スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カヤの平キャンプ1日目

久しぶりにキャンプに行くことになったのは良いのですが、気になるのはお天気でした。ずっと暑かったのに私たちの出かける19~21日は曇りと雨マークが並んでいます普通の旅行でも雨は嫌なのに、キャンプとなるとテント設営、撤収時の雨は本当に大変です。
昔キャンプに行ってた頃と車も変わったし、キャンプ道具一式と家族4人と2匹が乗れるのだろうか・・・?

でも、今回は2匹を連れていくとトレッキングが出来ないし、雨が降ったらテント泊は大変なのでワンコ達は動物病院に預けることにしました。う~、私たちの宿泊費よりもペットホテル代の方がずっと高いよ~

ギリギリまで天気予報を気にして悩みながらも、屋根裏から下ろしてきたキャンプ道具。ギュウギュウに積み込んじゃったし、雨がひどかったらその時考えるとして、とりあえず長野に向けて出発進行~

6時過ぎに出て都内を抜け、関越から上信越道へ。軽井沢より先の高速はあまり走らないのでSAも物珍しくて色々とお買い物。
小布施PAには美味しそうな果物がいっぱいで、桃にブドウにブルーベリーにプルーン・・・とフルーツ買いまくり。ここの桃がほっぺ落ちそうなくらい絶品なのでした。また食べたい~。

キャンプ2


信州中野インターで降りて、まずはお蕎麦で腹ごしらえ。
やっぱり、本場。道の駅の食券製のお蕎麦だって大満足の美味しさでした。

キャンプ3

この時期、この辺はどこもかしこも桃だらけ。こんなに完熟で美味しそうな桃が一箱500円~1500円位です。もう安すぎてビックリ!引っ越してきたいよ~。

キャンプ7


道を走れば両側には葡萄畑に桃畑。
美味しそうな完熟の桃たちが鈴なりの景色なんて、初めて見たかも~。感激。

キャンプ14


可愛らしい桃にうっとりしながらキャンプ場に向かいましたが、通り道なのでちょっと渋温泉に寄り道しました

ジブリの「千と千尋の神かくし」の湯屋のモデルになったと言われている旅館がお目当てで寄ったのですが、とても風情あふれる温泉街で、またゆっくりと来てみたいと思います。

浴衣と下駄でのんびり歩いてみたい。

渋温泉3

木造の古い旅館が沢山並んでいました。

渋温泉2

その中でもやはり目を引くのがこちら「金具屋」さん。
国の有形文化財に登録されている木造4階建てのこの旅館は昭和初期に建てられたものですが、釘を使わない通し柱と梁の組み合わせのみの伝統敵軸組工法で建てられています。
こんな素敵な旅館にいつか泊まってみたいけど、とりあえずそんな夢は置いといて、我が家の今宵のねぐらを建てにキャンプ場に急がなくっちゃ~

渋温泉1

ブナに囲まれた静かな山の中を進んで行くと、カヤの平キャンプ場に着きました。
この辺は携帯も圏外です。

キャンプ23

このキャンプ場は10人以下の場合は予約の必要もなく、どこにテントを張るのも自由です。

キャンプ15

白樺林の中も気持ちよさそうだし、牧場横の広々した草原も良いしどこにしようかと悩んでいたら、管理人さんからのアドバイス。
明日、明後日の雨を考えると林の中は雨が切れないので良くない。しかも濡れたテントの撤収の大変さを思うと、空いているし今回は常設テントを利用してはどうか?という提案でした。

見せていただくと常設テントは新しいし広くて清潔 隣に持参したメッシュのタープだけ張ることにしました。
常設テント1600円、施設使用料一人100円。なので1泊4人で2000円。2泊で4000円也。超リーズナブル。
ゴミは全て持ち帰り。焚き火の直火は禁止。規則はこれだけ。いたってシンプルなキャンプ場です。


キャンプ8

キャンプ16

タープだけなのであっという間に完成~。

キャンプ17

雨は大丈夫そうなので、夕飯前に北ドブ湿原までお散歩してみました。

キャンプ24

キャンプ12

キャンプ18

キャンプ25

キャンプ20

キャンプ13

さあ、夕飯の準備ですよ~。キャンプ場では良く働く娘たち。

キャンプ10

夕闇が迫ってきて段々冷えてきました。

キャンプ11

道の駅で買ってきた、生でも食べられるという甘~いサニーショコラというトウモロコシ。

キャンプ21

寒いので娘たちの作ってくれたポトフが美味しかったです。
何とか雨に降られずに夕食が食べられて良かった~。
寒いし、疲れたし今日は早めに寝ちゃおうね。

キャンプ22




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


スポンサーサイト

もう3年!まだ3年?

