スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の旅行、東照宮編

日光3

日光には何度か行った事がありますが、いまや世界遺産にも指定されている東照宮には小学校の修学旅行以来、ゆっくり行った事がありませんでした。
千葉県育ちの娘達は、修学旅行で日光に行っていないので、東照宮に行ってみたいとの事で、目的のアルパカに会えたので那須の観光は終わりにして、2日目は日光に行く事になりました。

東照宮に行く前に、すぐ近くにある国の登録有形文化財の金谷ホテルに寄ってみました。

日光2

ホテルの素敵なレストランの様子はテレビなどで見た事があって、ペット連れは無理だろうけど、もしかしたら入れる場所もあるかもしれないと思い聞いてみたのですが、残念ながらホテルどころか近くにはペットと一緒に食事のできる場所はほとんど無いとの事でした。うすうす予測はしていましたが、せっかく湯葉料理を楽しみに来たのにな~。

坂の下には、元、金谷ホテルのお土産屋さんだった「日光食堂本店」がありました。
こちらも趣のある建物です。

日光11

杉木立に囲まれた日光の杜の表玄関では、赤い神橋が迎えてくれます。

日光1

天に向かって伸びる静かな杉木立の中を歩いていくと、受付に着きました。
二社一寺共通拝観券は、大人1300円。建物内はペットは入れないので、交代で外で待つようにと流暢な日本語を操る外国人の巫女さんに説明していただきました。

輪王寺、三仏堂。東日本では最大の木造のお寺だそうです。

日光4

中には高さ8,5メートルもの、見上げるような高さの金色の仏像が三体安置されていましたが、来年から大改修に入るようで10年くらい入れなくなるようです。
外で交代で待っている間、修学旅行やツアーの添乗員さんたちの説明を横で聞いていたので色々と勉強になりました。

日光5

参道を歩き、東照宮を目の前に、横道に茶店のようなものがあったので、こちらでお昼休憩をしました。

湯葉入り蕎麦1000円。観光地価格ですが、とりあえず湯葉が食べられたので良しとしましょう。

日光9

朱塗りの仁王門を入ると、何となく見覚えのある広場に出ました。

境内唯一の素木造りの重要文化財の神厩(しんきゅう)。東照宮の神馬を入れる馬屋の事です。
猿が馬の健康安全を守ってくれるとの信仰によって、この建物の欄間に8枚の猿の彫刻があるようですが、その中の1枚があの有名な『見ざる、言わざる、聞かざる』なのですね。

日光8

8枚の猿の一生を表す彫刻に、人の一生を重ね合わせる奥の深い意味があったとは、小学校の修学旅行ではわかりませんでした。私達が7枚目の荒波の中の夫婦猿なら、幼少期を過ぎた娘達は、今何枚目にいるのでしょう。挫折や悩みを抱えながらも素敵な恋愛をして、幸せな人生を歩んで欲しいと願いは彫刻の猿たちと同じです。

日光7

『眠り猫』とともに東照宮の3彫刻の一つにもなっている『想像の象』
江戸時代には、まだ日本に象が居なかったので、狩野探幽が書物などを読んで想像で描いた物だそうで、耳が裏返しだったり、尻尾が三本に分かれていたりしますが、躍動感溢れる彫刻を見ているとかなり想像力豊かな方だったのでしょうね。

日光6

国宝の陽明門。その息を呑むほどの圧倒的な彫刻に、時間を忘れて見入ってしまう事から別名「日暮門」と呼ばれるというのも納得の門です。

日光13

撮影は出来ませんでしたが、有名な天井絵の『鳴き竜』の鈴のような声?もしっかり聞くことが出来ました。
参拝客をある程度集めて説明をした後、拍子木を高らかに打ち鳴らして聞かせてくれるのですが、そのよどみない説明はどこぞのテーマパークのお兄さんのようです。そして、ここでもまたお守りの宣伝も入るあたり、世界遺産といえども商売は大事なのでしょうね。

東照宮からニ荒山神社に向かうと観光客の姿も減り、杉の巨木に囲まれた静かな苔むした景色を楽しむ事が出来ますが、とにかく急な階段の連続でそろそろ元気なワンコ達も私達も足元がふらついてきました。ここは、脚力に自信があるうちに訪れる場所ですね。

日光14

日光15

日光16

この日は、うす曇りでしたが、雨が降るわけでもなく日傘が入るわけでもないお天気で、ゆっくり見て回る事が出来てちょうど良いお天気でした。

そして、日光を訪れる外国の方の多いことには本当に驚きました。皆さん、熱心にガイドブックを見ていたので、思いつきで勉強不足のまま見に行った私達よりも多くの事を知っている事でしょう。

今回はワンコ連れと言う事で、見学や食事にも制約がありましたが、犬好きな方との触れ合いも多く、(特に外人さんには何度も声をかけられてその度にドキドキでしたが)思い出に残る楽しい旅になりました。

日光17

また一緒にお出かけしたいワン
日光18

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは^^

お疲れ様でした^^
日光は子供が小さい頃に(珍しく)家族旅行で行ったのですが、
この前、娘達にその話をすると、「知らな~い」ですって><
そんなもんですね(笑)
今行くと、形とか風景くらいは覚えていてくれるかな??
でも、不思議とこの歳(同年代と勝手に仮定して・・)になってくると、
文化遺産の深さとか意味合いに思いを巡らせるようになってきますね。

>nahotaro さん こんにちは

我が家も子供達が小さい時に連れて行ったところは、ほとんど記憶がないようです。
色々とわかるような年頃になると、今度は部活やら塾やらでなかなか行けなくなるし、全て大人料金でお金もかかるようになっちゃうし・・・^^;
家族みんなが楽しめる旅行の時期は、意外と短いかもしれませんね。
今のうちに沢山、良い思い出を作ってくださいね。

多分nahotaro さんとは同年代でしょうね。
日光は昔はわからなかった奥深い魅力が感じられて、とても良かったですよ。
今度はペット抜きでゆっくり行ってみたいですね。
大人の修学旅行にお勧めです^^

トラックバック

http://chaochi.blog7.fc2.com/tb.php/294-b4b7e147

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。