スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の秋・・・

夏の猛暑が過ぎたと思ったら駆け足でやってきた秋ですが、夫は仕事が忙しく今月はほとんど家にいません。
私もなかなか良くならないワンコのために、動物病院通いに明け暮れていて、残念ながら今年は全然秋を満喫しないままに終わってしまいそうです。


先日、伯母の介護認定更新のための調査がありました。
圧迫骨折は良くなるどころか、半年前よりもさらに骨折が進んでしまいあまり良い状態ではありません。
すぐ近くに外苑のイチョウ並木があると言うのに、気軽に外にも出ることも出来ません。

地下鉄を降りて伯母の家に向かう途中の、赤坂御用地沿いの紅葉もだいぶ進んできました。


青山3


そろそろイチョウ並木も見ごろを迎えたようで、駅には外苑への案内板が立っていたので、今日こそ車いすで伯母を外に連れ出そうと思いながら出かけたのですが・・・。

部屋の整理をしているうちにあっという間に時間が立ってしまい、結局出かけられませんでした。


中学校の塀に貼ってあったポスター。
青山5


このところ毎年必ず、「捨てる」ということから始まるシンプルな暮らしが話題になりますが、精神論まで問い正すことで一躍大ブームになった「断捨離」(だんしゃり)

・・・漫然と家の中に増えていくものをち、
   不要なものを潔くてて、
   物や心のこだわりかられる・・・

とは言うものの、捨てられネーゼ、もったいない教信者世代の伯母に、長年囲まれた愛着ある物達との決別を説くのは一苦労です。
身体だけではなく心も弱ってきている伯母には、正しいはずの意見も、気をつけないと気落ちする原因になってしまいます。

伯母に物との決別の心得を説きながらも、実はそれはそのまま自分自身への問いかけにもなっているのです。


青山2


人生を四季に例えるならば、しっとりと落ち着いた秋を迎えている40~50代。
木々が葉を落として来るべく冬に備えるように、今のうちから少しずつ身の回りの物を整理して身軽にならなくてはいけませんね。

凛とした冬木立ちの佇まいを心に思い浮かべ、日々物に支配されないようにすっきりと暮らしていかなければ・・・と、伯母の部屋いっぱいの品々を見ながら考える秋の一日でした。



75年ほど前の伯母が小学校1年生の遠足の写真。石神井公園だそうです。
裏書きを見ると「東京市豊島区」の文字・・・。昭和の初めごろは23区は東京市と呼ばれていたそうです。
正真正銘のセピアカラーの写真です。

青山6



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

身辺は単純に。
坂の上の雲の第一部でとても印象に残っているセリフですが、人生の晩年を感じた時にはこの考えのもと身の回りの整理をする事は大事なのでしょうね。しかし今時は人生の秋とはいったいいつなのか? 
心の立ち位置で人生の季節は決まるような気がします。私の両親も老夫婦で千葉に暮らしていますが、今まさに春と言った感じの暮らしようです。しかし身体が不自由になって来ると一気に晩秋を迎えるのでしょうかね。
認めたくはありませんが、必ずその日が来るのでしょうね。

久しぶりに…

ブログ拝見。うんうん、頷けることばかりです。早くわんこを元気にして、都心の紅葉を愛でにいきましょう。六義園もライトアップしてるけど、赤坂でも外苑でも青山でも代々木公園でも…。

ドキッ!

今回の記事は、なんだか自分に向けられたような内容で思わずドキッとしてしまいました。
自分もすでに人生の秋を迎えた年齢でありながら、いまだに新しい自転車欲しいよー!っていったい何を考えているんだとハルルさんに叱られたような感じがしました。
そうなんですよね。人間、誰しもいつか訪れるその時のために、余計なものは残さないってことも大事ですよね。
今回のハルルさんの記事をじっくりと読みながら、自分の身の回りも少し「断捨離」を心がけていかなければいけないなと思います。