「石の上にも3年」と言いますが・・・

岩


昨日ははブログ3才のお誕生日でした 今日から4年目です。
今日は花火大会に出かける娘に浴衣を着付けましたが、可愛いブログちゃんにも七五三の着物でも着せてお祝いしてあげたい気分

夫婦で週末ポタを始めて約3年半。最近はだいぶ環境が変わってしまい、あまりお気楽に自転車で出かけられない状況になって来ました

夫、トッシーは正に働きバチ世代突入。管理職に伴う「責任」という重~いお荷物やら、「お付き合い」という使命やら諸々背負って休日もままならない日々。

じゃあ、私は女王バチとして君臨してればいいのかと言えばそんなことはなく、高齢になってきてあれこれと手助けの必要になってきた両親のお世話係りという大役を仰せつかっておりまする・・・。

去年の叔母の介護で得た少々の知識をフル回転させて、仮に手抜きの嫁と言われようとも色んな助けを借りてなるべく無理なく過ごすべし。叔母よりも距離も関係も近い分、こじれたら大変ですからね~


「桃栗3年、柿8年」
3年でこんなに見事な桃がなるなんて凄いな~。

桃



最近は、ブログの更新も思うように出来ないし、自転車ネタもあんまり無いし、ブログの引越ししようかな、と思うこともあるのですが、自転車に乗れなくても、自転車ネタがなくても、このまま自転車ブログにいたいな~と思っています。

だって、自転車が好きだから
(乙女チックにピンクにしてみました)

自分達では思うようにいろんな所に行けなくても、皆さんの楽しい記事を読ませていただきたいから。

こんな情けない状況のブログですが、これからも続けられるところまでのんびり綴ろうと思っています。
こんなブログに訪問して下さる皆さん、いつも本当に、
どうもありがとうございます。

これからも、どうぞよろしくお願いしますね~。



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


キャンプだホイ♪キャンプだホイ♪

キャンプだ、ホイホイホ~イ
という何とも能天気な歌が有りましたが、調べてみたらこれはマイク真木さんの作ったちゃんとした歌だったんですね。

キャンプ1


我が家は昔、キャンプ一家でした。
長女が幼稚園の時に友達家族に誘われて、当時1才前の乳飲み子だった次女も連れて那須へ初めてのキャンプ。

勿論行く前はトイレは綺麗なの?虫が嫌だ~・・・と、お約束の心配をして抵抗しましたが、出来たばかりのピカピカのキャンプ場のトイレは今夜ここに泊まろうかしら~と思うほどに快適だったのです。
今思えば人工的すぎる環境でしたが、子連れの初心者家族が安心してキャンプを楽しむ入口としては正解だったかなと思います。

その後キャンプの楽しさにはまってしまった我が家は、暇さえあれば週末ごとにあちらこちらのキャンプ場へ。

でも少し慣れてくると、区画の決まった狭苦しいオートキャンプ場が嫌になり、広さや自然を求めて東北や北海道を1週間位かけて回るようになりました。
子供も小さく毎日沢山出る洗濯物が大変でしたが、コインランドリーを利用しながらふらふらと自由気ままなキャンプを楽しみました。

東北1周、北海道を3回ほど回った後は、無印良品のキャンプ場にはまって、犬を飼ったこともあり滞在型のキャンプに変わっていきました。

段々子供たちも大きくなって、受験やら部活やらで忙しくなり、5.6年前の乗鞍を最後にキャンプからは遠のいていました。


今や就職して何かと忙しい長女、大学生になり部活やバイトでほとんど家に居ない次女、夏は各自で楽しむべし!と思っていたら、長女が急に3連休が出来たので何処かに行きたいと言い出しました。
先日、富士山に登ってきた流行りの山ガールの長女からは、キャンプをしてトレッキングを楽しみたいとの提案です。

え~、今更キャンプですか~。面倒くさいな~。
でも、確かにあの星空、朝の清涼な空気、美味しい外ご飯・・・面倒くさいけど、ちょっと惹かれるのは事実です。
なかなか家族4人揃うこともありません。忙しくて夏休みは取れない予定だったトッシーも、長女の申し出はやはり嬉しかったのでしょう。無理して1日休みをとってきました。

さて、久しぶりの2泊3日のキャンプ・・・。どこ行こう?と思ったときに去年の事を思い出しました。そうだ~、ここへ行きたかったんだ~荷物がいっぱいで自転車は持っていけないけど、カヤの平へ行こう!ということになったのですが・・・。

・・・続く・・・



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


I LOVE 小田和正さん

ジャニーズや韓流スターに夢中な友人達が沢山います。彼らの話をする時の、そのキラキラした瞳や上気した頬を見るたびいつも羨ましいな~と思います。そのときめきは、日々確実に失われつつある女性ホルモンも補充出来るらしいし・・・。

