スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分の夜

「お父さん、早く帰ってこないかな~。」
ぬり絵の手を止めてアキちゃんは、さっきから何度も玄関の方を見ています。

今日は節分、お父さんが帰ってきたらみんなで豆まきをするのです。

「ただいま~。みんな、ちょっと来てごらん。」
玄関から、みんなを呼ぶお父さんの声がしました。

急いで玄関に行ってみると、長いコートを着たお父さんの後ろに誰かいるようです。

「お客さん?」

「みんながびっくりするお客様だよ。ほら、隠れてないで出ておいで。」

お父さんのコートの後ろからそっと出てきたお客様は・・・
おねえちゃんより少し大きいくらいの・・・鬼でした。

みんながびっくりして何も言えずにいると、お父さんが話しだしました。

駅に着いたら雪が降ってきたので急いで歩いてきたら、生垣の脇から誰かが家をのぞいていたんだ。
誰だろうと思って「家に御用ですか?」って声をかけたら、この鬼がびっくりして尻もちをついたんだよ。

お父さんもびっくりしたけど、お尻を強く打って泣きべそをかいている鬼が可哀想で、つい玄関で休んだらどうかと思って誘ったんだよ。

その話をびくびくしながら聞いていた鬼は、
「優しいお言葉ありがとうございます。もう大丈夫なので出ていきます」
と、言っていますが、雪の降り始めた寒い夜、この鬼はどこに行くのだろうと心配になったアキちゃんは、怖さも忘れて思わず「どこに行くの?」と話しかけていました。

「今まで住んでいた家は、何年も豆まきをしなかったのでのんびりと暮していたのですが、今年は豆まきをしたので、急いで出てきたんです。今から豆まきをしない家を見つけて、そっとお邪魔することにします。」

「豆まきをしない家に住んで、何か悪いことをするの?」と聞くと、

「とんでもない!家の片隅に住まわせてもらえば、何も悪いことなんかしませんよ。
それどころか、絶対に姿を見られない時は、急な雨で洗濯物が濡れないように軒下にずらしたり、赤ちゃんが泣いているときはそっとあやしたり、見えない所なら少しのお手伝いはしているんですよ。」

「へ~、そうなの。鬼って、乱暴者で怖くて悪いものだと思っていたな。」

「昔はそんな鬼もいたようですが、今は鬼の数も減って、みんな穏やかな鬼ばかりですよ。人間に姿を見られてはいけないのですが、みんな静かにおとなしく暮らしていますよ。」

そのころには、アキちゃんはこの鬼を怖いなんて少しも思わなくなっていました。

お礼を言って、出て行こうとする鬼に、

「鬼さん、待って。私の部屋の押し入れを片づければ鬼さんがゆっくりできる広さはあるよ。家で暮したらどう?」

「へ~え、あのごちゃごちゃな押し入れをどうやって片づけるのかしらね~」
お姉ちゃんが意地悪な感じに言いました。

「えっ?ちょっと、待って、家に鬼を住まわせるの?」
お母さんはあわてています。

「だって、外はとっても寒いよ。それにこの辺りはみんな豆まきをするでしょ。鬼さんは、なかなか新しいおうちを見つけられないんじゃない?」

そんな、話をしている間もあちらこちらから

『鬼は~外、福は~内!』という元気な声が聞こえてきます。

「確かに可哀想だねえ。確認するけど、本当に家に悪いことはしないんだね?」

「勿論です。住まわせていただけるなら、絶対にご迷惑はかけません。姿も見せません。」
鬼は大真面目な顔で、きっぱりと言いました。

「じゃあ、家はこれから豆まきは出来ないのね・・・」
季節の行事を大事にするお母さんは、残念そうに言いましたが、あきらめ顔です。

お父さんとお母さんがこんな風にいうなら、もう大丈夫。
アキちゃんとお姉ちゃんは、うれしくてニコニコしてしまいました。

鬼さん、これからよろしくね。姿が見えなくても、私たちを見守ってね。

小雪の舞い散る寒い寒い、節分の夜の出来事でした。

************************************


節分の夜、豆まきをするたびに、暗い夜道を逃げまどう鬼の姿が浮かんでは気になっていました。
お話にしてみたら、少しすっきりしました。
最後まで読んでくださって、ありがとうございます


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

おはようございます。

 節分の日は、いかが過ごされたでしょうか?
 私も娘と豆まきをしたのですが、まだ鬼の存在を信じている娘を見ると、いつまでも娘が「子ども」のままでいて欲しいと思いました。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ

おはようございます。

立派な童話作家になれます。
こころのやさしいハルルさんが、よく表れています。

すばらし~い!
自然に絵が浮かんできました!

>たーちゃんさん こんばんは

娘たちが小さな時は元気いっぱいに豆まきをしましたが、愛犬が来てからは誤飲してはいけないので、豆まきをするときは小袋をまいたりしました。

「いつまでも子供のままでいてほしい」「早く大きくなってほしい」、相反する気持ちで子育てしてきましたが、今の気分は「できれば無邪気な子供の時に戻ってほしい」です。
たーちゃんさんは、可愛いお嬢さんとの蜜月を楽しんでくださいね。

> Tonyさん こんばんは

こんな、作文レベルのものをお誉めいただいて恐縮です。
一気に書いてみて、読みなおすと色々と迷いました。
文筆業の方を尊敬するばかりです。

>ぎざっろさん こんばんは

ありがとうございます。
私は全く絵心がないので絵本にはできないのですが、読んだ人それぞれが情景を思い浮かべてくれたら良いな~と思ったので嬉しいです^^

素晴らしいお話ですね。優しいお人柄がしのばれます。泣いた赤鬼的な、心温まる鬼のお話…。実は悪い鬼なんか本当はどこにもいなくて、それは人の心の中に潜んでいるものなのかもしれませんね。

>ぱれっとさん おはようございます

コメント、ありがとうございます^^

お話にしてみたら、いつも気になっていた鬼の行き場所が決まってホッとしました。

本当にそうですね。
心の中の悪い鬼を追い出すのは厄介ですね。
身につまされますが、気をつけたいと思います。

また、遊びに来てくださいね^^

トラックバック

http://chaochi.blog7.fc2.com/tb.php/380-d3042ab9

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。