スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズンドッグ・僕に生きる力をくれた犬

喉の痛みとむせるような咳が出る夏風邪をひいてしまい、頭痛やだるさ等で、この1週間程ずっとゴロゴロしています。

まぁこんな時は、本を読んだり録画して溜まり放題の番組を見るべし~と過ごしていたら、素敵な番組と出会いました。

バジル1


NHK BSアーカイブス、「プリズンドッグ・僕に生きる力をくれた犬」です。

アメリカのオレゴン州にある青年更生施設。
強盗、殺人など罪を犯してしまった若者達が集団で暮らしているのですが、その中で保護センターから捨て犬を連れてきて参加希望の若者が、犬をしつけ一般家庭に譲るというドッグプログラムが行われているのです。

犬など飼ったこともなく、犬の扱い方も何もわからないまま、辛抱強く躾を教える青年達。
最初は糞の掃除も嫌がっていたのに、いつの間にか自ら掃除をしたり、自分の担当の犬に惜しみない愛情を注ぎ怯えていたり暴れていた犬たちが変わっていくと共に、青年たちも見る見る変わっていきます。

誤って殺人をしてしまい心を閉ざしていた若者も、犬と触れ合ううちに笑顔を取り戻していきます。

我慢をすることや相手の気持ちを考えることなど、生きていく上で必要な事を犬の躾を通していつの間にか身に付けていく青年達。

全米の刑務所全体で約5割と言われている再犯率が、驚くべき事にこのプログラムを終えて出所した青年たちの再犯率はゼロを記録し続けているそうです。

そして、一番驚いたのは、犬たちの躾が進み、もう譲っても大丈夫という状態になると、チラシを作り里親を募集するのですが、希望する家族たちが刑務所に犬と躾を担当した青年に会いに来て話し合うのです。

希望する家族の審査をきちんとして引き取られていく家庭を選ぶのですが、引き取りに来たその日、家族たちは担当した青年たちに感謝の気持ちを伝え、連れていくのです。

とても良い試みなので、是非とも日本でも取り入れてほしいと思う一方で、日本人は罪を犯した若者が躾た犬をこんなにも明るく刑務所に受け取りに行けるのだろうか?という不安もよぎります。

ペットショップに可愛い子犬を並べて売る現在の日本の販売システムでは、考えにくいかもしれません。

でも、こんなにも明るく真面目に犬たちに向き合っている青年達を見ていると、本当に彼らがそんな犯罪を犯したのだろうか?と思わされます。躾を受けた犬たちが変わった以上に、彼らが変わったという事なんですよね。

過去に起してしまった出来事は変えられないけれど、どんな状況でも人は変わることが出来るんだな、と希望を感じ胸の熱くなる上質な映画のようなドキュメンタリーでした。

番組の最後に、譲られていった犬たちがそれぞれの家庭で幸せそうに過ごす姿が映ります。それを見つめる青年達の眼差しは、彼らのこれからの生き方を期待させてくれる希望に満ちたものでした。

また、再放送があったら是非ともご覧になってみてください。

チコリ2





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ ←ポチッとしていただけると、とってもうれしいです。

人気ブログランキングへ ←もしお時間があれば、こちらもお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

風邪、大丈夫ですか。お大事に。(・_・)
この番組の内容、いいですね。本当に日本でも取り入れたらいいのに、と思います。動物との触れ合いで、精神的に病んだ人の治療なども認知されてきているようなので、きっとこの番組のような素晴らしい成果が日本でも期待できるじゃないでしょうか。
刑務所に収監されている人が作った家具などの販売が行なわれていたりするので、明るい希望のようなものも持ちたいものですね。(^_^)

私も見たよ

私が見たのは何年か前だけどこういう取り組みをするアメリカってなんだかんだいってやっぱりすごいなと思う。

ボランティアとか進んでるからか宗教の違いかはわからないけどちょっと日本では難しいよね、根本的に違うと思うから。

人って出会いによって変わるのに日本人は変化が嫌いな人種みたいだから一度罪を犯した人間には動機に関係なく冷たい。

この番組を見終わる頃は泣いちゃったよ

>nobsun3さん こんにちは

とても良い番組でした。今までに何度か再放送されているようです。

医療機関や高齢者施設などで少しずつドッグセラピーが取り入れられてきていますが、刑務所にも当てはまるとは!という感じでした。ただ癒すだけではなく、世話をするということで責任感や愛情を育てられて、動物との暮らしはメリットがいっぱいですね。

殺処分の動物達の話題に心を痛める人は多いと思います。
このような取り組みが日本でも広がってくれたら本当に良いですよね。

>ちびまるこさん こんにちは

何年も前の番組だったんですね~。
動物ものは時々、悲しい内容もあるので見るのを躊躇することもあるんだけど、この番組は出会えて良かった~

その国によってお国柄もあるから一概には言えないけれど、アメリカの懐の広さのようなものを感じるよね。

でも、日本人には優しい人が多いから、行政が真剣に取り組んでくれて、動物の販売方法を見直してくれたら軌道に乗るんじゃないかな、と思ったりします。

辛すぎてつい目を背けているんだけど、保護センターの動物たちが今のままでいいはずは無いし、こんな取り組みして欲しいな~。

No title

リトリートの旅、いいねー
私も行きたい!行ってみたいとこだらけー!!
千葉の旅したいなぁ・・・

>あさやんさん こんにちは

いいでしょ~、リトリート。
横浜みたいなお洒落さはないけど、千葉もなかなか良いところあるでしょ?

いつでも、おいで~。リトリーナなゆる旅しましょ~^^

トラックバック

http://chaochi.blog7.fc2.com/tb.php/652-fac4c286

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。