スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の一夜♪

更年期の名の元に、引き続き「行きたい所へ行く、見たいものを見る!」強化期間中につき、かねてからの念願だった熊川哲也のバレエを見てきました。

特にバレエファンというわけではありませんが、テレビで彼を初めて見た時の驚きは忘れられません。

今でこそ、広く知られるようになった熊川哲也ですが、彼がまだ英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルで、日本に凱旋公演に訪れていた時で、
「人ってこんなに高く跳べるんだ~」と、その並外れたジャンプ力に目を疑いました。
バレエ団への登竜門、ローザンヌのコンクールで拍手は禁じられているにもかかわらず、少年熊川哲也は拍手を浴び、御馴染みの辛口コメントも影を潜め、若干の身体的欠点以外は絶賛されたのでした。

その後、日本に戻り、Kバレエカンパニーを立ち上げて自らもトップとして踊りながら、若手の育成や日本におけるバレエの地位確立のために手を尽くしているようです。

芸術家達がなかなかそれだけでは食べていけないこの国において、確か、バレエできちんと食べていけるお給料制にして、団員達が安定した身分で安心して踊れる環境を作りたいというような事を言っていたので、それは素晴らしい事だなと思った記憶があります。

Kバレエカンパニーは、衣装や舞台セットにも力を入れているようなので、その点でも見ごたえのあるバレエのようです。

昔は若さゆえか、誰もが認める実力の持ち主ゆえか、ややとんがって生意気とも取れる言動が目立つ事がありましたが、それでも是非一度、実際に彼の踊りを見てみたいと思っていました。

チケットの高さに二の足を踏んでいたのですが、最近度重なる大怪我をして奇跡的な復帰を遂げてはいますが、のんびりしていると引退してしまうかもしれないので、思い切ってチケットを取っちゃいました。

夜の公演なので、その前に少し早めにお食事です。
フランスのガレットが食べられる、素敵なお店でした。

松涛にある、「ガレットリア」
ここだけパリの街角のようです。

ガレットリア1

フランスの田舎のメゾンドット(フランス式の民宿)をイメージして作られた店内は、女子のハートをわしづかみの可愛らしさです。

ガレットリア2

トイレといえども、この素敵なインテリア。

ガレットリア9

ガレット、クレープ、飲み物で2000円のランチコースにしました。
日替わりのガレットは、ドライトマト、ジャガイモ、卵、などボリュームたっぷりでした。

ガレットリア5

林檎のお酒シードルに、デザートのクレープは、バター&レモン

ガレットリア7 ガレットリア8

見た目は軽めに見えますが、お腹いっぱいになりました。
のんびりと寛げる雰囲気の中、友人と心置きなくおしゃべりを楽しんで、夕闇が迫る頃文化村に向かいました。

夜の渋谷は、あまり縁がありません。

バレエ1

バレエ5

初めてのオーチャードホール。胸が高鳴ります。

バレエ2

この階段の上に、念願の舞台が待っています。

バレエ4

おおロミオ、貴方はなぜ、ロミオなの?

バレエ3

あまり良い席ではなかったので、舞台からは少し遠かったのですが、美しい衣装に身を包みオーケストラの音色の中、流れるように舞い続けるバレエダンサー達、そして、彼の切れのあるジャンプと踊り。
夢のような時間はあっという間に終わり、魔法の解けた夜道を、はるばる千葉を目指して家路についたのでした。楽しい一日でした。


ペコちゃん3

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素敵な時間を過ごされましたね。
強化期間、期限無しってことでどうですか~?
やっぱこんな時間は必要ですよね。また明日から頑張ろうという気持ちになるでしょ?(^^)
私も暮れに学生時代の友と四季のアイーダを観に行くことになってます。傷、治るかなぁ。
それから、ガレットリア行きたいです~。おいしそう!お店もおしゃれ!!
文化村の近くですか?

