スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたらせ渓谷鉄道・輪行ポタ♪その2

トロッコ列車は、足尾駅まででしたが、一つ先にわたらせ渓谷鉄道の終点の「間藤駅(まとうえき)」があるので訪ねてみました。現在は陶芸教室も兼ねていて、カモシカの見られる駅との事です。

トロッコ14

かつては、この先の足尾銅山の採掘場まで鉄道が延びていたようです。今は、兵どもが夢の跡・・・といった風情です。

足尾9

静かな駅では、しだれ桜が見ごろを迎えていました。この辺りは桜、桃、モクレン、コブシ、レンギョウ、ユキヤナギ、水仙、チューリップ・・・と、本来なら順番に咲く花が一斉に咲いて、山里の遅い春を華やかに彩っています。

トロッコ15

足尾

通洞駅の近くにある足尾銅山観光に行ってみました。

通洞駅

キャラクターの源さんがお出迎えしてくれてます。

足尾2

ミニトロッコに乗って、かつての坑道に入っていきます。短い距離ですが、意外にスピードがあってちょっとドキドキしました。

足尾3

坑道の中は暗くてひんやりと寒く、冷たい水が流れ落ち、何となく恐ろしい雰囲気です。

足尾10

400年間に渡り掘り続けられた坑道は、蟻の巣のように張り巡らされていて、その総延長は1200kmにもなり、およそ東京から博多までの距離に相当するほどの長さだそうです。

江戸時代の手掘りの様子から、明治、大正、昭和と機械化されていく掘削の様子を音声と人形で展示してあるのですが、人形とはいえそのつらい労働の様子が容易に想像される程のリアルさです。
もし、人形に生まれ変わることがあっても、絶対に炭鉱のお人形は嫌だな~と思わせる程の迫真の演技?です。

足尾4

足尾5

足尾6

キャラクターの源さんが、CGを使ってわかりやすく足尾銅山の歴史を教えてくれるミニシアターなどもあり、見所たっぷりです。
ゆっくり見学して出ると、外の光が眩しく感じられましたが、実際の労働者たちは危険と隣りあわせでこの暗い坑道の中でつらい仕事を続けていたんですよね。

足尾7

寛永通宝を作っていた鋳銭座の説明も、人形を使ってわかりやすく再現されています。
先日亀戸で銭座跡を見たところだったので、大人の社会科見学という感じで興味深く楽しめました。
足尾で作られた寛永通宝は、裏に「足」の文字が刻まれていて「足字銭」と呼ばれていたそうです。

足尾8

見学を終え足尾の町を走ると、昔の社宅や使われていない工場が並んでいますが、すれ違う高齢者達の姿に、この町の抱えている問題が垣間見えます。

足尾11

足尾銅山は鉱毒問題で、一時は草木のない時代もあったようですが、植林の努力が実ってやっと最近、山に緑が戻ってきたそうです。
悲しい歴史を抱えた足尾ですが、花たちは何事もなかったように明るく咲き誇っていました。静かなこの山里に幸あれ、と願います。

・・・続く・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あっ!

先を越されてしまいましたあ~。

足尾銅山観光良かったでしょう。
自分もこの「ミニトロッコ」に乗ったことが有りますが、地中に潜るのが怖かった事を覚えてます。

わたらせ渓谷鉄道のトロッコにも乗って、良い旅をされましたね。

>のすポタさん こんにちは

ただ、トロッコに乗ってみたい一心で行ったのですが、見所、走り甲斐いっぱいのコースでした。

足尾銅山観光、思ったよりもとても充実した施設ですね。
じっくりお勉強できました^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは!

足尾銅山の跡地って、こんな観光スポットになっているんですね。裏に足の字がある寛永通宝って、おもしろいですね~。
それにしてもミニトロッコ、閉所恐怖症気味の私には、なかなかおっかない乗り物に見えます。だって、自分の身体で坑道がいっぱいになってしまいそうなんだもの。こわ~っと思いつつポチッ! また遊びにきますね。
P.S.リンクの件、ご快諾ありがとうございました。これからも、どうぞよろしくお願いいたしましね~!

坑内写真のほっかむりは私です。
悪さをして足尾まで流されてきました。罪の重さにやってきたことのすべてを反省しています。

「公園で全裸になってひとりで大声をあげていたことに・・・。もう、いい人でいるのをやめます。これからは、私の本当のすべてを出して行きます。お酒もチョッビとにしときます。」



あ~夢だった。
家人Yは「大声を出していました」だと。

>チャリじいさん こんにちは

そうですね~。
結構、暗くてお人形もリアルなので、小さい子供とかは大丈夫なのかな?と思いましたが、閉所恐怖症気味の方にとっても、ちょっと怖いかもしれませんね。
天井が低くて、私でも頭をぶつけそうな場所もありましたから・・・。
でも、なかなか見学しがいのある施設でしたよ。

ポチッ!いつも有難うございます!

>Tonyさん こんにちは

何だか、悪夢の種になってしまったようですいませんね~^^;
当時の様子が偲ばれる程リアルなお人形達に、思わず同情してしまいました。

少々飲みすぎてブラックアウト(記憶喪失)を経験した酒飲みなら、草薙君に同情してしまう人も多いのではないでしょうか。
思い当たるふしがありますので、飲みすぎに気をつけさせていただきます^^;

今宵はごゆるりとお休みくださいましね^^

トラックバック

http://chaochi.blog7.fc2.com/tb.php/228-2d5c4345

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。