スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線路は続くよ、いつまでも

前日の8日はドライブだけだったので、今日は自転車に乗るよ~と張り切って起きてみると・・・何と外は雨でした・・・しかも本格的ザーザー降り・・・

・・・ありえない・・・。 あんなに毎日カンカン照りだったのに、なぜこの日に限って雨が降っているのでしょう~。

いきなりテンションダウンでふて寝・・・。2度寝をして起きたらキラキラの晴天かも~と期待したのですが、やっぱり雨・・・。この日は軽井沢まで頑張って走って、バス輪行で草津まで戻る予定でした。

仕方ないので予定を変更して、車で軽井沢のアウトレットモールに寄って帰宅することになりました。誰のせいでもないのですが、何となくご機嫌斜めの車中。天気が良ければ見えるはずの浅間山すら見えません。

自転車で走るはずだった道を車で通りながら、この坂が長くて辛そうだとか、道が狭くて危ないから車で良かったなどと負け惜しみ?を言いながら軽井沢に向かいました。お気に入りのキャンプ場を覗く気もせず、アウトレットに直行。ここはアウトドアメーカーが充実しているので、久しぶりに買い物を楽しみました。

プリンス2

プリンス1

時々雨が上がって晴れ間が見えることもあり、少しは走れるかな~と思うとまた降ってくる・・・という何とも中途半端な空模様。

自転車は諦めて早めに帰ろうとすると、アウトレット近辺の道はすでに御約束の大渋滞。高速まで続いてそうな渋滞が嫌で、碓氷峠を越える旧道で帰ることにしました。

最近はすっかり通らなくなった碓氷バイパスですが、峠のカーブはきついけれど山の景色は楽しいな~と下って行くと、所々にレンガ造りの昔のトンネルが目につきます。気になりながらも狭い道なので、車を止めるわけにもいかず進んでいくと、素晴らしい橋を発見。

旧信越本線の碓氷第三橋梁、通称「めがね橋」です。

めがね橋1

碓氷峠の急勾配に手こずり、鉄道をひくのはずいぶんと苦労したようです。ドイツの山岳鉄道で使われているアプト式を採用して、明治26年から昭和38年まで使われていたそうです。

めがね橋は明治25年にわずか7カ月という短い期間で作られ、レンガの数は202万8000個で、国内最大のアーチ橋との事です。
暫く下から感心して見上げていましたが、登れるようなので行ってみました。

こんな気持ちの良い道を登ります。
めがね橋2

保存されている6号トンネル。

めがね橋11

高さ31メートルとの事で、なかなかの眺めです。

めがね橋3

山側には、平成9年に廃線になった新線の橋が見えます。新幹線はさらに3キロ奥の、山の中を通っているそうです。
今は東京から1時間もあれば、新幹線であっという間に軽井沢に着いてしまいます。便利になりましたが、この景色を素通りしているのかと思うと、便利さと引き換えに美しい景色を見逃がしているんだな~とちょっと残念な気持ちになります。

めがね橋5

明治時代の改修の様子。蒸気機関車が通っています。
明治時代にこんな技術があったなんて、凄いな~。

めがね橋9

今は線路が『アプトの道』という遊歩道になっていて、横川駅から歩いて来れるように整備されていました。

めがね橋10

めがね橋4

先人の偉業と芸術的な美しさを称え、重要文化財に指定されて保存されているのは良い事ですね。

廃線になってしまったけれど、ここを訪れれば今は見えない線路が、いつまでも人々の記憶に残ることでしょう。

と、すっかり鉄の血が騒ぎ出した私にとって、横川駅に楽しそうな場所があるとの嬉しい情報をゲット。急いで行かなくっちゃ~。

・・・続く・・・


めがね橋8



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

スポンサーサイト

ブログ記念日♪

夏の旅行記事の途中ですが、今日は私のブログ2周年記念日。明日からは3年目に突入予定です。

去年の今日、1周年の感激の記事をアップしてから、思えばあっという間の1年でした。
去年の今頃は体調不良で、自転車に乗りながらも気分が沈んできて泣きながら走ってたなんて、夫も知らなかった事実・・・後になってみれば笑い話です。