是非とも見習いたい、私もどこかの誰かに熱狂的にハマりたい、と思ってもなかなかその一人に出会えないのです・・・。そんな冷めた私でも、少し切なく幸せな気分になれる人・・・それは小田和正さんです。

高校時代に1度だけオフコースのコンサートに行った事はありますが、その後なかなか機会のないままに時は流れてしまい、このごろはひたすらに年に1度のTV番組「クリスマスの約束」を楽しみに待つ日々でした。

でも信じられないことに、いつの間にか小田さんも還暦を過ぎてしまい、一体この先いつまでツアーをしてくれることやら・・・。そして、そんな自分だっていつどんなことになるか分からないんだし、行けるときに行っておかなければ絶対後悔する~と思って、一生懸命チケットを取りました。

あらゆる方法で頑張って、やっと手に入れた貴重な2枚のチケット
まさに夢見心地。5月の連休を楽しみに待っていたのですが、震災の影響で延期に・・・
中止になるかも~と心配しましたが、3ヶ月程延期になりやっと先日、代々木体育館に行ってきました。

誰と行こうかな~。トッシー?仕事忙しくてあてにならないしな~。やっぱり小田さん大好きな人と行きたいな~。
と思った時、高校時代の友人の顔が浮かびました。

卒業後、進学して就職して結婚して、いつの間にか遠く離れて住んで年に1度年賀状で近況を伝え合う以外、あまり連絡をとったりはしていませんがダメもとでメールをしてみると、すぐに「行く~~~」との返信。そう来なくっちゃ!

当日はライブに行かない友人もランチだけ誘って、3人で会うことに。
前日の夜になって、明日は何を着ていこうかな~、あ~美容院に行っておけば良かったな~、思い切ってネイルとかしてセレブなマダムを装えば良かったな~とか、どうでもいいことを考えてなかなか寝付けず・・・。

待ち合わせは、普段は全く縁のない表参道ヒルズ。

猛暑の1日でしたが、ケヤキ並木のおかげで目には涼しげです。
同潤会アパートがなくなるときは寂しい気分でしたが、今やすっかり表参道に馴染んでいます。

表参道ヒルズ1

悩んだ結果選んだお店は、野菜の美味しさが評判の「やさい屋めい」さん。

めい

夏の畑・めい御膳、1980円也。
お値段はヒルズ価格なのでしょうが、新レンコンをふんだんに使った野菜料理はとっても美味しゅうございました。

めい2

そして、何よりのご馳走は久しぶりに会った友人たちとの思い出話かな。
考えてみたら身内でもないのに名前を呼び捨て出来るのは、学生時代のほんの限られた友人だけですね。
楽しくおしゃべりした数時間後、さぁ、そろそろお待ちかねの会場に移動だ~

夕暮れ近くの原宿駅近辺は、明らかに年齢層の高さが目に付きます。

歩道橋に上がると、あ~、見えてきた~。

小田さん2

小田さんのイラストが私だけに手を振ってる~。←既に変な人・・・。

小田さん3

会場に入ってみると正面からは外れていたけれど、一応アリーナの3列目。花道も近いよ~。ワクワク。
天井近くまでぎっしりと埋まった客席は、アラフォー、アラフィフの男女の熱気で溢れています。ここにいるこんなに沢山の人たちがみんな小田さんのファンなんだと思うと、泣きそうに嬉しい気分。貴女も、貴方も、あなたも、きっといい人よね~とみんなに握手したい気分。


そして待ちに待ったそのとき・・・。え~、いきなり立つの~。さすがアリーナ、体力持つかしら~と思ってたら、頃合を見て一同着席。そこは、ほら、無理は禁物のお年頃のファン達だしね。

それにしても、かっこいいダンスや決めのポーズがあるわけでもないのに、小田さんがチラッとこちらを見るたびにちぎれんばかりに手を振る中年男女たち。(含、ハルル)
60過ぎのオジサン(キャー、ごめんなさい)の姿を熱い眼差しでひたすら見つめ続け、歌いながら移動するその姿を追ってはぐるぐると体の向きを変えるオジサン、オバサン達(含、ハルル)。何だかとっても微笑ましい。

とにかく小田さんは身軽で元気です。遠くの席のファンを思って花道を走り回るその姿は、とても63才には思えません。そして、何より圧倒的なその美しい歌声・・・。
最近の曲から、オフコース時代の懐かしい曲まで途中楽しい映像も挟みながら、3回のアンコールを含め3時間以上のステージは、もう心から大満足です。

相変わらず、あまり話の得意ではない小田さんは、多くを語ることなくひたすらに歌ってくれました。
そして私たちは懐かしいメロディーに胸いっぱいになり、何度も何度も涙ぐみながら夢のようなひとときを過ごしたのでした。


