スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22分50秒

来年の事を言うと鬼が笑うと言いますが、去年の事を言ったら鬼が泣くのかな~。


クリスマスの約束


何年くらい前からか、クリスマスの夜はこの番組が楽しみでした。
オフコース時代からずっと小田さんが大好きなので、一人でしみじみ見ては感動を味わっていました。

先月末はほとんどテレビの前に座ることがなく、この番組を見たのはなんと新年明けてから・・・。
『クリスマスの約束』なのに・・・。
鏡餅を横に聞く、クリスマスメドレーはちょっと微妙かな~と思いましたが、始まってみればそれがどうした!の、うっとりする時間が流れたのでした。

ここ数年は、何組かのゲストとともにやっていた番組ですが、今回は小田さんの呼びかけで集まったアーティスト21組とのメドレーという小田さん念願の試みでした。

小田さんのやってみたい思いに、戸惑うアーティストやスタッフたち。
番組は、夏から話し合いを重ねていく様子や、リハーサルの様子なども伝えてくれました。小田さんの意図する部分が伝わらず、実際は小田さん自身もやってみなければわからない、という思いはあったでしょうが、「これに何の意味があるのか分からない」とか、「出来るわけがない」という若い仲間たちからの否定的な意見も流れる中、様々な軋轢をへて、歌い継がれたメドレーは22分50秒

小田さんの素晴らしいアレンジで、全ての曲をそこにいるみんなでサポートしながら歌い継ぐ。
彼の「アーティスト同志がお互いを認め、愛し、尊敬すること」ってこういうことだったんですね

始まった時からみんな、多分、予想はしていたはず・・。
22分50秒後の、その言葉に表せない感動を。

鳴りやまぬ拍手の中、あの・・・小田さんの目にも涙・・・。
「これは僕が一生の中で聞く、一番長い拍手だったと思います。どうもありがとう!」
あ~、やっぱり小田さんだ~
優しいくせにシニカルな事や厳しいことを口にする、ちょっと偏屈な部分もあるけれど、風貌はずいぶんとおじさんになったけど62歳だもの、そんなのあたりまえで、でも彼は今でも野球少年なんだな~。いつまでも部活の部長が似合ってるんだな~。
財津和夫さんの彼らしいひょうひょうとしたコメントや、思いっきり普段着な感じのパーカーも微笑ましかったな

今回の試みは、他のアーティストたちにとっても大きな宝物になったのではないでしょうか。
今の若者が意外に慎重で、まず、頭で考える臆病さのようなものも垣間見えて、とりあえずやってみようぜ!的な冒険心のないところにはもどかしさも感じたけれど、小田さんのような大御所が声をかけることによって、間違いなく音楽界に何か新しい風が吹いたのではないでしょうか。

今年は絶対、何とかして小田さんのコンサートに行きたいよ~


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

隠れオフコース

…のユロっちです。(笑)
ヤスが抜けるまでは大ファンでした。
いまだに
『1982年6月30日武道館コンサート』
『NEXT』
『NHK 若い広場~オフコースの世界』
のDVDはたまに見てます。(^^*)ゞ


『クリスマスの約束』のメッセでの収録の日(11月30日)に
たまたま海浜幕張駅の海側のプレナに行ったのですが、
『クリスマスの約束のチケット譲ってください』
って紙を持った人が駅前にいっぱいいましたよ。

中には『この日のためにニューヨークから来ました』なんて人も。
チケット無しなのにニューヨークから来る?(^_^;)

まあ、それだけ小田さんの人気は衰えてないってことでしょうけどね。

小田さんもいいですが、
ABCっていう清水さん、松尾さん、ジローさんのバンドのライブにも行ってみたいっす。

>ユロっちさん おはようございます

ユロっちさん、駅伝といい、オフコースといい、好みが似てますこと^^;
私たちの年代って、多分隠れ?オフコース多いでしょうね。
私は隠れてませんよ。ってか、ユロっちさんもそれだけDVD持ってたら隠れてないと思いますが・・・(笑)

若い広場、懐かしい映像がいっぱいでしたね。
いつの日か、再結成!とか・・・ないでしょうね~。
それぞれ、ライブなどで活躍しているようですし、今年はぜひ何かに行ってみたいと思います。

おはようございます。

おはようございます。

 私は35歳なのですが、昭和ニューミュージックが大好きなのです。
 オフコースも好きですが、本文中に登場したチューリップの財津和夫さんも好きです、Wake upなどを聞くと、ジーンとします。
 いずれにせよ、最近のアーティストにはない魅力が、昭和ニューミュージックアーティストにあるかと思いました。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ

>たーちゃんさん おはようございます

昭和のニューミュージックは、メロディーがやさしくて口ずさみやすいものが多いので、親しみやすいですよね。
良い歌は、人によっては懐メロでも、いつの時代でも様々な世代の人に受け入れられるものだと思います。
財津和夫さんの声も素敵ですよね~。
「青春の影」は大好きな1曲です。

☆ポチ、ありがとうございます^^

トラックバック

http://chaochi.blog7.fc2.com/tb.php/374-0367477b

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。