スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎のネズミ再び多摩サイへ 後編

玉川上水

玉川上水は当時の技術を駆使して造られたものらしく、色々な説明がありましたが、
我が家の最終目的の阿蘇神社が見当たりません。
うろうろしていると、突き当たりの橋の上から自転車を担いで降りてくる人達を発見!

これしかないの~?と思いましたが私たちも担いで上の車道へ出てみました。
少し走ると、ここはMTB道でしょ~って感じの思いっきりの未舗装道に出ましたが
この標識があると言う事は多摩サイなんでしょうね。

多摩サイ55km
 
多摩サイ6

ものすごい里の風景の中を進むと、突き当たりにやっと阿蘇神社がありました。

阿蘇神社1
阿蘇神社2

ローディーさん2人と挨拶を交わした以外は七五三のお参りを終えた家族が一組いただけで
木立の中の静かな神社です。
下を見下ろすと、多摩川の清流が見えます。
ここから海まで55km。この静かな風景から河口まで多摩サイはずいぶん変化にとんだ
色々な顔を持っているんですね~。

と余韻に浸ったところでお腹がぺこぺこです。
ずっとサイクリングロードだったので、お店など何もありませんでした。

一般道をなるべく開けた方向に向かって走ると、ようやくコンビニがあったので、
おにぎりを買って、再び多摩サイへ。

多摩サイ5

滅多に来れない多摩サイを満喫すべく、鮎釣りの様子を眺めながら遅めのお昼を食べました。

釣り人

「ホントに良い趣味を見つけたな~」と一人しみじみ悦に入っている夫・・・。
それを言うなら、
「自分の気紛れに付き合ってくれるホントに良い妻を見つけたな~」でしょ。
惜しいね~トッシー。それ位言えたら今晩ステーキになったかもしれないのにね・・・。

ここからはワイズロード目指して戻ります。
人のいない直線道で、バーエンドを握り肘を曲げて前傾姿勢になり、ちょっぴりロード気分の練習をしたり、一生懸命漕いで35km出してみたりしてたらあっという間についてしまい、
まだ時間もあるので、本来の予定だった多摩川原橋まで走って戻ってくる事にしました。

お天気が回復したのと、中流ということもあるのか、やはりにぎやかになってきました。
遠足のようなグループや、子供連れのサイクリング家族、一輪車に車椅子にランナーさん・・・
狭い道を色んな人たちが通っているので、スピードに注意して走ります。

「ファウルボールに注意」という看板がやたらにあるグランドや、そういえば多摩サイは
多分自転車との事故が相当あるのか、注意を促す看板がとても多いような気がしました。
確かに狭い道をぬうように走っていく人もいて、危ないなぁという場面もありました。

キメキメのローディーさん以外は、クロスやMTBだとヘルメット装着率が少なかったような気がします。
普段着プラス、キャップではなくて、ちょっとしゃれた形の帽子・の人が目に付きました。
お洒落な土地柄、こだわりがあるのでしょうか。

多摩サイ8

夕闇が近づくころ、Uターンしてワイズに戻ってきました。
多摩サイのすぐ横の青い建物は自転車乗りの人たちでごった返しています。
お店の中に自転車を持って入れる事にビックリ。安心ですね。

ここはあのタック王子が 姫 に自転車を選んであげてたお店です。ワクワク
どこでロケしたのかな~と、きょろきょろ・・・。
見る所が間違ってますよね^^;

有料ですが、色んな自転車の試乗が出来るようです。これは良いかも~。
サイクルウェアーを見たのですが、欲しいものがみつからず
来れた事に満足してお店を後にしました。

2回に分けてですが、多摩サイを走破出来た田舎のネズミは満足して千葉に帰りましたとさ。

  本日の走行距離 64km

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ←励みになります。
                        よろしくお願いします。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今回は多摩川サイクリングロードを走られたんですね。
わが家はフットワークが重いので、
走るのは近場中心になってしまいますが、
いろいろな場所を走られていて羨ましいです。

多摩サイは実際走ったことがないのですが、
結構ハードな道もあるんですね。
でも景色がいろいろあって走っていても楽しそうです。
あのタック王子が行ったお店に行かれたんですね~。
それは行くだけで価値ありです。

>それは行くだけで価値ありです。
   そう言っていただくとうれしいです。

いつも行くワイズと違って、本格的自転車野郎のたまり場的な雰囲気に呑まれてしまい、
満足に買い物ができない所か写真すら撮り忘れてしまいました。
ビビリですいません ^^;

でも、多摩サイ含め、一見の価値ありですよ~。 

ハルルさんこんにちは。私はいつも玉川兄弟のところで終了していました。まだ先があったのですね。風情のある木もあって、阿蘇神社なかなかのようです。今度訪問してみたいななんて思いました。偶然があこさんの案内も見つかりました。参考までにお知らせしておきますね。では。
http://hatsu.atnifty.com/asojinja/asojinja.html

百舌さん こんにちは

があこさんのブログ素晴らしいレポートですね。
行く前に見たかったです。
我が家はいつもいきあたりばったりなので、帰ってきてから後悔したりするんです・・・。
玉川兄弟はハンサムブラザーズだったのですね。
確かにすっきりしてましたが、どっちが兄で弟なの?位しか思いませんでした。
彼らを励みに走れるかは「・・・?」です。

トラックバック

http://chaochi.blog7.fc2.com/tb.php/69-8345d858

プロフィール

トッシー&ハルル

Author:トッシー&ハルル
自転車の国の楽しい仲間達。
ミニベロ(ダホン・スピードP8、ビアンキ・ピサ、ブロンプトン)
クロスバイク(アンカー、コルナゴ・ウィンディー)
ロード(リーベンデール・ランブレット、トレック・マドン)
週末を中心に夫婦でのんびり走ってます。

過去記事にも、お気軽にコメントお寄せ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。