ありがとう、ありがとう。小田さん。素敵な時間をどーも、どーもありがとう。
9月にまたドームに行っちゃいます。
その日を楽しみにまた毎日、頑張ります。


小田さん1




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

ひまわりポタ・失敗・・・

ちょっとバカンスに行っていたら・・・ウソです。
様々な雑事と暑さにやられてボンヤリしていたら、あっという間に8月も2週間が過ぎてしまいました。
7日(日)のポタ日記です。


あけぼの山8

夏だからヒマワリが見たかったんです。


この夏、職場の引越しに伴い、都内まで電車通勤になった夫。今までより2時間ほど早く起きて通い始めましたが、慣れない通勤に疲れはて週末はへろへろです。その週末もお付き合いのゴルフやら、出張やらでこの所ほとんどまともな休日がありません。

まぁ暑いし、暫くは自転車お休みだ~と思ってたら、久しぶりにフリーな1日。
暑いけど、そんな事よ~く分かっているけど、気分転換にちょっとだけ走りに行こう。
夏ならではの一面のヒマワリが見たい!と、思いました。


沢山走るつもりはなかったので、デポ地は手賀沼の道の駅。
暑い中でも、いつものようにチームジャージでバッチリ決めたロードのグループ、のんびり親子サイクリング、楽しげなタンデムバイクと、相変わらず沢山の自転車が集まっている手賀沼サイクリングロード。

手賀沼18

トライアスロンの練習の人たちが準備体操中でした。カッコイイ~。水泳とマラソンが苦手な私は、トライアスロンってひたすら尊敬しちゃいます。

手賀沼14

手賀沼はハス畑に変身していました。

手賀沼16

手賀沼15

今日のお供は久しぶりにブロンプトンのモモと、台湾からやってきたKHS君のフォールディングコンビ。

手賀沼17

手賀沼添いをぐるっと回ると、白鳥のペアに出会いました。慣れているのか近づいても逃げません。

手賀沼19

少し走ると今度は、子供連れの白鳥家族にも会えました~。
真ん中にいるのが、みにくいアヒルの子から変身したばかりの、グレーがかった子供の白鳥。

手賀沼22

白鳥にお別れして手賀沼をそれて、ヒマワリ求めていざ、あけぼの山農業公園へGO!

距離的には大して遠くはありません。楽勝のはずでした。
でも、水辺を離れて日陰のない道を走っているうちに、アスファルトの照り返しもあり急激に体力を奪われて辛くなってきました。

休みたくても田んぼの真ん中、どこにも日陰がないので仕方なく何とかノロノロと走っていると、公園の風車が見えてきてやっとの思いで到着・・・

持っていたポカリを飲み干して、500mlのポカリをまた飲み干して・・・。
暫く水辺の東屋で休憩・・・。

結局この東屋に座ったきり、公園内は歩けませんでした。
軽い熱中症だったようです。

あけぼの山10

東屋からヒマワリ畑の方を見ても・・・念願の黄色が見えない・・・。

あけぼの山14

トッシーの偵察によると、ほとんどのヒマワリがうなだれているらしい・・・。

あけぼの山12

ほんの少し残ってはいるけれど、もう見頃は終わりで刈り取り寸前でした。
え~、一面のヒマワリ畑を楽しみに、暑い中走ってきたのにな~。(click→こちらが、以前見たヒマワリ畑です。)

でも、ハスはまだまだ見頃で、アマチュアカメラマンが沢山訪れていました。

あけぼの山7

結局、私はヒマワリ畑に足を向けることなく、寄り道なしで最短距離で戻ることになりました。

途中、通りかかった野菜の直売所で珍しいハチミツをゲットしました。
栄養たっぷり、元気がでそう~。クマのプーさんになった気分。

あけぼの山11

あけぼの山13

手賀沼に戻って来た頃には元気になっていたので、お昼を食べることにしました。
今日はさっぱりとお蕎麦な気分~。この辺はお蕎麦の有名店が多いようですが、こちら「湖庵」さんも人気のあるお店のようです。

お蕎麦2

こんな本格的な看板が出ています。

お蕎麦1

店内は撮影禁止との事で画像はありませんが、トッシーは天せいろ、私は薬味おろしのぶっかけにしました。
ボリュームたっぷりの丁寧な天ぷらと、辛味大根がピリリとしたさっぱりおろし蕎麦。10割蕎麦って、あまり美味しい印象がなかったのですが、こしのあるしっかりとしたお蕎麦で、器も素敵で大人なランチが楽しめました。



ヒマワリ畑が見られないのは残念だったけど、美味しいお蕎麦が食べられたから良かった~。
我が家のヒマワリ達・・・。

ヒマワリ2

娘の小学校の時の夏休みの作品。

ヒマワリ1



   本日の走行距離  28km



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


プロフィール

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。