スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の東北旅行♪その2

「ならぬものは、ならぬのです」
今年の大河は、福島の会津を舞台に女性ながらに鉄砲を扱い戦場に立ったり、後に同志社大学の創設に関わったりという、何ともキリリとした勇猛果敢な新島八重さんの生涯を描いたものです。
八重のお兄さん役が西島秀俊さんだから見始めた、という部分もかなりあるのですが、いつの間にかすっかり会津贔屓になった私はウキウキと会津若松の町に向かいました。

限られた滞在時間なので、残念ですが鶴ヶ城は遠くから眺めるだけにして、城下町を急ぎ足で回りました。

可愛らしい七日町駅からスタート。

東北1

想像以上に古い建物が残っていてとっても素敵な街並みでした。もっとゆっくり歩きたかったな~。

現在は宿と郷土料理屋さんになっている海山物問屋だった渋川問屋さん。

東北2

塚原呉服店と彫られている石造りの洋館は、現在はスポーツ店に。

東北6

町のそこここに古い建物をリノベートしたお店が並んでいます。

東北3

種苗屋さんの壁には可愛らしい野菜のカブの彫刻。
隣の古物「寧ゝや」さん、とっても好みで近くにあったら通いたい。

東北5

一際目をひく、創業300年の老舗「白木屋漆器店」
せっかくだから会津塗りを買って帰ろうと思っていたのに中々決心つかず、結局目の保養だけに終わりました。

東北7

大正時代に駅に飾られていた広告額だそうです。ため息~。
2階は漆器の博物館になっていて、レトロな雰囲気を味わいながら見学できました。

東北8

何の下調べもしていなかったのですが、ここ会津若松は千円札でお馴染みの野口英世ともゆかりの深い土地なのだそうです。

東北4

幼少時に囲炉裏に落ちて負った火傷でくっついてしまった指を、この町の病院で手術をして、その後医学を学ぶために青春時代を過ごした町との事です。小さな頃、偉人伝で読んだお母さんの深い愛情に感銘を受けた方も多いのではないでしょうか。

野口英世が手術を受け、その後書生時代を過ごした旧會陽医院跡は、現在は喫茶店と記念館になっていました。

東北9

東北10

駆け足で回りながら買ってきた、古いお皿と塗り物。印判の千鳥模様がお気に入り。
糸車と会津もめんのボタン。

東北18

後ろ髪を引かれながらも、今夜のお宿、東山温泉に向かいました。

「向瀧」国の登録有形文化財第一号という由緒正しい旅館だそうです。

東北11

日本庭園を囲んで斜面を利用した数寄屋造りの建物です。
ピカピカに磨きあげられた館内は、迷路のような趣ある階段や廊下が続きます。

中居さん、番頭さんがお食事を運んできてくれたり、お布団の上げ下ろしに来てくれたりして、そういうサービスに慣れていないのでちょっと緊張。
今は便利でスマートなホテルは沢山ありますが、いつまでも残して欲しい旅館ですね。
なかなか経験出来ない、贅沢な一夜を過ごさせていただきました。

東北12

東北13

東北14

大河ドラマで何度も見た、こづゆ、江戸時代から続く会津藩直伝の鯉の甘露煮など、会津の郷土料理が並びました。

東北16

さすが名旅館、各界の著名な方々がお泊りになったようでお箸袋の裏には野口英世の書、「美酒佳肴」の文字。
その他にも、東郷平八郎、伊藤博文などの書がお部屋に飾られているそうです。

東北17

フルムーン感漂う写真ですな~。
それでは元気に2日目、出発~!

東北15


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。
スポンサーサイト

夏の東北旅行♪その1

南か北かと言われれば、北を目指します。
海も良いけど、山や森が好き。
暑いよりは涼しい方が、絶対良い。
ヒョウ柄より、絣模様が似合うと思う。

と、なればそれはやっぱり東北地方でしょう~!
って事で、珍しく8月中に夏休みがとれた夫と、3泊4日で旅に行ってきました。

張り切って「その1」とかってしてみたけれど、今回の旅行ブログは最後まで書けるでしょうか?
去年の奈良旅行も、一昨年の琵琶湖方面のブログも途中で投げたままだし・・・。すでに弱気^^;

(なるべく)頑張るぞ~、オー(^o^)/


********

8月28日(水)、相変わらず何処に行くのか殆んど決まってないままに出発。とにかく東北道を走って、目的地として唯一決まっていた福島県の大内宿を目指しました。

トッシーは行ったことがあるとのことでしたが、茅葺きの民家の並ぶ姿が印象的で、私も一度行ってみたかったのです。

夏の終わりのヒマワリに迎えられて、ワクワクの大内宿です。

大内宿10

大内宿4

大内宿5

大内宿6

大内宿7

大内宿8

そして、お昼には、絶対食べてみたいと思っていた、名物、高遠そば。またの名をネギ一本そば。


大内宿1

信じられませんが、何かの罰ゲームのようで笑っちゃいますが、そこにはお箸の代わりにネギが一本・・・。

大内宿2

そうです、このネギがお箸の代わり&薬味なのです。
動揺する私をそのままに、お店の方は至ってフツーに注文をとってお蕎麦を置いていきます。
周りの方も、私から見ると冷静にネギ一本ソバを落ち着いて食べているように見えます。
ここは、慌てず騒がず作法にのっとって冷静にソバを食さなければ・・・。
と、ネギを薬味にポリポリとかじりながら、粛々とお蕎麦をいただきましたYO!
大内宿3

広~い世界から考えたら日本なんてとっても小さな狭い世界ですが、そんな日本と言えどもまだまだ知らないことが沢山あるよな~と、思った大内宿のネギ一本ソバなのでした。

ちなみに以前トッシーが訪れたのは、冬の雪の大内宿だそうで・・・(誰とだYO!)
私も冬にまた行ってみたいな~


大内宿9

大内宿11


   ・・・続く・・・





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。





プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。