>ナツさん こんにちは

ウフフ~。ここだけの話、実は期限無しのつもりです^^
普段は図書館とレディースデーで楽しんで、たまぁに、こんな極上の時間を散りばめながら、暮らしていきたいです。

ガレットリアは、文化村の前の道を山手通りの方向に歩いていくとありますよ。5分位でしょうか。
そこだけ違う時間が流れています。
余裕を持って行かれて、是非ともゆったりとした時間をお過ごし下さい。

ハルルさん
こんばんわ

熊川哲也を見に行かれたのですね!
私も見に行こう見に行こうと思いながら、チケットの金額に二の足を踏んでしまいまだ見ていません。

実は私もクラシックバレエを14年前から習っています。
見るのも実際に習うのもとても楽しいです。
大人になってから始めたのでなかなか上達はしませんがいくつになってから習っても体に良い素晴らしいメソッドだと思います。

実際、バレエのおかげで貧血や低血圧がいつの間にか治っていたし、痩せていても貧弱な印象を持たれなくなりました。

しかし、レッスンのハードなこと。(ハードなわりには体に優しいんです)たかだか1分程度の振り付けで何度もジャンプが入ったりすると死にそうです。
バレエダンサーが長時間踊り続けらる体力は鍛錬のたまものでしょうね。

熊川哲也は本当にバレエを愛する真面目な人だと思います。
マスコミに出るのも少しでも一般の人たちに少しでも関心を持って欲しいからでしょう。

ハルルさんも機会があったら是非!バレエを体験してくださ~い。

>pochi さん こんにちは

バレエをされているんですね~!素敵~。
pochi さんは、幅広い趣味をお持ちですね。
大人のバレエ教室、とっても憧れです。
お子さんのバレエの発表会などに出ているお母さん方もいますが、骨太、色黒のわが身を見るとどうしても踏み込めません^^;
憧れながら、遠くからうっとりと見せていただく事にします。

バレエのチケットは高いですが、生のオーケストラも聞けて、素敵な衣装も見られて、豊かな気持ちにさせてもらえる事をおもえば、お安いもの・・・とまでは言えませんが、思い切って行って良かったなと思います^^

ハルルさん、pochiさんおはようございます。

わ~嬉しい!実は私むか~しむかしバレエを習っていたんですよ~。小2から22歳まで。途中(高校生のとき)レータードが恥ずかしくて(太ったので)やめてたんですけれど、学生時代に復活しました。バレエ大好きだったんですよね~。
就職してからあまり時間がとれなくてそれっきりになってしまいました。
でも最近。大人のバレエやりたいな~って思っていたんですよ~。もう身体はかたいしアラ半だし・・・だめかな。(^^:
それに怪我しちゃったし。
自転車に夢中だし・・・。
身体がいくつもほしいです~。時間もたくさんほしいです~。(爆)

>ナツさん こんにちは

うわ~、凄~い。本格的じゃないですか。
偶然ですが、何だかpochiさんとナツさんとは共通点が多いですね。

私は娘が小さい時ちょっとだけ習ってていて、1度だけ発表会を楽しんだ思い出があります^^

大人のバレエ教室、良いじゃないですか~。
昔やっていたのなら、きっとすぐに楽しめるんじゃないんですか?
ご近所さんだったら、一緒に行くのにな・な~んてね(笑)

アイーダも良さそうですよね。
色々と楽しい事がいっぱいあって、ホントに身体が二つ欲しいですね^^

ハルルさん
ナツさん
こんにちわ~。

なんと!ナツさんは子供の頃からのキャリアでしたか~。

バレエは成長期に体を変えていくものだからその時期に習っていたナツさん、うらやましいです。

大人になってからだと首がつかない、方向が混乱する、アンシェヌマンが覚えられないと苦難の連続です。
でも楽しいです。

ただこのところ、モチベーションが下がってポアントも限界を感じてどうしようかと悩んでいた時期でした。
ジョギングも楽しいし・・・。

ナツさん。是非復活して下さい!

ハルルさん。
今はレオタードも素敵でスタイルがよく見える物がたくさんあります。
お稽古着という名のもとで幾つになっても堂々と可愛い格好が出来るのもうれしいです。

もうやったもん勝ちですよ~。

それにバレエをやっているのは本当に普通の人ばかり。
決して特別な世界ではないので是非踏み込んでくださ~い。

> pochi さん こんにちは

>もうやったもん勝ちですよ~。

確かにね~。一歩、踏み出せばあの可愛らしいお稽古着が着れるんですね^^
う~ん、我に勇気を与えたまえ・・・という感じです(笑)

トラックバック

http://chaochi.blog7.fc2.com/tb.php/329-7d95b98b

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。