最近は伯母の介護問題などで日々何かと落ち着かず、自分の老後に思いをはせたりしながら暮らしています。夫の仕事は相変わらず忙しく、娘は受験生だったりで、思うように走りに行けませんが(お留守番させて出かけてるでしょうが~、という突っ込みは無しでお願いします(笑))、それでも 自転車が好き という気持ちに変わりはありません。

10月には初めての自転車イベント、ツールドちばに参加する予定です。
実は10/10は私たち夫婦の結婚25年、いわゆる銀婚式ってやつです。

普段の結婚記念日は特に何もしませんが、せっかくなので今年は何か記念に残ることがしたいな~と思っていました。それが、奇しくもツールドちば参加って、どんだけ自転車にはまってるんですか?って感じですよね。

でも、自転車とブログが毎日の暮らしに楽しいエッセンスを加えてくれていることは間違いありません。

そして、こんなブログを読んでいて下さる皆さん、コメントを下さる皆さん、本当にありがとうございます。
皆さんのおかげで、楽しくハッピーな毎日がおくれています。この先どれくらい続くか分かりませんが、自転車もブログものんびりマイペースで続けて行きたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。


花台2



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


花を求めて北へ向かう旅・その2

ロープウェイを降りたところに、何故か今をときめくゴルフ界のスーパースターの記念館がありました。
ロープウェイ代に+200円のお得なセット券を買ったので寄ってみました。

石川遼

館内は撮影禁止でしたが、子供のころのお父さん手作りのクラブやら練習ノート等、興味深いものが色々と並んでいました。
ひと際光っていたのは「58」の世界最少スコアでもらったギネスの証明書でしょうか。その時の本人手描きのスコア表もありましたが、「3・3・4・3・・・」みたいな、通知表だったら平凡な感じの数字が並んでいるのですが、ゴルフでは信じられないスコアですね。

ここからこの日泊る草津まで、気ままにドライブすることにして、以前行ったことのある津南の無印キャンプ場に寄ってみました。

懐かしい~、ここで釣りをしたな~。
無印

昔、キャンプ一家だった我が家はずいぶん沢山のキャンプ場に行きましたが、無印キャンプ場はサイトも広く自然な感じなので娘達もお気に入りでした。乗鞍、津南、嬬恋と3箇所全部行きましたが、何と言っても乗鞍がお気に入りで2回行って楽しい思い出がいっぱいあります。

奥志賀林道を通って草津に向かうことにしましたが、走っていてキャンプ場の文字を見つけると、つい寄り道しちゃいます。

巣鷹湖キャンプ場も、林があって気持ちの良さそうなロケーションでした。

スタカコ1

スタカコ2

この辺りはスキー場だらけなので、ヤナギランの群生地が沢山ありました。

ヤナギラン2

ヤナギラン1

白樺の続く気持ちの良い道を走っていると、野ウサギが飛び出して来ました。車にひかれないかヒヤヒヤします。

看板につられて「カヤの平キャンプ場」に寄ってみると、ここが素晴らしく気持ちの良い所でした。
牧場もあるので遠くにのんびりとした牛の姿を見ながら、広場の思い思いの場所にテントを張っています。

カヤの平2

カヤの平7

簡素ですが、清潔な感じのロッジもあって、テントが面倒ならここを利用するのもいいな~。


カヤの平11


奥に続いている遊歩道には、日本一美しいと言われるブナやシラカンバ等の天然林が広がっているとの事で、とっても気持ちよさそうで歩いてみたかったのですが、今回は時間がなかったので諦めました。
紅葉の季節も良さそうですが今年はちょっと無理なので、来年の花の季節には是非とも来てみたい場所の一つです。