>KIKU さん こんばんは

単純に人生80年として四つに区切って考えてみましたが、私はどの季節も大好きです。
秋にも暖かな小春日和があり、清々しい冬の先には必ず春が訪れます。
人の一生はいつか終わるけれど、子子孫孫、季節は巡って行くでしょうね。

KIKU さんのご両親は、お元気で理想的な老後を過ごされているんですね。
羨ましい~、あやかりたい~。

茶碗一つで暮らすのは無理でしょうが、どのような状況になってもあわてないように今から少しずつ心がけて行こうと思っています。

坂の上の雲、そろそろ始まりますね。楽しみ~^^

>ぱれっとさん こんばんは

ご無沙汰してます~。
ワンコ、今回ばかりはかなり深刻です。
原因が分からず獣医さんも頭を抱えています。
すでに1カ月・・・長時間、家をあけられず、お財布は軽くなる一方・・・(涙)

落ち着いたら、気分転換につきあって下さいね。

>nobsun3さん こんばんは

叱るだなんてとんでもない!
お洒落なシロガネーゼに憧れるも、実際はどっぷりもったいない教に入っている捨てられネーゼの私、家の中は物であふれかえり、誰か私を叱って下さ~いって状況なんですよ^^;

なかなか本物の「断捨離」ほど潔くは行きませんが、日々少しずつでも意識をして、生活全般を見直していかなくてはいけないな~と思っています。

No title

神宮外苑の銀杏今年行けるかな??
養老渓谷に行きいきたいんです(^.^)

こんばんは。

若い頃は人生なんて永遠に続く感覚で暮らしていました。ハルルさんのおっしゃる人生の秋を迎えている今日この頃、ちょうど私も人生を考えさせられる事が先月ありました。実家の祖母の他界・・・。
数年前に癌の手術をしてからも92歳まで毎月美容院に通い、髪の毛をパープル色に染め、いつもニコニコ笑って暮らしていました。解っていたかのように数年前から自ら身の回りを整理し始め、最後の費用までしっかりと蓄えていたのには驚きました。
体が動かなくなっても笑うことは出来る!人生笑って暮らすのが一番!と、いつも口癖のように言って最後まで笑っていました。
これから先の人生、まだまだ辛いと思う事もあるだろうけど笑っていなすことで常にポジティブに生きて行こうと思います。

>おぐっちさん こんにちは

外苑のイチョウ並木はまだ少し早いようだったので、今月中は大丈夫そうですよ。
私も養老渓谷の紅葉、見に行きたいです~。行けるかなぁ・・・。

> penta さん こんにちは

なんて素敵なお祖母さま!
誰もがずっと元気で長生き出来れば言うことはありませんが、色々な状況が訪れますよね。
病を得てもそれを受け入れ、最後まで笑いを絶やさずに生きて行く・・・憧れですが、なかなか出来ることではないですよね。

伯母も病院に着ていく服を気にしたり、美容室の人に来てもらったりしてお洒落を忘れずに暮らしています。
見習わなくてはいけないな~と思います。
まだまだ人生の大先輩達の境地には遠く及びませんが、そんな心がけを忘れないように暮らしていきたいです。

No title

こんばんは
私も捨てるについては臆病です。
実家の私の父はじゃんじゃん捨てちゃいます。
ですから実家に私のメモリー物品はたいして
現存していません。想い出は心のアルバムに入れて
現在をシンプルに生きたいと思っていますが、見渡せば
捨てられないモノに囲まれて暮しています。
親がこうなので、子ども達もモノにあふれています。
妻とふたり、なんとか断舎離を実践したいとあがく
毎日です。

> 原賀de太蔵 さん おはようございます

捨てられる人、捨てられない人、この違いはどこから来るのでしょうね。
1年で一番捨てやすいこの時期、少し思いきらなければ、と日々思ってはいるのですが・・・^^;
捨てるときの罪悪感を胸に刻み、安易に物を増やさないようにしようと思います。

竜馬が去って、坂の上の雲がやってきますね。
茶碗1個の清々しい生きざまを見習わなくては・・・。

トラックバック

http://chaochi.blog7.fc2.com/tb.php/517-cb80e200

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。