものだとは全然知らなかったので心底驚いたのですが、ユウタロウ君のお母さんによると「とっても簡単との事。ホントかな~と思ったのですが、後日作り方の手順のカラーコピーをくれたので、せっかくなのでそれを見ながら作ってみました。
それ以来、毎年この時期にお味噌を作っています。

材料は、大豆、米こうじ、塩、以上。1キロの大豆で4キロのお味噌ができます。
大豆は一晩水につけておきます。

味噌1

米こうじに塩を混ぜます。(塩切り)

味噌2

昔は大鍋でことこと何時間もかけて大豆を煮ていましたが、最近は圧力なべで何回かに分けて煮てしまいます。
湯気で曇ってますね。
味噌3

この後、柔らかく似た大豆を潰します。我が家はフードプロセッサーで。
煮汁で調整しながら、半切りの中のこうじに混ぜ込んでいきます。
むらなく混ぜ込んだら、野球ボールくらいのみそ玉を作ります。

味噌4

これを清潔に消毒してある容器の中に、思いっきり投げ入れます。
中の空気を抜くためですが、私はここが一番のお楽しみ

味噌5

げんこつで押しながら、表面をならしてラップで覆えば仕込みはおしまい。1ヶ月後に天地返しをして、たまりが出ていれば混ぜ込んで、早ければ3ヶ月後くらいから食べられます。

味噌6

それにしても、初めてお味噌ができたときの感激は忘れられません
大豆とこうじと塩を混ぜただけで、始めは白っぽかった味噌もどきが、発酵して熟成されて、いつの間にか立派なお味噌に変わっていく不思議さ。
何も添加物の入っていない安心感も相まって、美味しさもひとしおです。

忙しいと面倒くさいな~と思う時もあるのですが、そろそろかな?と、その年出来たての若いお味噌をきゅうりにつけて食べてみるその美味しさに魅了されて、気がつけば今年もお味噌を仕込んでいるのでした。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

節分の夜

「お父さん、早く帰ってこないかな~。」
ぬり絵の手を止めてアキちゃんは、さっきから何度も玄関の方を見ています。

今日は節分、お父さんが帰ってきたらみんなで豆まきをするのです。

「ただいま~。みんな、ちょっと来てごらん。」
玄関から、みんなを呼ぶお父さんの声がしました。

急いで玄関に行ってみると、長いコートを着たお父さんの後ろに誰かいるようです。

「お客さん?」

「みんながびっくりするお客様だよ。ほら、隠れてないで出ておいで。」

お父さんのコートの後ろからそっと出てきたお客様は・・・
おねえちゃんより少し大きいくらいの・・・鬼でした。

みんながびっくりして何も言えずにいると、お父さんが話しだしました。

駅に着いたら雪が降ってきたので急いで歩いてきたら、生垣の脇から誰かが家をのぞいていたんだ。
誰だろうと思って「家に御用ですか?」って声をかけたら、この鬼がびっくりして尻もちをついたんだよ。

お父さんもびっくりしたけど、お尻を強く打って泣きべそをかいている鬼が可哀想で、つい玄関で休んだらどうかと思って誘ったんだよ。

その話をびくびくしながら聞いていた鬼は、
「優しいお言葉ありがとうございます。もう大丈夫なので出ていきます」
と、言っていますが、雪の降り始めた寒い夜、この鬼はどこに行くのだろうと心配になったアキちゃんは、怖さも忘れて思わず「どこに行くの?」と話しかけていました。

「今まで住んでいた家は、何年も豆まきをしなかったのでのんびりと暮していたのですが、今年は豆まきをしたので、急いで出てきたんです。今から豆まきをしない家を見つけて、そっとお邪魔することにします。」

「豆まきをしない家に住んで、何か悪いことをするの?」と聞くと、

「とんでもない!家の片隅に住まわせてもらえば、何も悪いことなんかしませんよ。
それどころか、絶対に姿を見られない時は、急な雨で洗濯物が濡れないように軒下にずらしたり、赤ちゃんが泣いているときはそっとあやしたり、見えない所なら少しのお手伝いはしているんですよ。」

「へ~、そうなの。鬼って、乱暴者で怖くて悪いものだと思っていたな。」

「昔はそんな鬼もいたようですが、今は鬼の数も減って、みんな穏やかな鬼ばかりですよ。人間に姿を見られてはいけないのですが、みんな静かにおとなしく暮らしていますよ。」

そのころには、アキちゃんはこの鬼を怖いなんて少しも思わなくなっていました。

お礼を言って、出て行こうとする鬼に、

「鬼さん、待って。私の部屋の押し入れを片づければ鬼さんがゆっくりできる広さはあるよ。家で暮したらどう?」

「へ~え、あのごちゃごちゃな押し入れをどうやって片づけるのかしらね~」
お姉ちゃんが意地悪な感じに言いました。

「えっ?ちょっと、待って、家に鬼を住まわせるの?」
お母さんはあわてています。

「だって、外はとっても寒いよ。それにこの辺りはみんな豆まきをするでしょ。鬼さんは、なかなか新しいおうちを見つけられないんじゃない?」

そんな、話をしている間もあちらこちらから

『鬼は~外、福は~内!』という元気な声が聞こえてきます。

「確かに可哀想だねえ。確認するけど、本当に家に悪いことはしないんだね?」

「勿論です。住まわせていただけるなら、絶対にご迷惑はかけません。姿も見せません。」
鬼は大真面目な顔で、きっぱりと言いました。

「じゃあ、家はこれから豆まきは出来ないのね・・・」
季節の行事を大事にするお母さんは、残念そうに言いましたが、あきらめ顔です。

お父さんとお母さんがこんな風にいうなら、もう大丈夫。
アキちゃんとお姉ちゃんは、うれしくてニコニコしてしまいました。

鬼さん、これからよろしくね。姿が見えなくても、私たちを見守ってね。

小雪の舞い散る寒い寒い、節分の夜の出来事でした。

************************************


節分の夜、豆まきをするたびに、暗い夜道を逃げまどう鬼の姿が浮かんでは気になっていました。
お話にしてみたら、少しすっきりしました。
最後まで読んでくださって、ありがとうございます