カヤの平8

カヤの平3

ニッコウキスゲやワタスゲが有名なようでしたが、野原には夏の終わりと秋の花が一緒に咲いていました。

コオニユリかクルマユリ。(見分け方が分かりません)
カヤの平6

ウツボグサ。
カヤの平10

アキノキリンソウ。
カヤの平9

オカトラノオ。
カヤの平12


ここから、スキー天国志賀高原を抜けて、志賀草津道路で横手山を通り草津へ降りてきましたが、霧が出てきてしまい残念ながらいつもの見事な絶景は見られませんでした。
実は今回、自転車で草津から白根山まで走れないかな~なんてチラッと思っていたのですが、車で下りながら自分の浅はかな考えに呆れました。勿論、沢山の方が走っていますが、私にはもう少し修行を積まないと無理なコースのようです。

早起きで疲れていたので、気がつけばあっという間に夢の中~。
さ~あ、明日は楽しく走るよ~・・・だったのですが・・・


・・・続く・・・



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

花を求めて北へ向かう旅・その1

急に決まった夫の夏休み、受験生にお留守番を頼んで、1泊で出かけてきました。
猛暑の続く8月8(日)、涼しい高原を散歩してどこかで自転車も乗ろうと、ダホンを積んで薄暗い4時前に出発。
まだ目覚めていない街並みをぼんやりと眺めながら、朝焼けの雲に向かって渋滞のない高速を走りぬけると、越後湯沢に何と7時に到着。3時間で新潟だなんて、ホント早起きってお得だわ~。

お祭りの準備なのか、湯沢の町は提灯で彩られていました。
長い竹竿に提灯をつけてアーチになっている飾り方は初めて見ましたが、リズミカルで楽しい飾り付けですね。

湯沢1

湯沢3

まだ時間が早いので、車で休憩しながらロープウェイが動くのを待って、世界最大級166人乗りのロープウェイで、「湯沢高原アルプの里」に向かいました。
夫が少し前の旅番組で見て、来てみたかったそうです。

湯沢12

標高1000メートル、大好きな山並みが見渡せてご機嫌~。

湯沢11

可愛らしい巡回バスも走っていましたが、のんびりと歩いてみました。
まず目に飛び込んでくるのは一面のユリです。
テレビでは色とりどりのユリが咲いていましたが、そろそろ見頃も終わりなのか黄色やオレンジはほとんど見られませんでした。

湯沢15

湯沢7

湯沢13

湯沢14

気持ちの良い沼沿いの木道を歩いてロックガーデンに向かいましたが、お目当ての花の見ごろは過ぎていて、秋の高山植物には少し早目でした。
少し前まではヒマラヤの青いケシも咲いていたようで、見てみたかったな~。

湯沢18

湯沢19

わずかに残っていたウスユキソウ(エーデルワイス)

湯沢22

ピンクが可愛いカライトソウ。

湯沢23

涼しそうなツリガネニンジン。

湯沢17

静かな遊歩道ですが、すぐ近くにはサマーボブスレーのコースも通っていて楽しそうです。

湯沢20

湯沢21

まだ、山アジサイが咲いていました。

湯沢16

大きなシシウドは、花火のようでとっても奇麗。

湯沢5



外国のように素敵なレストラン「アルピナ」さんでちょっと一休み。

湯沢8

湯沢9

本格的な釜焼きピッツァが美味しかった~。

湯沢10

コスモスも咲き始め、山の上は早くも秋の雰囲気でした。

湯沢2

・・・続く・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


千葉なのに奈良?ポタ

今年の夏は、命の危険を感じる程の暑さに加え、身体も疲れ気味なのであまり無理をしないようにしています。
それでも暫く走らないと、やっぱり自転車乗りたいよね~って事になります。

15日(日)は、お盆の帰省ラッシュに巻き込まれるのは嫌なので、家の近くを走ることになりました。
早朝走り始めて、お昼には帰ってきて家で昼ビールだ~、という私の計画は、またしてもずれ込んでしまい結局、出発は7時。

