スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港のダホン久里浜、横須賀~♪ポタ その3

観音崎灯台3

観音崎灯台は、明治2年完成の日本で最初の洋式灯台だそうです。
灯台って大体高いところにあるよな~と思いながら海沿いの道を走ると、歩道に並ぶ可愛い灯台達。

途中から、自然公園の中の静かな道に入ると、ひっそりと砲台跡がありました。

観音崎灯台1

滑りやすい坂道なので自転車を押しながら上っていくと、細い切通しの向こうに、灯台が現れました。

観音崎灯台2

S字にカーブしている上に交通量が多い海上交通の難所、浦賀水道は沢山の船が行きかっています。

観音崎灯台4

灯台を後にして走り始めると、気持ちの良さそうな横須賀美術館と素敵なレストランが見えました。
気になるけど残念ながらまだお腹が空いてないので、通り過ぎます。いつか来たいな~。

横須賀美術館

ここまでも若干の山坂はありましたが、ここから横須賀に向かう走水の辺りの坂はシンドイ~。

水道局があって、古いレンガ積みの水道設備が目を楽しませてくれるので気を紛らわしながら走っていると、いきなり海沿いの綺麗な道に出ました。

気持ちよく海沿いを走れるかと思いきや、自転車は走行禁止でした・・・。残念。
高潮対策のための海域環境に優しい護岸工事との事です。

うみかぜの路1

歩道も整備されていて走りやすいので快適に走りぬけ、この日1番の目的と言っても良い「三笠公園」に向かいました。

うみかぜの路2

世界三大記念艦の一つ『三笠』と東郷平八郎の像。
夫はとても楽しみにして来たようで、普段は入場料を払うのを嫌がる方なのですが、一人500円を払い意気揚々とこの動かない船に乗り込みました。

三笠1

【記念艦三笠の由来】
「三笠」は日露戦争中、東郷平八郎大将が指揮した連合艦隊の旗艦であり、明治38年5月27日の日本海海戦において、ロシアのバルチック艦隊38隻を撃滅する功績をたてて日本の独立と安全を確保し、その後日本が繁栄する基礎を作った記念すべき戦艦です。
【観覧権の裏書より引用】

三笠2

艦内には様々な展示物や、乗組員の部屋などが残されてなかなか楽しく見学できます。
上官の命令で大砲に弾を入れるリアルなお人形たち。当時はこの部屋でハンモックで寝起きしていたそうです。

三笠3

夫は仕事柄、鉄板の厚さや溶接方法や、一般の人が気にもしないような部分にいちいち感動していましたが、私が気に入ったのは、クラッシックホテルのような素敵なバスルーム。

三笠4

三笠6

三笠5

ビデオを見たり音声ガイダンスを聞いたり、いつに無くゆっくり見学しました。気が着いたら、とってもお腹が空きました。何食べる~?

・・・続く・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

横須賀・港、海なし県の人間には憧れの景色ですね~。
海の香りが伝わってきました。

ご主人は、造船関係のお仕事でしょうか?それとも、建築・土木?
溶接に興味があるとは!
親近感が湧きます。

>のすポタさん こんにちは

千葉にも海は沢山ありますが、横須賀は全くちがう雰囲気でした。
色々な町があって、楽しいですね。

夫は造船関係の仕事です。
図面を見たり、以前はハンマー片手にドックに通った事もあります。
私もこれはリベット溶接かな~、くらいの知識はあります^^

トラックバック

http://chaochi.blog7.fc2.com/tb.php/311-ed4365b9

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。