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

雪の中の花

月曜日の夜から降り始めた雪は、一晩で辺りを雪景色にしてくれました
雪を見るのは好きですが、通勤、通学の事を考えると火曜日は朝からバタバタと大変でした

家族3人を無事、駅まで送り届けた後、庭の様子を見に出てみると、雪の中でけなげに真っ白のスノードロップが顔を出していました。我が家の庭で、春の訪れを一番最初に告げてくれる可憐な花です。去年と大体同じくらいかな。

スノードロップ4

スノードロップ3

早朝は一面の雪景色でしたが、気温が高かったので南側の雪は見る見るうちに溶けて行きました。
今日は、節分、明日は立春。
寒い寒い毎日ですが、春がどんどん近付いてくる気配を感じます


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

たまには真面目に走ろうよ、ポタ

夫が新しいカメラを手に入れてからというもの、ポタの目的は走りよりすっかり写真撮影となってしまいました。

ゆるゆると写真を撮りながら走るのは勿論楽しいのですが、最後にサイコンの距離を見るとやや、罪悪感が残ります。このところ50kmを超える日はほとんどありません。
そろそろ、ちょっと距離を乗らないとまずいんじゃないの~、という雰囲気はお互いに感じていたので、久しぶりに1日たっぷり使える休日だった30日(土)、私たちにしては長めに走ってきました。

ロードに乗るときは、コースに悩みます。サイクリングロードなら、安全面では安心なのですが、いまいち単調で飽きてしまうし、かといって交通量の多い一般道は走りたくないし、未舗装道も困るし・・・。

朝起きて準備をしながら考えた結果、先週少し走った印旛沼方面に出掛けることになりました。
道がすいていたので、八千代の道の駅には30分ほどで着いて、9時半ごろ走り始めました。

朝方は曇っていましたが、日差しが出てきたせいか、寒さはそんなに気になりません。
先日走り始めた、ナウマン象の双子公園近くの双子橋。

印旛手賀沼3

この間は写真を撮りながらのんびり走った道ですが、この日はなるべく休憩なしに風車のふるさと広場まで真面目に走りました。

風車の周りには、整然とチューリップの球根が眠っています。春の眺めが楽しみです。

印旛手賀沼1

印旛手賀沼15

印旛手賀沼17

印旛手賀沼2

印旛沼から北印旛沼を通り、本埜村を走って利根川へ向かいます。

レトロ看板、発見。
印旛手賀沼16

途中、小さなお煎餅屋さんを見つけておやつに手焼きせんべいを買ってみました。パリパリと軽い食感で、美味しいお煎餅でした。

土手の上のさえぎる物のない利根サイは、向かい風で迎えてくれました。
走れないほどではありませんが、ずっと向かい風の中ペダルをこいできたのでそろそろエネルギー補給が必要です。
一休みするために懐かしの木下(きおろし)の町に寄ってみました。

木下の駅前のお煎餅屋さんで、また手焼きせんべいを一袋。

印旛手賀沼4

この町で有名な「久七だんご」に行ってみました。包み紙には文化7年創業と書いてあります。
お餅が柔らかくて、少し辛めのたれがからんで美味しいな~と食べていると、

印旛手賀沼5

後ろで待っていた人が、最後のお客さんだったようで・・・

印旛手賀沼6

張り紙をして、硝子戸を閉めてしまいました。お昼過ぎで売れ切れて、店じまいのようです。
食べている間にも、次々と車を止めて買いに来る人が、張り紙を見てがっかりして帰っていきます。
とても有名なお団子屋さんのようです。食べられてラッキーでした。

印旛手賀沼7

お団子で少し元気が出たのですが、早くお昼を食べたいので、手賀沼まで一心に走りました。
マドンと一緒に初めて走った思い出のコースです。見覚えのあるカッパちゃんが水の中でキラキラと気持ちよさそう。

印旛手賀沼18

手賀沼の白鳥は、人に慣れているのか近寄ってきます。
印旛手賀沼8

お腹ぺこぺこの太ももガクガクで、着いたのは洋食「パルク」さん。
昼食前に50km走れたので、安心してがっつり食べられます。

印旛手賀沼9

本日のランチはチキンピカタとスープ、ライスもついて700円。
とっても良心的なお値段です。

印旛手賀沼11

ハンバーグセットは、サラダ、スープもついて830円。
手作りで家庭的な雰囲気のお店でした。

印旛手賀沼10

お腹もいっぱいになったので、手賀沼を1周して印旛沼へ戻ります。
風はおさまってきましたが、久しぶりの長距離なので50~60km過ぎから腿が張ってきました。

この日のコースは、景色はやや単調ですが、一般道の交通量が少なめなのと道幅も広めのところが多かったので安心して走れました。久しぶりに、爽やかな筋肉痛を感じられた満足ポタとなりました。

印旛手賀沼12


   本日の走行距離  85km・・・う~ん、後15km走りたかったけど、夕飯作りに余力を残して帰りましょう。

印旛手賀沼19


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。