まずは村田川を通って近くのコンビニに寄ると、どこかのチームの集合場所なのか驚くほど沢山のローディーの集団に遭遇しました。
この辺りは競輪選手や、本格的な人たちの練習コースになっているのは知っていましたが、こんなに沢山のローディーを見かけたのは初めてなのでドキドキしました。

コンビニの人の話によると、信号無視(特に左折)や、スピードの出しすぎなど危ない場面が多いとの事でした。
ご意見は心して聞いて自分の走りを振り返って、一層気をつけようと思います。

ここからは少しずつアップダウンが始まります。昔は憂鬱な道でしたが、これくらいのアップダウンなら、だいぶ慣れてきましたよ~。

奈良1

ほどなく、千葉なのに奈良の大仏!?に着きました。

この名の由来は、ウィキペディアによると、
『平安時代、下総付近で朝廷に対して反乱を起こした平将門が、新皇を名乗った時にこの地の北方に京を模した自らの都を構えた。その際に、京の南の奈良の東大寺の大仏を模して建立されたと言われている。』
との事です。

奈良2


涼しげな木立の中に、静かに立っている小さな大仏さまに会いに行くと・・・耳元にこだまする、あの嫌~な「プ~ン」という羽音・・・。蚊の大襲撃です。
とてもゆっくりは出来ず、慌てて写真を撮って逃げ出すしかありませんでした。

奈良3

奈良の大仏さまは、2年ほど前にクロスバイクを買ってすぐに来た思い出の場所なのですが、昔の記事を読み返してみると懐かしいですね。

ここからどこに向かうか考えながら走っていると、民家の前にはこの辺りならではの、のんびりとしたペットの姿が・・・。

熱中症に気をつけてね~
奈良4

看板につられて横道に入って見ると、「クマの森ミュージアム」という野外美術館がありました。
そういえば、村田川沿いでも木彫りのクマを見かけますが、ここのクマのようです。
林の中には、人に危害を加えないおとなしいクマ達が120頭程いるそうです。(笑)
蚊のいない頃にでも、また来てみましょう。

奈良15


この辺りはコンビニも休憩できるお店も見当たりません。あまり遠くまで行きたくなかったので、開いているか心配だったけど、新風堂に行ってみました。

良かった~、9時半からやってました。

奈良6

コーヒーフロート(350円) 牛乳ジェラートとの組み合わせがさっぱりとして美味しかったな~。
近くのお店でランチを食べて帰ろうと言うことになり、時間調整も兼ねてここで暫くまったりと休憩。

奈良5

暑い暑いと言っているうちにも季節は確実に進んでいて、いつの間にか田んぼも黄金色に変わり始め、もうすぐ稲刈りですね。
大好きなお米の美味しい季節だな~。


奈良11

奈良7


五井にある、お肉屋さんが始めたレストラン「田中屋」さんです。
お洒落な外観からは想像もできない程、腹ペコさんにぴったりのボリュームたっぷりのランチが食べられます。

奈良12

ごまサラダを頼んでみましたが、大きさにびっくり。

奈良13

ランチは、ハンバーグかステーキのどちらかにたっぷりの豚汁、ドリンクがついて1050円。日曜日もランチがあるのは嬉しいですね。
ランチのお肉はお値打ちなので、ちょっと固い時もありますが、ネギたっぷりの和風だれが美味しい~。


奈良14

満腹で走り始めましたが、ここから家までがとにかく暑くてシンドカッタ~。
家に着いて速攻でシャワーを浴びたのですが、出てからも暫く汗がひかずグッタリ。洗濯をしてから、ゆっくり休憩しました。あっという間に洗濯物が乾くのは、主婦にとっては嬉しいですね。

早く暑さが一段落して、ゆっくり一日走りたいな~。
そろそろツルちば練もしなくちゃね。


奈良10

  
   本日の走行距離 56,8km



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

ナイスキャッチ!

