スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港のダホン久里浜、横須賀~♪ポタ その2

「太平(泰平)の眠りを覚ます蒸気船(上喜撰)、たった四はいで夜も眠れず」

江戸時代、浦賀沖に忽然と現れたペリー率いる黒船四隻に、当時の人たちは大騒ぎだったでしょうね。あの、坂本竜馬や幕末の武士達も江戸から見に来たそうです。

ペリー3

久里浜港からすぐ近くに、意外にこじんまりとしたペリー公園がありました。
記念館は無料なので入ってみると、ペリー来航時の資料や模型などが展示してありました。

ペリー2

ペリーご一行様、上陸の図。

ペリー6

記念碑の文字は伊藤博文の直筆だそうです。

ペリー5

公園でコンビニ朝ごはん。
江戸時代の忍びが、こんな美味しいものを食べていたとは思えませんが(笑)

おにぎり1

おにぎり2

つい入ってみたくなるネーミングの食堂。

ペリー4

浦賀に向かい坂道を上がっていくと、素敵なマリーナの奥に、忘れ去られたようにひっそりとレトロなレンガ積みのドックがありました。

浦賀マリーナ

れんがドック

海沿いに進むと、太平洋戦争の引き上げに使われた陸軍桟橋の向こうに「浦賀の渡し」がありました。全国でも珍しい水上の市道だそうです。

浦賀の渡し4

面白いシステムですね。

浦賀の渡し2

注意書きがあって、桟橋の定員は3人だそうです。
立派な御座舟には自転車も乗っていて、市民の足となっているのが伺えます。

浦賀の渡し5

何となく賑やかだと思ったら、この日は近くの西叶神社のお祭でした。
あちらこちらから太鼓の音や掛け声と共にお神輿や山車を引く姿が見られ、出店がぎっしりと並び、朝から町中が華やいでいます。
歴史の浅い新興住宅地に住んでいるので、こんなお祭の様子を見る度いつもその町の人たちが羨ましくなります。

西叶神社4

西叶神社3

西叶神社2

立派な彫刻が目立ちますが、ゆっくり見られる雰囲気ではありませんでした。
源氏の再興を祈願して建てられ、平家が滅亡して願いが叶った事から叶神社という名前をもらったそうです。

西叶神社1
 
海を挟んで向かい側の、東叶神社にもお参りをすると願いが叶うそうなので、色々と一生懸命お願いしてきました。勝海舟ゆかりの場所のようですが、西叶神社に比べると静かな雰囲気でした。

東叶神社1

東叶神社3

東叶神社2

お祭でにぎわう道沿いに、どこまでも長い塀が続いています。
平成15年に閉鎖されてしまった浦賀ドック跡地です。
軍艦から青函連絡船、日本丸、大型タンカーなど1000隻もの艦船を造り続けてきたドックですが、今は高いレンガ塀越に、明治時代に造られたドライドックが見えるだけです。

かつては造船の町として賑わっていたのでしょうに、残念な眺めです。

浦賀ドック
 
周りをぐるぐる走ってみましたが、中は見られないようなのであきらめて灯台に向かう事にしました。

   ・・・続く・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://chaochi.blog7.fc2.com/tb.php/309-fc0a39ed

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。