やった~、成田高校、ベスト4進出、おめでとう~
(やっぱり、Twitter始めたいな。)

関東一高も東京代表だし、江戸サイ近くの高校なので親近感はあったのですが、現在千葉県民なのでやはり成田の勝利は嬉しいな。

ドキドキしながらの観戦でしたが、最後のボールはよく取ったな~。
ここまで来ると欲が出てくるけれど、いつも通りの試合をして下さいね。

ペコちゃん9



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

スイカ

スイカ1

夏と言えば スイカ、スイカの国に行ってきました。



いつもは遠くから見るだけなので、どうなっているのか近づいてみました。

スイカ6

畑に出来た巨大スイカ!?

スイカ5
 
段々近づいてきたよ~、ワクワク。

スイカ2

スイカ3

ガスタンクの真下に来てみました。
さすが日本一の大きさ(直径33,8m)を誇るだけあって、迫力満点です。

スイカ10


スイカが名産のここ富里では、スイカマラソンというレースがあって、給水所ではなくて 「給スイカ所」 でスイカを食べながら走れるそうです。
勿論、ゴール後も食べ放題。
スイカ好きランナーにはたまらないイベントですね。

お土産は勿論、本物のスイカです。

スイカ8

お盆にはスイカがつきものですね。お盆と言えば 「八月十五日さん」 という苗字を何と読むか御存知ですか?
旧暦の8月15日が中秋と言うことで 「なかあきさん、あきなかさん」 と読むそうです。びっくりな読み方ですね。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

坂の上の町、鯨ケ丘を歩く

常陸太田市の中心部は、丘陵の形から鯨ケ丘と呼ばれているそうです。
日曜日の昼下がり、まるで時が止まったかのように静まりかえっていたのは暑さのせいなのでしょうか。
ガラガラの駐車場に車を置いて、どこに向かって歩いたらいいのかわからないまま、人気のない町をぶらぶらと歩いてみました。商店街のほとんどのお店のシャッターが降りていましたが、歴史を感じさせる建物が沢山並んでいました。

鯨ケ丘1

どっしりとしたレンガ造りのお蔵は、リノベート中でした。何に生まれ変わるのでしょう。

鯨ケ丘2

川又薬局の創業は慶長5年(1600年)・・・なんと関ヶ原の合戦の年だそうです!?

鯨ケ丘14


スポーツ店ではなくて、運動具店です。
ショーウィンドーのTシャツには、味のある書体で
『負けて泣くより勝って泣け!』
『まわり道は多くを学ぶ近道』
 う~ん、深い

鯨ケ丘3

お休みでしたが、多分本屋さん。立派な店構えです。

鯨ケ丘4

この建物も、大きくて相当立派でした。こんな事務所でお仕事してみたい。

鯨ケ丘5

昔は銀行だった、郷土資料館分院と隣の道が十王坂。暑いけれど涼しい風が吹き抜けていきます。

鯨ケ丘6

個人宅を改装したらしい、フランス料理店と蕎麦屋さん。かな~り洒落てます。

鯨ケ丘7

レンガ造りの立派な郷土資料館は、地元の名士、梅津福次郎さんの寄付で役場として使われていた建物だそうです。

鯨ケ丘8

この建物は何でしょう? 助川印刷店です。

鯨ケ丘9

薬局の板の看板。風化してうっすらとしか読めませんが、「浅田飴」「龍角散」など、お馴染の薬もありました。

鯨ケ丘15

風情あるお醤油やさん。「梅っこ醤油出来ました」の看板が目を引いたのでお土産に・・・と思っていたのに忘れちゃいました。

鯨ケ丘16

というのも、とにかくお腹がペコペコなんです。日曜日のせいなのか、食べ物屋さんが見当たりません。
やっと見つけたのが、ソースかつ丼の「釜平」さんです。


ソースかつ丼とソースかつ重の違いは、ズバリ大きさだそうです。
かつ丼は勿論、具沢山のお味噌汁がとっても美味しかったな~。

鯨ケ丘10  鯨ケ丘11


「杉本坂」からの眺めは、転勤で住んでいた尾道を思い出しました。
鯨ケ丘17

鯨ヶ丘にはいくつかの坂があって、特に有名な坂道7か所を「太田七坂」と呼ぶようです。
その中の一つ、「板谷坂」からまっすぐに続く坂道は見事な眺めでしたが、自転車にはちょっと大変そうですね


鯨ケ丘12

鯨ケ丘13

夏の日射しの中、坂道を降りる元気はなかったので、町歩きは終わりにして阿見アウトレットに寄り道して帰りました。向こうに見えるは、懐かしの牛久大仏さん。前回は手賀沼から自転車で来たんだったな~。アウトレットは夏休みの割にはガラガラでした。


あみ3


今回、自転車には乗りませんでしたが、念願の袋田の滝に来れました。西行法師のお言葉に従うなら、違う季節に後3回来なくてはなりませんね。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

涼を求めて、袋田の滝へ

夏休み、何かと忙しく記事が遅れ気味ですが、少しずつ記録を残しておきたいと思っています。

********


三大○○という名所はいったいいつ誰が決めたのか、いつも不思議に思いますが、それでもやっぱり「限定」とか「三大○○」とか「○○100選」とか、そんな言葉に弱いんです。

連日の猛暑が続く休日の朝の旅番組で、滝や川下りなどの映像を涼しそうで良いな~と見ていると『こんな暑いときは水辺に行くべし!』と、天からお告げが降ってきました。
しかも『猛暑につき、自転車ではなくドライブにすべし!』というお告げです。そんな天の声には、素直に従わなくてはいけません。

三大○○と言われると、大体1,2個は浮かぶのですが、後一つは何だろうな~と思うことがよくあります。
有名な滝も、那智の滝、華厳の滝、そして三つ目はあまり知られていない感じの(私だけかな?)袋田の滝です。
滝の場合は三大名瀑と言うようですが、この滝は茨城県の大子町(だいごまち)にあるようです。

以前やはり旅番組でその滝を目にして、遠そうだけどいつか行ってみたいと思っていました。

早起き出来たら行ってみる~?と、確か前夜、酔っ払いながら話した気がするな~と、1日(日)の朝5時ごろ、記憶がはっきりしないながらもとりあえず夫を起こし、20分後には寝ぼけ眼のまま出発。身支度の速さには自信あり。

渋滞もなく常磐道を快適に走り抜け、8時前には念願の袋田の滝に到着~。
遠いので覚悟をして飛び出してきたのですが、思ったよりずいぶん早く着きました。

早朝から開いているお土産屋さんに車をとめて、滝に向かって歩きはじめました。
観光地といえども、朝は静かで良い感じです。

トンネルやエレベーターを使って見に行くようです。

袋田1

トンネルの長さは276メートル。

袋田2

途中、何故かイルミネーションもあります。季節ごとに色が変わるようです。

袋田3

まずはトンネルの先の第1観瀑台に行ってみると、

袋田7

想像以上の迫力で、滝が間近に迫ってきました。
水の流れ落ちる音に、会話も遮られるほどです。数日前に大雨が降って、普段よりも水量が多かったようです。

袋田6

足元は水たまり、水しぶきをシャワーのように浴びながらの撮影です。

袋田5

大迫力に驚きつつ、エレベーターで第2観瀑台に向かいました。
袋田の滝は四段に分かれて流れているので、第1観瀑台からだと上の方が見えません。
ここからだと、反対に緑に覆われて下の方が見えにくいので、2か所で上下の全景が見えると言う感じです。

袋田11

紅葉の季節も良いだろうな~と思ったら、最近はあまり見られないけれど、滝の凍る冬の景色も素晴らしいとの事で、かの西行法師に「この滝は4回訪れなければ、真の良さはわからない」と言わしめたとか。では、いつの日か、また。

袋田4

滝の流れおちた川にかかる吊り橋。

袋田8

上を見上げると、光の中にいくつもの小さな虹が見えます。
たっぷりと涼しさを満喫したら、お腹が空いてきました。

袋田9

この辺りは奥久慈しゃもが名産のようですが、時間が早すぎてまだあまりお店がやっていませんでした。通り沿いに早起きの食堂『ゆばた』さんがあったので、寄ってみました。

ゆばた1

おそばも野菜も漬物もコンニャクも、お店にあるものは全て自分達の手作りで、そこらへんのお店とは違うんだよ~と、店主自慢の素朴なおそばをいただきました。

大根おろしがピリッと辛いおろしそば、1000円。

ゆばた2

シャモ汁そば、1100円。

ゆばた3

サービスの、プリッとした手作りコンニャクとお漬物。

ゆばた4

歯ごたえたっぷりのおそばは、のど越しの良い繊細なおそばとは違って、確かに手作り感いっぱいの素朴な美味しさでした。

茨城県北部ともなると、すぐ先には福島県があって東北好きな私は心が動きましたが、日帰りでこれ以上遠くに行くのは無理なので、寄り道をしながら戻ることにしました。
気持ちの良さそうな道を見つけると、やっぱり自転車を積んでくれば良かったな~、なんて思いながら森林浴を楽しみつつ通りかかった竜神峡。

竜神ダム湖にかかる竜神大吊橋は、375メートルもの長さがあり、歩行者専用としては、日本最大規模のようです。

竜神峡1

明石海峡大橋と同じ構造の主塔は、伝説の竜が天に昇るイメージの美しい橋です。

竜神峡3


橋のたもとにあったこのカエルをなでて、見違えるほど若返った私たちは、元気いっぱいに次の場所に向かったのでした~

・・・続く・・・


竜神峡2


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


5,6月のポタ記録

気がつけば8月・・・忙しさにすっかり忘れていて、遅すぎてお恥ずかしいですが、一応記録だけ。


5/2(日)    ドイターのリュックを買いに行くポタ 
           (ロード Wトレック) 52km

5/4(火)    都内森林浴ポタ 
           (クロスバイク アンカー+コルナゴ ) 31,7km

5/5(水)     マリーンズ応援ポタ 
           (クロス、アンカー+ミニベロ、ビアンキピザ) 41,24km


5/15(土)    C3に会えずにご近所ポタ  
            (クロスバイク アンカー+コルナゴ) 21,86km 
***合計
     146.8km+ビアンキ少々


5月の美味しい1軒は、ブロンプトンのレースの帰りに寄ったしょうね家さんのおうどん
讃岐の美味しいお出汁に、のどごしの良いうどん、また行きたいな~。

5月の美味しいスイーツは、有名な老舗、浪花家さんのタイ焼きです。
私たちの行った次の日に、入院中だった名物オーナーさんがお亡くなりになったようです。
息子さんがしっかり暖簾を守っていくようなので、老舗の味はきちんと受け継がれていくんですね。


5月は連休過ぎまで、外壁の塗り替え工事が長引いてしまい、その後もコーラスのコンサートの集まりなどでほとんど走れませんでした。でも、久しぶりのマリーンズの応援に行ったり、ブロンプトンのレースを見に行ったり、楽しい思い出がいっぱいです。



6/3(木)   ミヤタ君を探すポタ 
       (クロスバイク コルナゴ) 11,3km


6/20(日)   横峯さくらちゃんに会いに行くポタ 
        (ロード Wトレック) 28,3km

6/26(土)   雨雲としょうぶポタ 
        (ロード Wトレック) 54,8km


***合計
    94.4km+ビアンキ少々


6月の美味しい1軒は、勿論、村のピザ屋さん
古民家というロケーションのおかげで、美味しさも倍増でした。ワインが飲めない事だけが残念ポイントですね~。

6月は、スイーツではなくて、美味しい一杯と言うことで、NAKAMURAさんの珈琲を選びました。 
香り良く飲みやすく、何より素敵な器が気に入りました。


6月も、コンサートやら色々あって、距離は乗ってませんね~。
ミヤタ君が連れ去られるという大事件もありましたが、無事解決でメデタシ、メデタシ。
間近で女子プロゴルファーも見られて楽しいポタも出来ました。


8月は猛暑のようなので、のんびり過ごそうと思っています。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

おニューのUV タイツ♪

折りたたみ小径車で自転車生活を始めたこともあって、昔はレーパンにサイクルジャージ姿を見ても「凄いな~、私には関係ない恰好だな~」って感じでした。今も、ハデハデウェアは着こなせませんが、まさか自分がレーパン履いてロードに乗ることになろうとはね~。

今のタイツは、2年前の秋ごろ値下げに釣られて試しに買った夏用ロングタイツでしたが、パッドがついていないタイプでした。
初めはドキドキでしたが、すっかりはき心地が気に入って、パッドのついた短パンを重ねたり、モンベルのインナーパンツをはいたりしながら、気がつけばその年は寒さと闘いながら、とうとうこの1枚で冬ポタも乗り切ったのです。去年の冬、ウィンドブレイクタイツを買ってみて、改めて自分の無謀ともいえる頑張りに感心しました。

そんなタイツですが、さすがに傷みが目立ってきたので「よ~し、今年の夏は新調するぞ~」と張り切っていました。パールイズミのレディースタイツはパットが不評のようだったので、他を色々と探してはみたのですが、どうしても納得のいくものに出会えませんでした。それは、ぶっちゃけお値段です。

パッドの良さそうなものは、どれもとにかくお高め。
そのお値段にどうしても思いきれず、ぐずぐずとしていたのですが、よく考えたら今だって特に良いパッドではないけれど、不満はないのだし、私は毎週欠かさずタイツをはくわけではないのだから、それならパールイズミでも十分なんじゃないかな~と。で、やっと重い腰をあげてポチッ。

在庫切れもなく、定価10500円→8400円で、送料無料であっという間にやってきたのでした。
少し前からはいていますが、う~ん、快適、快適。もっと早く頼めば良かったな~。


タイツ着用姿は暑苦しいので、涼しげな茂原のハスをお楽しみください。

ハス


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

河口湖駅

最近、すっかりお休み中の関東の駅100選ですが、忘れているわけではありません。
先日の富士四湖ポタで、また一駅増えました。

34/100箇所目は、富士急行の「河口湖駅」です。
駅舎の向こうに富士山が見えるらしいのですが、残念ながら雲が出てきてしまい見えませんでした。

河口湖駅11


河口湖駅1

駅を出ると、レトロな巡回バスが待っていてくれます。  

河口湖駅6

想像以上に奇麗で立派な駅なのでびっくりしましたが、2006年に建て替えられたようです。

河口湖駅2

構内は、登山客や観光客で混み合っていました。

河口湖駅5

富士急行は大月駅から河口湖駅までの18駅、26,6km。
大月も駅100選なので、いつか輪行で来るのも良いな~なんて密かに夢が膨らむのでした。

河口湖駅3

電車にも富士山の姿が・・・。去年から運行の始まった、レトロモダンなさび朱色の登山電車「赤富士」 「青富士」に是非とも乗ってみた~い。

河口湖駅4

駅前には富士急行の前身である、富士山麓電気鉄道のレトロな「モ1形電車」(昭和4年製造)が保存されていました。

河口湖駅7

河口湖駅10

この木の風合いや室内灯が、とっても良い感じです。

河口湖駅8

河口湖駅9

観光案内所の屋根からは、ニングルが見守ってくれていました。また、いつか来るからね~。

河口湖駅12



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。



プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。